会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

第151回天皇賞(春)

ゴールデンウィークの真っただ中に、わざわざ新幹線に乗って遠出するなんて、

よほどのことがなければ避けたい。

単身乗り込むならまだしも、子どもたちも一緒だから、

交通費、宿泊代総額は目の飛び出るような金額(ひとりは中学生で大人料金!)。

けど、今回はその、よほどな事態。

第151天皇賞(春)に、クリールカイザー号が出走しました。

春の天皇賞は相沢きゅう舎としても開業19年目の初出走。

晴天の競馬場で、パドックを周回するクリールカイザー号は、

いつものように少々落ち着きを欠いていましたが、それすらも誇らしく、感動。

競馬観戦でどの瞬間がいちばん好きかというと、

ファンファーレが鳴り終わってからゲートが開くまでのあいだ。

なのに今回はゴールドシップ号がゲート入りをごねて少し時間を要したので、

すっかり冷静になりました。

ゴールドシップという馬は、強いし、魅せるし、

なにより常識にかからないというか、一緒のレースに出る立場としてはいやな存在です。

そのゴールドシップ号の圧巻の勝利で幕を閉じた天皇賞。

果敢に逃げたクリールカイザー号は最後は力尽き、16着でした。

あのメンバーに入れば実績が足りないのは承知していましたが、

強いところで戦わなければ上にいくことはできないのも確か。

まだまだ力をつけていくと信じて応援します。

GI出走のお楽しみはコレ!

色はグリーンと紺の2色展開でした
Photo_9

この記事に関連する記事

丹下日出夫と鈴木淑子の「POGの王道」
POGファン必見!

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。