会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

お目覚め

サッカー観戦の影響か。

朝4時にばっちり目が覚めたりする。

そういえば昔、近所に、

やたら早起きのおじいさんが、

けっこうな数いた。

単にワタシも、じいさんになっただけ

かもしれない。

起きちゃったもんはしょうがないから、

社台グループの会報誌、

週末の予想原稿など

サクサク書いちまうか。

七夕賞の本命は5歳馬サーブルオール。

ハービンジャーの初年度産駒で、

一番ライン好きな馬だった。

ハービンジャー産駒は、

まだデビューして3年。

ついちょっと前、

ハービンジャーがどうの

――セレクトセールやツアーで、

ガヤガヤ言っていたような気がするが、

時の流れが早すぎるのか。

種牡馬のサイクルが早すぎるのか。

ロードカナロアもオルフェーヴルも、

ジャスタウェイだってすぐ、

過去の風景に取り込まれてしまうかも。

日曜日の中京・芝2000mの新馬には、

セレクトで高値をつけた、

ダノンチェイサー(ディープインパクト×サミター)、トーセンカンビーナ(ディープインパクト×カンビーナ)が出走。

もう一頭ブラヴァス(キングカメハメハ×ヴィルシーナ)も、

市場に出たら、いったいいくらするんでしょうね。

いやいや。1億円を超える馬は両手でも足りない。

ここ数年、セレクトを体感した人は特に、

値段で馬を語っても、

あまり説得力がないことを知っているが

(クラブ馬も、セリにかけられたら

2倍3倍という馬もゴロゴロいる)、

しかしこの3頭は強烈だなぁ。

北海道の芝1800mでは、

リッチダンサーの仔がデビュー。

リッチダンサーの娘と息子たちは、

9年間ずっと、クラブのツアーでも見てきました。

もう9年。いやまだ9年

――両方の感情が揺れるが、

父ディープというのは実は初めて。

目を見張る、産駒ピカイチの牝馬かもしれない。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

丹下日出夫と鈴木淑子の「POGの王道」
POGファン必見!

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。