会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

無観客散歩

木曜日午後、

原稿を半分ほど仕上げた後、近くの公園を散歩してみた。

 

うむむ。

脚の痺れが、少なくなったような気がする。

 

長女が小学校だったころまでは、

キャバリアという種類の犬がいたため、

散歩は必須だった。

 

今はチワワ牡牝二匹。

吠える、かみつく、階段を上がれない、

メシはご褒美付きで一日二回、

それ以外は、チワワは手間いらず。

一日18時間は寝ている。

 

牡のチワワは、「散歩」と聞くと、

怖がって震える(笑)。

 

なんて、健康のために歩きたくはないが、

散歩は好きです。

 

昔の本によると、永井荷風や国木田独歩も

夏目漱石も、「坂の上の雲」の登場人物も、

東京の人はやたらめったら散歩する。

東京は散歩に気兼ねがない。

 

山口県にいたころも、

蛇が出る季節になっても、

港から海抜100mの山(丘)に登り、

腰を下ろし、風などなぶられ、

油谷湾と、その外の日本海を眺めるのが、

晴れた日の、毎週日曜日のルーティーンワークだった。

 

ただ、田舎では、うろうろ散歩などすると、

変人か変態のように見られる。

 

視線をあびず、無観客で散歩したいもんだと

思っていたが、いや。

変人か変態というのは、

やっぱり当たりだったのかも(笑)。

 

改めて散歩は、健康のためにいいのだろう。

 

しかし、なにかのため

――例えば「会社のため」と、

声を大きくして喋る人は、

なんだか信用できない。

 

「会社のため」を、「自分のため」

という言葉に置き換えたら、

言ってることがすべてあてはまってしまったりして。

 

いろんなことが起こっているが、

なにかのためをお題目にしている事柄には、

怪しいものも多いなぁ…。

 

競馬は無観客開催となるが、

ただただ、継続してくれてよかった。

 

馬券の売り上げは、20%近くは減るのだろう。

でも、4兆円の売り上げが瓦解して以来、

競馬は馬券がすべてではないことを、

ワタシたちは学んだ。

ジワリジワリと競馬が回復したのは、

馬券だけではなく、馬、競馬自体が

好きですという人たちが、粘り強く、

馬券以外のそういう競馬を

リレーしてきたことにあるような気がする。

 

ぽつんと自宅のテレビでしか

競馬を見らなくなってしまったが、

もしかしたらこれまでとは、

競馬の見せ方や読み方が大きくかわってくる、

転機がきたのかもしれない。

 

いわゆる「情報」

――従来のマスコミは

あくまで聞き手だったが、

これからは主催者関係者自体が、

「能動的」に公開し、

それを誰もが見る、知ることができる。

設備等、思い切った変革を

本気で考えてみてもいいのかも。

 

春3月。毎年今頃は、

鈴木淑子さんと、POG取材に、

北海道へ行っていた。

 

思うところあって、

それも去年で終わりにした。

今年は紙媒体で書くことはないかもしれない。

 

2歳を見に行くなら、仕事ではなく、

シンプルに楽しみのために、

そっと牧場へ行こう。

若馬をみたいね。

あの人たちと酒を飲みたいね。

淑子さんと話したりしていたが、

今の状況では無理になってしまった。

 

セレクトセールやクラブの旅行など、

20年以上、ちらちら牧場に携わってきたので、

牧場の2歳馬たちの後継

――例えばノーザンFの馬たちは、

だいたい頭に入っているけれど。

 

北海道の人たちは、どうしているだろう…。

 

 

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

丹下日出夫と鈴木淑子の「POGの王道」
POGファン必見!

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。