会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

オークス、そしてダービー

台風7号接近、とても大きな雷がゴロゴロ。

二匹のチワワがワンワンキャンキャン。

水曜日の夜は、お犬様たちのお祭りだった。

 

武蔵小金井にきて20年近くになるが、

多磨霊園あたりは、ちょうど武蔵野の台地の入り口にあたるのだろう。

 

すぐ隣の吉祥寺や三鷹と、天気が微妙に異なり、

ここを境い目に、雨が降り雪が積もり、時々とてつもなく大きな雷が鳴る。

 

山口県で育った頃は、雷に合った記憶さえあいまい。

雷にも気が付かず、ボンヤリと生きていただけだったのかな。

 

雷は季節の変わり目。ダービーが終わったその瞬間、

突如として夕立となり、雨が上がって虹が出た

――そんなダービーの日も昔あったような気がする。

 

聞けば、新宿や渋谷近辺を軸にして、

井の頭線、京王線回りはダービー一色よと、次女が言っていた。

 

うかうかとしていたが、今週はオークス。来週はもうダービーなんだなぁ。

 

なんて、2015―2016年のPOGも間もなく。

netkeibaで、週中、鈴木淑子さんと動画撮影(土曜日あたりには配信されます)。

 

来週5月27日(水)18時半~20時(予定)、竹橋の毎日新聞社内、

“毎日メディアカフェ”で、ダービー検討会を予定しています。

 

司会は目黒貴子さん。出演者は毎日新聞・競馬担当班の松沢一慶、増永道夫、丹下日出夫。

参加は自由(無料)。

詳細は、毎日メディアカフェのフェイスブック(http://mainichimediacafe.jp

で検索していただければ。

 

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.22.2015

賑やかだ

最近、明け方近く、夢の中で、しばしば原稿を書いている。

昨年末から仕事はセーブ気味だが、日々の暮らしは単調だと、夢まで単調になってしまうのかな。

ただ、変に疲れがあると、予想が当たらなくなるのは確か。

◎か〇かの選択や、△が抜けたり、微妙に外れるから気を付けないと。

 

この前ラジオの収録のあと、鈴木淑子サンたちと、本の打ち上げも兼ね、みんなでいっぱい。

「キーちゃんの快気祝い。私がおごってあげる」――男らしいぞ、淑子さん(笑)。

 

日曜日、お礼のため控室を訪ねたら、井崎ちぇんちぇえ発見。

なんか背中が大きくなったというか。ウインストン・チャーチルか、オーソン・ウェルズみたい(会ったことないけど)。

もしかして「貫禄」とは、ああいう背中のことをいうのかもしれないなぁ。

 

ワタシの本命は、クラリティスカイ。淑子サンと、ちぇんちぇえはアルビアーノ。

 

淑子さんとパドックで、いいねといった馬5頭が、1~5着にズラリ。

 

みんなして馬券も当たることが、たまにはあるんだ(笑)

 

夜は社台グループの会員さんと会食。

一口馬主さんたちはここ2~3年。社台RHやサンデーRHだけでなく、

GⅠレーシング、キャロット、シルクRHを兼ねる人が多くなり、

そのぶん、GⅠや重賞の日が、以前と比べ格段に賑やかになった。

 

話題はなんたって6月の募集ツアー、今年も楽しみだな。

なんて、社台関連の馬は、セレクトの当歳、1歳、

各クラブの募集ツアーで、1000頭中800頭は、どこかで見ることになる。

 

一度見ると、来年再来年――彼らのダービーを見たくなる。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.15.2015

葡萄

先週から今週にかけ、近しい人たちと幾度か快気祝い。

 

久しぶりに行った競馬場、フローラSの日。社台の仲良しの会員さんから、サザンオールスターズの“葡萄”をいただく。

 

何だか泣ける。つい痛飲して、翌日具合が悪くなったりもするが(笑)、友人たちに感謝。

 

“POGの王道”も、「出だしは去年の2倍の早さです」と、担当の編集者。

 

そういえば、例年5冊置いてある近所の本屋は、今年はわずか二日で5冊完売。よかったなぁ。

 

5月1日(金)は、サクサク原稿を入稿して、ラジオNIKKEIの“鈴木淑子の地球は競馬で回ってる”に出演予定。

 

自分が出る番組は、なんだか照れくさくて、オンデマンドで聞くのが怖い(笑)。

 

明日の5月2日(土)は、久しぶりにBS11出演予定(お昼の12:00~)。テレビも、おっかないね。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.02.2015

無事出版できました

火曜日はnetkeibaの動画収録。

今週はいつものレギュラーに加え、「未来のクラシックホースを探せ」の特別版も収録。

終了後、銀座でワタクシの快気祝いの席をもうけていただきました。

 

入院中、友情出演していただいた長谷川さん、中西さん、スタッフたちと痛飲。

快気祝いのハズなのに具合が悪くなってしまった(笑)

 

4月23日(木)、予定通り

“POGの王道”が双葉社から出版。

 

これから一年、楽しんでください。

 

北海道の牧場取材は、今年は鈴木淑子さんにおんぶにだっこです。

馬の取材は、何が走る?あの血統馬はどうだ?――賑やかしでも、恐る恐るでもダメ。

生産者や馬に携わる人たちが見ている、ごく近い未来像や、その視線を、ともに共有することが大事かなと思う。

 

最近GCで、北海道の生産界ベースにした淑子さんの番組も放送しているが、

お世辞ではなく、地に足がついている取材ができているように思います。

 

なんて、4月24日(金)は、ラジオnikkei

・午後8時半放送の、“地球は競馬で回ってる”

に出演予定(来週の金曜日も行きます)。

 

オークス、ダービーの展望。そして2歳特集をやります。

 

聞き逃した方は、ネットで“地球は競馬で回ってる”を検索すると、

オンデマンドで聞ける方法がすぐ見つかります。

 

今週から東京開催。今年もまた、府中の春に巡り合えたことに感謝します。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
04.24.2015

決まり手は“肩透かし”

立ち会いで当たった次の瞬間、白鵬の前で大関陣が勝手に転がっている光景はよく見るが、クラシック開幕初日。桜花賞の決まり手も、肩透かし。

レッツゴードンキ本命の人は、笑いが止まらない桜花賞だったかもしれないが、なんだかなぁ…。

日曜日の競馬場帰りに、柏木集保さんと待ち合わせ、桜花賞を◎―△で仕留めた、清水成駿さんと小さな宴。

月曜日は、双葉社で“POGの王道”の校正。表紙も刷り上がり、木曜日にフィニッシュ予定。4月23日の発売日は守れそうです。

火曜日はnetkeibaの収録。

有力どころの人気馬に、外国人ジョッキーが騎乗予定の皐月賞は、彼らがレースを主導するぶん、たぶん単調な競馬にはならないか。

そこら辺りの機微は、柏木集保さんとの対談動画を見ていただければ。

皐月賞当日の4月19日は、後楽園WINSで、昼・午後と、皐月賞の検討会も予定しています。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.17.2015

4月23日発売

なんだか具合が悪いような。ピクピクと悶えていた一週間だったが、今週は桜花賞。来週は皐月賞。

そして、“POGの王道”の原稿を入稿。単純に仕事のしすぎだったのかも(笑)。

なんて、来週アタマには校了。今年も4月23日(木曜日)には出ます(たぶん)。

1月末に、八巻まで読み終えていた、司馬遼太郎“翔ぶが如く”だったが、残り二巻を昨日やっと読了。

2月半ばから、部屋のテレビをBSやCSを見れるように、愚妻が手配してくれたせいで、30年振りにテレビっ子に変身。そのぶん、本が疎くなってしまった。

3月はキューブリック特集。“2001年宇宙の旅”は、若いときに一度、映画館に足を運んだが、途中で寝ちまったしな。

今度こそ最後まで見てやろう。チャレンジしたはいいが、ほぼ同じところでまた寝てしまった。

名画は眠くなるものらしい。

火曜日は、netkeibaで桜花賞の動画を収録。ワタクシの顔をみると眠くなるかもしれませんが(笑)、柏木さんの名台詞は、ぜひご覧になってください。

4月19日(日曜日)は、後楽園WINSで皐月賞の予想検討会が昼・午後とあります。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.09.2015

フランシーヌの場合

春うらら、桜も開花。人生3回目の試練となった病気も、ようやく回復が見え、ブログも復活しようかな。

他人の痛みというのは、肉体的にも感情的にも、わからないものなので、アレコレ語るのもね。ただ、痛くて苦しかった。

4月1日に復帰原稿を書くと、なんだかエイプリルフールっぽいので(笑)、3月30日のフランシーヌの場合にしました。

“POGの王道”は、牧場取材も半分済ませ、立ち写真の撮影も開始。予定通り順調にスケジュールを消化。4月末発行をめざし、鈴木淑子さん、スタッフも走り回っております。

若干、馬体細化に手間取っていますが、元々が軽量なので、あと2キロくらい戻れば大丈夫かな。

nekeibaは、先週から。イベントやテレビも、4月半ばには始める予定です。

《現在の人気ランキング順位は?》
03.30.2015

チワワに遅れないよう

年末あたりから、愚妻とチワワを連れて、近くの武蔵野公園をたまに散歩。

軽くジョギングもしたりするが、走るなんて何年振りだろう(20年振りか?)。

チワワに併せ馬で遅れたらどうしよう。栗岩太郎クンに、徒競走で負けるくらいショックかもしれない。

 

なんて、京成杯は、◎のべルーフと▲のブラックバゴで決着。

3コーナーあたりでべルーフの姿を一瞬見失い、ちょっと焦ったけれど、大外、脚色を確認して、久しぶりに記者席の机をドンドコ。あとでノドが痛くなった(笑)。

 

べルーフは、数いるハービンジャー産駒の中でも、もっとも馬体のラインが気に入っていた一頭だが、ハービンジャーは阪神と中山でこそ。皐月賞なら、ディープインパクト軍団に一泡吹かせられるかな。

 

丹下厩舎は、ウィズレヴェランスが新馬勝ち。嬉しくて、つい口取りに参加してしまった(笑)。

 

全般的に予想も3連単や馬単など、なんだか好調。2月はワタシたちの星座に活力のある月です。

 

今週はサトノメダリスト(ゼンノロブロイ×ハニーローズ)が、新馬を予定。

昨夏、JRA―VANの“若駒情報最前線”のパート3の、下河辺牧場編で最後のほうに登場している馬だが、例えて言えば黒鹿毛のペルーサ?

不良と化したペルーサの今を思うと、それって、いいことなのか悪いことなのか。

 

でも、年明けデビューで、奇跡のダービー馬となった、あのフサイチコンコルド的な雰囲気を感じたりして。

 

たぶん、気のせいだな…。

 

 

《現在の人気ランキング順位は?》
01.24.2015

おーいブチコ、お茶

三日間競馬は、土日の予想は冷や汗モノ。印をつけたい馬を優先して予想を組み立てると、なかなか結果を得られないもんだなぁ。

予想を的中させるためには、つくづく我慢が必要。

「当てなきゃいけない予想家」をやめて1か月。我ながら今まで、よく我慢してきたもんだなと思ったりもしたが、最後の最後に阪神メインの淀短距離Sと12レースが当ってくれ、三日間競馬も何とか終了。

従来のガチガチの予想だったら、たぶん阪神12Rのトルストイに本命は打てなかっただろうな。

見れば阪神12レースの勝ち馬は、柏木集保サンの本命。「ほっとしたよ」だって(笑)。

予想家というか、競馬人は、ほんの時々の、天からの贈り物のようなこんな印や馬券で、なんとか生き延びることができるかどうか。

競馬は仕事にしないほうがいいよ(笑)。

ブチコ、ダート転向で京都1800ダートを圧勝。やたらめったら強かったなと、改めてラップを調べてみたら、ラスト2Fは11秒7―11秒9だよ!。

気安く今は、「おーい、ブチコ。お茶」――なんて身近な感じだが、来年の今頃はブチコ様――交流牝馬重賞は、向こう三年間、勝ち放題かもしれない。

ノーザンFの日下サンも、喜んでいるだろうな。メール、打とうかな――なんて、思っていたところに、日下サンかⅤサインのメール。

彼も、よっぽど嬉しかったんだなぁ(笑)。

先週の丹下厩舎は、ショウボート快勝。スペリオルラスター、リズム合わず。サトノメサイアは取り消し(笑)。

今週はウィズレヴェランスが新馬登録しているが、除外の可能性もある。

《現在の人気ランキング順位は?》
01.14.2015

謹賀新年

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます

なんて、正月開催はすでに4・5日と終了。

翌6日の火曜日には、netkeibaの動画収録、水曜日には三日間開催の想定と、慌ただしく日々が過ぎていきますが、毎日新聞の予想と原稿も、9日の夕刊から通常通りに戻ります。

JRAの年度代表馬や部門賞の発表もあったが、馬事文化賞は30年来の近しい人でもある石田敏徳サンが受賞。

コツコツと丁寧にいい原稿を書き重ねてきたのを知っている人も多いだけに、まわりも喜びでいっぱいです。

今週はサトノメサイアなど、出走馬多数。今週来週で、密かに一気呵成を狙っているが、どんなもんか。

紅白歌合戦は、サザンオールスターズに、なんだか泣けた。大病明けでも、あれだけ立派に歌えるんだなぁ。

“ピースとハイライト”を、愛唱歌に追加。

《現在の人気ランキング順位は?》
01.07.2015

カムバック

当たる予想家改め、「それなりに、時々は当たる」予想家として、今週から再出発。

ドキドキしながら、土曜日はBS11に出ます(午後12:00~)。

「変な言い方しないで、“当たらない予想家”として、すっきりと再デビューすればいいじゃないですか」

今年の夏新潟で仲良くなったモリタ君は言ったが、当たらない予想家と、自信をもって発言した豪の者は、井崎シューゴローちぇんちぇえくらいのもんで、“当たらない”をキャッチフレーズとすると、本紙予想家として支障が生じるし。

いつもの土曜日より、一日が長く感じるかもしれないなぁ…

なんて、レアリスタ。美浦トレセン入りして、ほほう。いきなりいい時計が出ました。

小さなアクシデントに泣いたが、順調なら年明けすぐにデビューできそうですね(かなり能力があると思う)。

同厩のウィズレヴェランスも、苦労が多い馬だが、今週追い切りができてひと安心。

《現在の人気ランキング順位は?》
12.20.2014

大病を患っている

ここ3週くらい、なんだか鬱々。ブログや丹下倶楽部ネタも滞りっているが、実はとんでもない、人生初の大病を抱え込んでしまった。

そう。予想が、この3週くらい、まったく当たらない。

「そういうスランプは、予想家なら仕方ないでしょ」

栗岩太郎クンが、俺も予想家の端くれだから、まあまあ。そんなことくらいはわかっているよ――ふうな顔で、少し笑ったが、実は40歳で本紙予想をとって以来、56歳の今まで、スランプなんて、ほとんどない。

例えば中山の12レースを予想して、たまに外れたなと思っても、まあ最低3レースくらいは当たる。翌週は逆に、一週前の不足分を補う形で的中を量産する。

当たらない部分の不調期をいかに小さく、その回数を避けるかで、実は予想家のいい悪いが決まる。

そのルールを、15年以上、守ってきたつもりだったが、いやぁ~。この病気は重い(笑)。

タバコをやめようとしているからかな

チワワと娘をいじめすぎたせいかな

愚妻がフェイスブックを開いちゃって。あちこちからメールが来ているのに、無視しているバチかな。

最近、ちょくちょく検査で病院に行っているが、この病気の処方箋はないもんか。

川崎の全日本2歳優駿。くぅぅ~。タップザット2着かよ。

丹下厩舎は今週、新馬戦にショウボート、未勝利はスペリオルラスターが出走予定。

《現在の人気ランキング順位は?》
12.18.2014

モリタ君の絶賛が怖い

「ロカって、GⅠ馬らしい、気品のある、凄い馬らしいですね」

本田翼と筧美和子の区別がつかないという、モリタ君までが口にするようになったくらいだから、阪神JFのロカは一番人気だろうか。

しかし、ハービンジャー×母はディープインパクトの妹という配合ながら、骨格はどう見ても母の父ダンスインザムード。

推定10秒8―10秒6の脚を、どうして使えるのか。馬体を見る限りでは説明しきれない。

新馬戦後は、腹が巻き上がり気味。多くの幼さや未完成な部分をいっぱい抱えているが、走りだせば、まさにディープ…。競馬って、血統って不思議。

ちなみに、牧場取材では、まったくのノーマークだったし、ノーザンFの育成から名前が挙がったこともなかった。

来年もハービンジャー×ランズエッジの全妹の写真を、改めて眺めていたりするが、毛色は栗毛だが、顔の大きなところや骨格は、ほぼそっくり。1歳募集ツアーのときは、正直気にも留めなかったのに、なんだか走る馬に思えてきた。

なんて、去年の阪神JFは、ハープスター指名もあって、お祭り状態だったが(2着に負けたけど)、今年はボチボチ。

思わぬところで、ティルナノーグがコケたかと思えば、ベルラップが勝ってくれたりして、何とか帳尻は合っている。

丹下厩舎は、今週はクローディオとブチコ。両者ともに、疲れが出る頃でもあるが、なんとか頑張って。

来週はスペリオルラスターが未勝利へ。タップザットが全日本2歳優駿。ショウボート、サトノメサイアも、年内にはデビューできるかな。

《現在の人気ランキング順位は?》
12.12.2014

忙中閑あり

来週明けに、何故かいろんな用事が集中し、チャンピオンズCの原稿を週末には提出しないと間に合わないところまで追いつめられている。

どんな感じで仕事しているんだ、今のオレ?(笑)。

まあ、水曜日の想定で、三日間競馬の特別レースは、ヤル気になれば、金曜日の午前中には終える(たぶん)。

実際、時々“翔が如く”を読んだり、7チャンネルの午後のロードショーで、高倉健さんの網走番外地を見ていたりする。

高倉健という人は、あの時代の人の中では飛びぬけて身長が高い。

役者には一番に求められるだろう、肉体の美しさというのが、実はずば抜けた人だった。

網走番外地でコンビを組んだ、田中邦衛さん。すごく悲しいだろうな…。

コンビニに夕刊紙を買いに行くと、20日はボージョレヌーヴォー解禁日。

このワインとJCは、ルグロリューあたりから、いつしかセットとなってインプットされている。

JCの季節になると必ず決まって、「僕はヌードでボージョーです」――青大将みたいな顔した、栗岩太郎クンの相変わらずのギャグを、今年も思い出してしまった。

2歳戦もピーク。

東スポ杯にはグリュイエールとサトノクラウン。新馬戦にはスペリオルラスター。未勝利はシャドウチェイサーにクロイツェル。

来週のJCウィークにも、ワラワラと出走。ショウボート、トウシンハンターも、12月デビューが見えてきた。

故障馬や放牧に出ている馬も何頭かいるが、本年の丹下厩舎は、すべてが馬名登録を完了。

“POGの王道”でピックアップした30頭も、年内20勝くらいはいけるかな。

《現在の人気ランキング順位は?》
11.20.2014

おもしろくなってきた

秋のGⅠシリーズ、前半の谷間。体調確認のため、週明けは病院。

火曜日夜は、この夏社台グループのツアーで仲良しになった人たちとの懇親会。

商社マン、税理士、外資系の役員、どこぞの社長。何故か慶応の元全日本のラガーマンまでいたりして。

「去年から一口馬主に目覚め、ついでに馬主になった」という、ある会社員は、その財力に任せ、2歳馬を40頭近く所有(大半は一口ですが)。

ホントかよ(笑)。

しかしまあ、馬主としての好み、馬券…競馬好きには、いろんな人がいるもんだ。

実人生、みんな競馬にかける時間は限られているけれど、何かしら競馬がより好きに。お役にたてれば幸いです。

日本酒痛飲。翌日はnetkeibaの動画撮影。

丹下厩舎は、今週は新馬戦にクロイツェルとタッチングスピーチが出走予定。

少し気が小さいところはあるが、クロイツェルは、先週ベルラップと併せ馬の時点で好感触。

タッチングも、最終追い切りで先着。入厩当時、ちょっと弱い面が出たかなとも思ったが、完調ではないにしろ、それなりの結果は出してくれるように思う。

《現在の人気ランキング順位は?》
11.06.2014

大丈夫だと思うけど…

代替え競馬を含む四日間競馬を終え、気が付けばもう金曜日。

週明けの朝、原稿を書こうとすると手がかじかむ。

子フグ2号が、誕生日のプレゼントにくれたセーターを着てみようか。

一年ごとに、何だかサイズが小さくなるような。パパをどんどこ小さいおじさんにしたいのか。

そういえばこの前。競馬場で吉田春哉さんに、「丹下クンは痩せているのに何故か肩が大きいね」と言われたが、上っ張りのサイズが昔と違ってきたんだなぁ。

今週から福島開催も始まる。GⅠシリーズも本格化。なまけたい気持ちを何とか押し殺し(A型だもの)、ふう。週末の目途がつきました。

自分へのご褒美に、大勝軒でラーメン。吉祥寺の本屋さんへ。坂下の喫茶店でコーヒー。

丹下厩舎は、土曜日の紫菊賞にトーセンバジルとティルナノーグ。プラタナス賞にはタップザット。未勝利にトーセンビクトリー。新馬戦はトーセンシーギリアが出走。

日曜日の新馬にはクローディオ。坂路時計が詰まらず、ちょっと不安だが、大丈夫だと思うけどなぁ…。

《現在の人気ランキング順位は?》
10.17.2014

10月の東京 秋競馬が開幕

月・火曜日は、週刊大衆とJRAの秋華賞原稿。水曜日はnetkeibaの動画収録。

帰り道、いつも気になっていた焼き鳥屋に突撃。江田照クンに似た、お兄ちゃんの顔を見ながら、陽気な気分で飲んでいたが、翌朝は二日酔い。

午前中に仕上げないといけない原稿があるな。やばいな。昼飯抜きで入稿、そのあとは予想。

 

三日間競馬で、土曜日はBS11出演。日曜日は毎日王冠の社杯(昼休みは、井崎ちぇんちぇえ、鈴木淑子サンとイベント)。月曜日は近しい人たちと、どんちゃか予定もある。

ちょっとばかりネジを巻いて、金曜日朝まで仕事に没頭。

ふう。あとはテレビ用の下原稿と、イベントのアレコレだけだな。

 

丹下厩舎の愛馬たちの調教も、俄然ヒートアップしてきたが、稽古時計が今一つ詰まらなかったり、放牧に出されたり。栗東は変な熱発が流行っているようですが、一過性のものだといいな。

 

13日の月曜日は、台風来襲?。

 

アメリカでは台風に、女性の名前をつけることが多いが、900ヘクトパスカルの超大型台風と聞いて、「ハープスター台風って名前は、ちょっとやりすぎかな」と、柏木さん。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
10.11.2014

来たぞ来た

シルク・ホースクラブの1歳募集カタログが届く。

おお。パーシステントリーがいるのか(兄はトーセンバジル)。

プリティカリーナは、兄も当歳もよかったが、1歳馬もやっぱりいい。

 

JRA-VANの“若駒情報局”の動画を引っ張り出し、

改めて見比べたりしているが、カタログにグリグリと印を打った馬が、

けっこうな数になった。

 

そういえば先週、弟子のP太郎が一口持っている

ワンダフルラスターが、阪神1400ダートの新馬をもったままの楽勝。

ダートならたぶん、オープンも勝てる(生意気)。

 

ワタクシの愛馬は、何度かトレセン入りはしたが、

くぅ~~。身体が弱くて再放牧だよ。

 

水曜日は、勝ちどきで定例の柏木集保さんと動画収録。

木曜日は、予想原稿を前倒しで書き上げ、浜松町へ。

午後7時半から、文化放送の“SET UP!”に出演。

西武ライオンズで一時代を築いた松沼兄弟と、

凱旋門賞など、あれやこれやと対談。

 

西武の森クンは、例えるなら太っちょのディープインパクト?

浅村クンのバッティングフォームも、なんともいえず好き。

 

丹下厩舎は、今週は野路菊Sにベルラップ。

新馬戦にトレースオンアイスが出走するが、

相手もかなり骨っぽい(やっぱ秋だなぁ)。

 

ステラスターライト、来週の新馬戦に向け順調。

牝馬限定のそのマイル戦には、ダイワミランダが出てくるのかな?

若駒情報局でも映した、国枝厩舎のベルセヴェランテ(母ダイヤモンドビコー)、

トーセンシーギリア(母アルフォンシーヌ)も順調に時計をマーク。

 

おっと、ダリシアの12、マンボスルーの12、先週末美浦入りです(来たか)。

栗東では、クローディオが坂路で、グリュイエールはゲートで初時計。

 

一週ごとにドキドキ感が増してきますね。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.19.2014

梁山泊

水滸伝(北方謙三・集英社)を読んでいる。

志ある仲間が、世をかえるため、梁山泊を起点に、

宋の時代を縦横無尽に駆け巡るというアレである。

 

その昔、田舎からポッと出の大学生のうち3割以上は、

自分の汚い下宿を「梁山泊」と称し、安い酒を飲んでいた。

幼いころ、父を交えた酒の席で、「水滸伝はいい」と、

大人たちが、感極まったように話していたが、

あんな中国の昔の長い話を、

みんな本で読んだんだろうか(そういうワタシも、初めてなんだが)。

 

ちなみに、江戸時代中ほどから続いている、

東京の由緒正しい神社の跡取り息子のKクンは、

「俺っちの梁山泊に遊びに来ない?」と、

ちょくちょくワタシを誘ってくるのはいいが、

ワケあって自宅は、生まれてこの方、女人禁制の梁山泊らしい。

 

クローディオ、ゲート試験に合格。

JRA―VANの“若駒情報最前線”で取り上げた馬たちも、

続々とトレセンに入厩。

坂東牧場で撮影した3頭や、下河辺牧場の名前たちも入っていた。

 

丹下厩舎の、ノーザンF空港で撮影したベルラップも、

大過なく輸送をクリアし、週半ばに坂路追い。

 

少し待ち遠しいが、来週の野路菊Sを予定しているという。

 

ノーザンF早来で、淑子さんもウットリのトーセンビクトリーも、

Wで目いっぱいの調教を消化できた。

 

トレースオンアイスも新馬デビュー予定。

 

金曜日。毎日新聞、netkeibaなど、メールで原稿を送付。

 

ふう。子フグ2号も、チワワたちと家でゴロゴロしていることだし、さあオデンでも作ろうか。

 

いそいそと準備をしていたら、毎日から「原稿が届いていません」という、慌ただしい連絡。

 

ひぃ~。受信はするが、送信が変だ。

 

サーバーが原因とか、どうとか。俺んちの梁山泊は、時代から孤立しているのか?

 

気の小さい物書きは、ちょっとびびり中。

 

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.13.2014

宿題もう一丁

新潟2歳Sは、「ひと夏の宿題を提出するような感じ」と、前回記したが、今週の札幌2歳Sは、かなり難解。

週中、レース予想をひも解く前は、「これは」と思う馬が、10頭近くいるのではと、戦々恐々。

「僕の相馬眼に任せてください」と、先週の新潟2歳Sは、パドックでブリクストを強く推していたモリタ君。

「僕としては珍しく、先週はちょっとばかり、パドックでは節穴を通られてしまいましたが、スケールならマイネルシュバリエかジャズファンクか。軸ならマイネルサクセサーだと、僕の相馬眼が言っています」

ホントかよ。

1800mを勝った馬たちは、みんな見た目も強かった。「俺の見立てでは」と、言う人も多いようにも思うが、勝ちっぷりはあくまで個人個人の印象。

「前回のあの勝ち方は素晴らしかった」という表現だけで、競馬は10回のうち2~3回くらいは当たる。

でもね。結局は数字としての裏付け。記録を丹念に精査することで、10回のうち4~5回に当たりをアップすることができ、人をも説得できるのだが。

追い切りが地味なので、なんだか人気が落ちてきた感じがあるが、札幌2歳Sの◎は、あの馬かなぁ~。

《現在の人気ランキング順位は?》
09.06.2014