会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

来たぞ来た

シルク・ホースクラブの1歳募集カタログが届く。

おお。パーシステントリーがいるのか(兄はトーセンバジル)。

プリティカリーナは、兄も当歳もよかったが、1歳馬もやっぱりいい。

 

JRA-VANの“若駒情報局”の動画を引っ張り出し、

改めて見比べたりしているが、カタログにグリグリと印を打った馬が、

けっこうな数になった。

 

そういえば先週、弟子のP太郎が一口持っている

ワンダフルラスターが、阪神1400ダートの新馬をもったままの楽勝。

ダートならたぶん、オープンも勝てる(生意気)。

 

ワタクシの愛馬は、何度かトレセン入りはしたが、

くぅ~~。身体が弱くて再放牧だよ。

 

水曜日は、勝ちどきで定例の柏木集保さんと動画収録。

木曜日は、予想原稿を前倒しで書き上げ、浜松町へ。

午後7時半から、文化放送の“SET UP!”に出演。

西武ライオンズで一時代を築いた松沼兄弟と、

凱旋門賞など、あれやこれやと対談。

 

西武の森クンは、例えるなら太っちょのディープインパクト?

浅村クンのバッティングフォームも、なんともいえず好き。

 

丹下厩舎は、今週は野路菊Sにベルラップ。

新馬戦にトレースオンアイスが出走するが、

相手もかなり骨っぽい(やっぱ秋だなぁ)。

 

ステラスターライト、来週の新馬戦に向け順調。

牝馬限定のそのマイル戦には、ダイワミランダが出てくるのかな?

若駒情報局でも映した、国枝厩舎のベルセヴェランテ(母ダイヤモンドビコー)、

トーセンシーギリア(母アルフォンシーヌ)も順調に時計をマーク。

 

おっと、ダリシアの12、マンボスルーの12、先週末美浦入りです(来たか)。

栗東では、クローディオが坂路で、グリュイエールはゲートで初時計。

 

一週ごとにドキドキ感が増してきますね。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.19.2014

梁山泊

水滸伝(北方謙三・集英社)を読んでいる。

志ある仲間が、世をかえるため、梁山泊を起点に、

宋の時代を縦横無尽に駆け巡るというアレである。

 

その昔、田舎からポッと出の大学生のうち3割以上は、

自分の汚い下宿を「梁山泊」と称し、安い酒を飲んでいた。

幼いころ、父を交えた酒の席で、「水滸伝はいい」と、

大人たちが、感極まったように話していたが、

あんな中国の昔の長い話を、

みんな本で読んだんだろうか(そういうワタシも、初めてなんだが)。

 

ちなみに、江戸時代中ほどから続いている、

東京の由緒正しい神社の跡取り息子のKクンは、

「俺っちの梁山泊に遊びに来ない?」と、

ちょくちょくワタシを誘ってくるのはいいが、

ワケあって自宅は、生まれてこの方、女人禁制の梁山泊らしい。

 

クローディオ、ゲート試験に合格。

JRA―VANの“若駒情報最前線”で取り上げた馬たちも、

続々とトレセンに入厩。

坂東牧場で撮影した3頭や、下河辺牧場の名前たちも入っていた。

 

丹下厩舎の、ノーザンF空港で撮影したベルラップも、

大過なく輸送をクリアし、週半ばに坂路追い。

 

少し待ち遠しいが、来週の野路菊Sを予定しているという。

 

ノーザンF早来で、淑子さんもウットリのトーセンビクトリーも、

Wで目いっぱいの調教を消化できた。

 

トレースオンアイスも新馬デビュー予定。

 

金曜日。毎日新聞、netkeibaなど、メールで原稿を送付。

 

ふう。子フグ2号も、チワワたちと家でゴロゴロしていることだし、さあオデンでも作ろうか。

 

いそいそと準備をしていたら、毎日から「原稿が届いていません」という、慌ただしい連絡。

 

ひぃ~。受信はするが、送信が変だ。

 

サーバーが原因とか、どうとか。俺んちの梁山泊は、時代から孤立しているのか?

 

気の小さい物書きは、ちょっとびびり中。

 

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.13.2014

宿題もう一丁

新潟2歳Sは、「ひと夏の宿題を提出するような感じ」と、前回記したが、今週の札幌2歳Sは、かなり難解。

週中、レース予想をひも解く前は、「これは」と思う馬が、10頭近くいるのではと、戦々恐々。

「僕の相馬眼に任せてください」と、先週の新潟2歳Sは、パドックでブリクストを強く推していたモリタ君。

「僕としては珍しく、先週はちょっとばかり、パドックでは節穴を通られてしまいましたが、スケールならマイネルシュバリエかジャズファンクか。軸ならマイネルサクセサーだと、僕の相馬眼が言っています」

ホントかよ。

1800mを勝った馬たちは、みんな見た目も強かった。「俺の見立てでは」と、言う人も多いようにも思うが、勝ちっぷりはあくまで個人個人の印象。

「前回のあの勝ち方は素晴らしかった」という表現だけで、競馬は10回のうち2~3回くらいは当たる。

でもね。結局は数字としての裏付け。記録を丹念に精査することで、10回のうち4~5回に当たりをアップすることができ、人をも説得できるのだが。

追い切りが地味なので、なんだか人気が落ちてきた感じがあるが、札幌2歳Sの◎は、あの馬かなぁ~。

《現在の人気ランキング順位は?》
09.06.2014

宿題はやった

気が付けば8月も終わり。この夏は何をしようかと、うかうかと考えていたのが、つい昨日のことのようだ。

さて、ひと夏も過ぎ、読む本がなくなってしまった。

朝7時起床で午前中に仕事を終えると手持無沙汰。チワワと遊ぶのにも限界がある。

火曜日は吉祥寺の古本屋をくるくる。宮城谷昌光の“晏子”4巻をとりあえず購入。

駅で子フグ1号とばったり。

「おごってあげるね」と言われ、つい焼肉屋へ入ったら、勘定をする段になるとゴネられ、ひぃ~~。なんだよ、そのレシート。

水曜日は勝どきでnetkeibaの収録。

先週の札幌記念は、ハープスターとゴールドシップ人気で、アクセス数がかなり多かった模様。ユーチューブも1万を超していたそうだ。

新潟2歳Sも厚めに撮ったため、収録に時間がかかり、新橋に着いたのが9時。PRC近くの居酒屋で、近しい人といっぱい。

30日の土曜日は、久しぶりにBS11に出演予定(お昼の12時~)。

二部では新潟2歳Sの展望。来週の札幌2歳Sのメンバーも、かなり資質拮抗状態だが、ひと夏の2歳シーンを、どこかでまとめなくてはと思っていただけに、いい宿題だったのかもしれない。

丹下厩舎は日曜日の札幌1700ダートで、タップザットが新馬デビュー。

日曜日の札幌では、ポルトドートウィユも未勝利戦でカムバック。8月の牧場取材で見たが、かなりいい馬になっていましたよ。

鈴木淑子さんとの、その牧場の映像のアレコレも、間もなくアップされます。

《現在の人気ランキング順位は?》
08.29.2014

今の見た?

自宅のテレビの前で、競馬観戦となった先週。「むふふ。ねえ、今のレース見た?」と、悪徳馬主から、ひょいとメール。

札幌の3歳芝1500m未勝利。何やらシャドーロールを鼻先にくっつけた怪しい馬が大外一気。「単勝は1万2650円の大波乱です」と、テレビでアナウンスしていたが、わわ。見れば。悪徳馬主が何口か出資している馬である。

「シャドーロールも効いたかなぁ。ナリタブライアンみたいだったでしょ」

かもしれないが、そうじゃないかもしれない。自慢話を聞いてあげるから、なんか奢れ。

札幌の1レースの2歳未勝利戦では、トーセンバジルも快勝。わずか6キロ増だが、身体の内から力が張り出し、6月とは別馬の洗練された馬になっていた。

同じ札幌の芝1800mの新馬戦で、シャルールが大楽勝。遠く近く、来春のオークスを思う。

新潟・芝1800mの新馬戦は、ミッキーユニバースが、重馬場を1分48秒8でズシズシ。今年の2歳シーンは、いつもの年以上に毎週ゝが新鮮だ。

月曜日は、22日出演のラジオNIKKEIの“鈴木淑子の地球は競馬で回ってる”の打ち合わせのため虎の門へ。

暑いから何か飲んで涼もうかと、スタッフと一緒にお店に入ったら、誰が言い出すとはなしに宴会に突入(笑)。

8時から、神楽坂の毘沙門天近くの“鳥たけ”で、双葉社のSクンの「月刊大衆」編集長就任のお祝い。

Sクンは、入社して以来ずっと、伊集院静さん、井崎シューゴローちぇんちぇえ。ついでに丹下日出夫番。かわいそうすぎる十数年の年月にかんぱ~い(笑)。

火曜日はnetkeibaの動画収録。札幌記念特番と、リニューアルを兼ね、新宿の居酒屋で2時から撮影。

手羽先美味、澤木さん、立花さんの浴衣姿に、ちょっとドギマギ。そのままお店で、10時前までドンチャカ。

さて、ゴールドシップ、ハープスターの印を、どう打てばいいもんか…。

《現在の人気ランキング順位は?》
08.22.2014

ああ。夏の2歳馬たち

日本海を北上する台風と歩をともにするように、月曜日から北海道入り。9月初旬放送のVRA―VANの特番のため、鈴木淑子さんと千歳に降り立つ。

初日の午後は、ノーザンF空港で、ドナブリーニの12、クロウキャニオンの12、スペリオルパールの12など、10数頭のビデオ撮影とコメントとり。

ほほう。ドナブリー二は、3月の取材から40キロ近く成長。薄く腰高だった馬体に実が入りつつあり、同時にバランスも段々ととれてきたなぁ。

台風一過の翌朝。4時起きで社台Fの坂路で調教やインタビュー。午後は下河辺牧場へ。カーラパワーの12は、気性も腹回りもズンとしてきた。ほどなくトレセンか近郊の育成場へ出発だ。

水曜日朝はノーザンF早来の坂路へ。3歳馬トーセンスターダムは、ずいぶんと大人び、独自の世界観をもつ馬になったというか。こういう変わり方もあるもんだなと感心していたが、そのスターダムにダイヤモンドビコーの12が、くらいついて坂路を駈けあがってきた。
ポルトドートウィユは、薄かった胸前に肉がつき、同時にこの血統独特の後肢の踏み込みも格段にアップ。さすがエアグルーヴ一族、ひと夏でこんなに進歩するのか。

牝馬厩舎は周回コースのため立ちの撮影。リッスンの12も大きくなった。
早来に短期放牧中のトーセンビクトリーも、どこか骨格ばかりが目立った春と違って、首差し・胴回りの張りや充実振りには目を見張る。

鈴木淑子さんも、大コーフン(笑)。

ワタクシたち年寄りは、夏がくるたび老いるだけだが(笑)、若駒の夏は、人間の1~2年くらいの成長を一気に遂げてしまう。

午後は坂東牧場へ。取材予定だった馬の他に、穴馬もゾロゾロ。40頭以上の撮影を完了。1時間番組に収まり切れるのかな?(笑)。

思えば、3月のPOGの頃は別に、夏の2歳馬たちのアレコレというのを、ずいぶんと取材していなかった。

春の二番煎じになることも懸念していたが、いやいや。映像が流れると、たぶんみんなもコーフンすると思うよ。GCでも番組を告知するでしょうが、9月の放送をお楽しみに。

台風一過のお盆の頃、北海道は一気に秋へと突入。牧場の大樹の陰には涼風が吹く。

椅子に座って午後を、本を片手にラムでも飲みながら、うつらうつら。いつかそんな夏の午後をゆっくり過ごしてみたいもんです。

北海道には、久しく経験していない、夏の夕暮れの風も吹きわたっていた。

《現在の人気ランキング順位は?》
08.16.2014

追いつきました

ブログで暇そうにしていると、「原稿はまだか!」と、編集者からドッキリメール。

ふう。なるべく彼らを刺激しないよう、ブログの記事も慎重に構えている、気の小さいオレ様だが、火曜日の夕方、九州近辺に、愚妻のようにドンと居座る台風をかいくぐり東京に帰還。

水曜日朝、そっと大物原稿を提出。夕方6時から勝どき橋近くのnetkeibaで動画収録。

やばいな。土日の予想原稿が遅れ気味だよ。木曜日は5時起きで原稿のラフ、11時から永代橋のJRA―VANで、2歳馬特集のスケジュール・台本確認。

1時過ぎに事務所に戻り、4時の週末の締め切りになんとか追いつきました。

金曜午後、ほっと一息。おばかチワワをもてあそぶ。

丹下厩舎は、日曜日の小倉・芝1800mにリベルタンゴを予定。台風は大丈夫か。

指名はとりにがしたが、”POGの王道”で、トップテンに挙げたフローレスダンサー、札幌・芝1800mに出走。
「ノーザンF・牝馬三本の矢」の一本、カービングパスは、芝1500mを予定。カービングは併せ馬で負けたことがない。

新潟マイルに出走予定のソールインパクトは、鈴木淑子さんのお気に入り。南Wで65秒―37秒と、戸田厩舎にしては珍しく負荷の高い調教もクリアしている。

トーセンゲイル、ゲートで初時計。ウィズレヴェランスも、札幌で15―15をポクポク。ダイワコンプリート、美浦に帰厩して坂路で時計。

しかし、ベルディーヴァが骨折。トレースオンアイスも、何故か山元へ帰ってしまった。

この時期、小さなことがいろいろある…。

来週、北海道の牧場で、2歳馬を再調査してきます。

《現在の人気ランキング順位は?》
08.09.2014

夏の運動会

週初めの月曜日は、新橋で仕事がらみの懇親会。水曜日は勝どき橋で撮影。

ふうふう言いながら帰宅すると、何故か一匹、チワワが増えていた。

長女が連れてきたのは、鼻ぺちゃの純血チワワ、次女が連れてきたのは父マルチーズの混血。でもって愚妻が、ネズミのように小さい黒鹿毛のチワワをどこかから強奪。

ひぃ~~。毎日がチワワの運動会だ。

断っておくが、チワワが趣味なんてことはまったくない。

犬よりは猫だよな。だいたいチワワを買うお金があったら、迷わず一口馬主に申し込む。

困り果てたら、「この仔を一生かわいがってください」という手紙を添え、栗岩太郎クンの玄関先に三匹置いて逃げようと思う。

チワワに踏んづけられて骨折しないようにね。

ティルナノーグとベルラップから、2歳活動がパッタリ止まってしまった丹下厩舎だが、日曜日の札幌・芝1800mで、トーセンビクトリーとアドマイヤガストが激突。

日曜日の新潟マイルでは、ショウナンアデラがデビュー。

来週、札幌の1500mでベルディーヴァ、小倉1800mでリベルタンゴ。タップザット、トレースオンアイスも、デビュー間近。ウィズレヴェランスも、札幌から再始動と聞く。

2歳シーンも、夏の運動会模様。

週末は、宮城谷昌光の「楽毅」をポケットに、新幹線で小倉出張。

前倒しで原稿をサクサク。夏もそれなりに忙しいもんだなぁ…。

《現在の人気ランキング順位は?》
08.01.2014

北海道へ

来週の14~15日は、セレクトセールだ。

前日の13日に千歳入り。JRA―VANチームと合流して、1歳馬の下見を予定。

“POGの王道”のパートナーでもある鈴木淑子さんは(来年のPOGは、もうとっくに始まっている?)、週末福島でイベントがあるらしく、月曜日早朝入りみたいですが、リッスン、マジックストーム、パイタなど、実馬に合うのが楽しみだな(丹下倶楽部の注目馬を掲載予定)。

でも、その前に片づけなくてはならない原稿がひとつ。それを入稿しないと、セレクト会場で「仕事しないで何やってんだ」と、お叱りを受けるかも(笑)。

やばいな。まずいな。

でも、そんなときに限って、急に散髪に行ってみたり、チワワと散歩したり。おまけに栗岩太郎クンからは、
「金曜日は“となりのトトロ”が放送されるみたいですけど、今年も楽しみですね」という、相変わらず意味のなさそうな電話。
年がら年中毎日が、そして早くも夏休み気分のキミにはまいるよ。

今週は中京でアドマイヤロワ(ディープインパクト×シーズオールエルティシュ)が、デビュー予定。
思えば、昨年のセレクト1歳。最高価格で落札された馬だったが、兄姉より身のこなしがダイナミックな感じのする馬だった。

丹下厩舎は、リベルタンゴ(母オジャグワ)、ワールドリースター(母ワールドリープレジャー)が、ゲートから時計をマーク。ベルディーヴァ(母ハルーワソング)、函館のゲートで12秒2―11秒7。二の脚が相当速いかも。

母ファビラスターンは4日に、母ノーブルステラは11日に美浦入り(予定)。栗東は母アートプリンセスが入厩。来週名前が決まるかもしれない。

北海道も暑そうですが、去年と違って肩こりがなく、体調はマズマズ。

《現在の人気ランキング順位は?》
07.12.2014

二日酔いでクラクラ

覚悟はしていたが、BS11の打ち上げ翌日の月曜日は、ひどい二日酔いでクラクラ。

JRA―VANのセレクトセールの見どころ原稿に向かうも、文字がめちゃくちゃ(笑)

ついに月曜日は放棄。火曜日朝、なんとかフィニッシュ。夕方、勝どきでnetkeibaの収録。

宝塚記念ウィークの先週は、金・土で7万以上のヒット数があったと聞く。それ以外、YouTubeの動きも活発だった(らしい)。

まあ、GⅠシリーズも一段落した今週から、視聴者数は減るだろうが(笑)。

netkeibaの動画コラムは、いつの間にか木曜日に、“未来のクラシックホースを探せ”――なんてコンテンツも出来てしまったが、柏木集保さんも、けっこう乗り気で2歳戦につきあってくれる。

柏木さんとは、会話をキャッチボールするたびに、なるほど。こういう視点や考え方もあったのか。

実はスポーツ紙やテレビを見ていても、どこかで見たような、聞いたような。自分の視点というのが、あるようでない。

この年になると、こういうこと言うんだろうなというのも見えてしまい、退屈もするけれど、柏木さんとだと毎回が新鮮で、新しい視点が見えてくるというか。年甲斐もなく、つい言葉も熱っぽくなってしまう。

ホースニュース馬社に在籍していたとき、井崎脩五郎ちゃんちぇえと話す時も、いつもあんな感じだったなぁ…。

なんて、目上の、それもいろんなものを多く知っている井崎さん、柏木さん相手だと、集中して臨んでいるぶん、却っていろんなものを解き放ち自由になれたりするが(花占いによる“ハイビスカス”一族や、動物占いの“陽気な虎”系は、そんな特性があるらしい)、逆に年下の人にはモゴモゴ。

唯一の強気ラインである栗岩太郎クン以外、人に対して、こうしたらどうだ。こうあるべきだという言い方がなかなかできない。

「〇〇すべきだ」という言葉は、自分も他人も縛ることになるからなぁ…。

さて、今週からローカル競馬に突入。ブラブラと、街のあちこち、夏を探す。

今週は函館でサウスキャロライナ(ステイゴールド×アシュレイリバー)。中京ではコートシャルマン(ハーツクライ×コートアウト)、福島ではJRA育成馬のパイナワレア(ヨハネスブルグ×バクシンスクリーン)などが出走予定。

春のPOG取材は、写真の掲載頭数に制限があったりするので、牧場によっては、取材申請した馬が違ったりするケースもありますが、この三頭は、“POGの王道”でも、けっこうこれを出して欲しいと、意思を持って取材し、映させてもらった馬だけに(掲載されていない雑誌も多いと思う)、なんか力が入りますね。

《現在の人気ランキング順位は?》
07.02.2014

みんな眠い

日本、コロンビアに惨敗。初戦から見ていたが、日本人の持ち味である、すばしっこい人の数が少なく、そうでない人と間延びが生じ、走る量も足りなかったかな。

敗因は何なのか。30年仕事し続けている競馬より、何故かサッカーのほうが詳しいという、4年に一度のジジョー通の栗岩太郎クンに今度聞いてみよう。

なんて、普段テレビは、特に午前中は、ワイドショーも含め、まったく見ないけれど(昼前の天気予報からスイッチを入れる)、50歳後半のオヤジは、5時くらいに目が覚める。今回の早朝サッカー時間はピッタリなもんで、日本戦だけではなく、つい見入ったりすることも多い。

そのあと7時過ぎから仕事を始めると、昼前にはすることがなくなり、なんだか手持無沙汰。
日本全国、2時くらいからみんな、眠くてしょうがないだろうなぁ(笑)。

週明けは、一日前倒しで、火曜日にnetkeibaの宝塚記念用の録画撮り。

一週前にほぼ、予想態勢は整っているが、最終追い切りの水曜日も、ある意味予想通りだったかな。

今週の新馬戦では、ティルナノーグとトーセンバジルが激突。

栗東ではコートシャルマン、函館ではサウスキャロライナが、これはいけるかもという手応え(ともに一週前追い切り)。

ショウナンアデラは、来週の追い切りで力量のほどがわかるかもしれない。

オジャグワの12、ハルーワソングの12も、そろそろ時計がでそうだ。
Glorificamusの12が、北海道へ放牧に戻されたのはちょっと残念。

水曜日夜は大井の帝王賞。◎はコパノリチャード、〇のニホンピロアワーズ、▲のワンダーアキュートがそろって沈没するような、荒れるレースではないと思う。

明日木曜日は、夜8時半から文化放送で宝塚記念日の特番があります。

《現在の人気ランキング順位は?》
06.26.2014

見せ合いっこ

週初めの月曜日は、丹下デルオ、P太郎、デザイナーのSさん。

“POGの王道”の双葉社の編集者2人を交え、代々木でドンチャカ。

お互いのPOGのリストの見せ合いっこ。

他人のテストの点数を覗き込み、ふふ。

オレのほうが上かも――バカバカしいが、なんか楽しい。

 

火曜日は、宝塚記念の前原稿を2本入稿。

春のGⅠが、終わるんだなぁ…。

 

水曜日は、netkeibaの収録の後、スタッフと軽く打ち上げ。

2歳戦のコンテンツを、のばして行く方向になるかもしれない。

 

ま、先週の土日は、ワールドCの日本戦などと重なり、

さすがに視聴者数は落ちた。

しかし、競馬の売り上げも含め、

日本全国サッカー以外は、みんなそんなもんか。

 

さて、今週の新馬戦には、注目のポルトドートウィユ(母ポルトフィーノ)が登場。

輸送と雨――これだけは何ともいえないが、一連の調教過程を見ても、普通に勝ち負けだと思う。

 

東京の新馬戦はマックヴァン(キンシャサノキセキ×ラタフィア)、

函館の芝1200mは、アールブリュットあたりが好勝負。

 

しかし、牝馬限定の東京・芝1600mの新馬を予定していたパピーラヴが回避。

丹下厩舎のリストにはないが、アワアワしている人も多いかもしれない。

 

オジャグワ、栗東入り。山元トレセンに、ファビラスターン入場の報。

マンボスルーも、かなり元気。

 

北海道では、ハルーワソングが産地馬体検査をすませた。

トゥザヴィクトリー順調。アシュレイリバーが、ハッピーパスと併せ馬で時計を出している。

 

週末は社台の1歳クラブ募集ツアーに参加。カタログのラインナップを手に、また胸が躍る。

 

ビワハイジの13、こういう馬だったのか。ポルトフィーノ、現2歳にウリ二つ。

1億円超えのディープは、普通にどれも垂涎の的だが、新しい血統、そして牝馬。

4000万前後の価格帯の馬にも、今年はおもしろい馬が揃っている。

 

金曜日中に仕事を全部すませ、身軽で北海道に行きたいな。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
06.20.2014

ちょっとちょっと

ダービーから二週間。行く先々で
「ちょっとちょっと。リストの相談に乗ってください」と、POG談義。

 そのドラフトも、三つ全部が終了したが、今年の丹下厩舎のラインナップは、リッスン、プリティカリーナ、シーザリオ、ダリシア、サクラサクⅡ、バイコースタル、べルスリーブ、ファビラスターン、ファーストバイオリン、ハルーワソング、トキオリアリティー、スペリオルパール、フォルクローレ、マンボスルー、オジャグワ、トレンドハンター、Glorificamusなど、今のところ20数頭。

何故かシラユキヒメもいたりしますが(笑)、15日の日曜日は、東京・芝1800mの新馬にベルラップが出走予定。

でも、アヴニールマルシェも強いかも。

JRA―VANにも10頭登録したが、ちなみに昨年のランキングは417位でした。

今週から二週にかけ、社台の1歳募集ツアーが始まるが、ひぃ~~。まだカタログが届かない。

金満一口馬主・丹下萌えは、13日の一日突撃ツアーに参加。

そういえば、あいつ。ベルラップも一口もっていたな…。

《現在の人気ランキング順位は?》
06.13.2014

あと二日

ダービー・ウィークの月曜日。オークスの回顧をまとめ、安田記念の原稿を2本。

火曜日は、勝どきのnstkeibaビルで、柏木さんとトーク。

今回は、土曜日は二本立て。やっぱダービーは、熱が入るね。

POG特番用に、別にもう一本収録。

netkeibaさん制作の、2差馬資料を拝見させていただいたが、なかなかよくできていました。

終了後、新橋で大井競馬場の人たちとドンチャカ。

来週の6月5日は東京ダービーです。

水曜日は、6時半から竹橋の毎日新聞社内で、ダービーの座談会。夜は東銀座の「くはら」で懇親会。

木曜日は終日予想、そして原稿。

レッドリヴェール本命に悔いはない。ただ、外目の16番枠というのだけが、少し残念ではあるが…。

サウンズオブアースも、頑張って。ステファノスは白百合Sに出走。POGの一年が終わる。

ハープスターを筆頭に、指名馬はそれなりに頑張った。おかげさまで、この一年の成績はマズマズ。

トレセンの2歳馬の調教馬名が、この一週間で一気に増えてきた。

みんな、アレコレを頭を悩ませているだろうが、ダービーが終われば、その足でドラフト会場へ。

6月1日は、やっぱ一年でもっとも楽しい日なんだなぁ…。

《現在の人気ランキング順位は?》
05.31.2014

競馬の前の夜は

オークス・ウィーク、ダービー一週前となると、さすがに毎日何かに追われているような。

予想や原稿の合間をぬって、水曜日は新橋のPRCで、夏の特番の打ち合わせ。6時から勝どき近くのnetkeibaビルで、柏木さんと録画収録。

動画コラムは、一日5万程度の、かなりのヒット数を集めているみたいで、やっていることは間違いではないかなとも思う。

ま、タイトルは“3分間で斬る”――派手なタイトルがついているけれど(笑)、柏木さんと丹下コンビとあれば、ギチギチの競馬予想にはなりえないし、予想とは強要するものでもない。

「競馬の前の夜は、どうすごすか」的な、楽しみをもってみていただければと、話し合っている。

なんて、ワタクシにとって柏木さんは、御大・井崎シューゴロー、立川末広さんと並ぶ、若い時分からの競馬の師匠。

師匠のいうことはすべて正しい。

柏木に相手をしてもらえるだけで光栄です。

収録が終わり、柏木さんを交え、近しい人たちといっぱい。

「もう帰る、もう帰る」と言いながら泥酔(笑)。

楽しい酒だったからか。武蔵小金井から、とぼとぼ歩いて30分もかけて帰ったりした割には、ひどい二日酔いもなく木曜日の仕事もサクサクと消化。

6時半に文化放送の「ライオンズナイター SET UP」に電話出演。来週のダービー前にもあるかなと思います。

来週は、netkeibaでPOG特集の動画も予定しています。

丹下倶楽部も、600頭近くの写真はすでにアップ。弟子たちもアレコレとリストを制作しているようですが、「直前・最後の50頭」のリストも、ダービー前にそっとアップしようかな。

《現在の人気ランキング順位は?》
05.22.2014

熱燗美味

「今、BS1で“太陽がいっぱい”やってます。

見て見て。アラン・ドロンって、僕のお兄ちゃんって感じかな?」

 

ゴールデンウィークのとある日、栗岩太郎クンからのメール。そして数時間後、

 

「CSでは、“ゴッドファーザー”三部作を一挙公開。

マーロン・ブランドは僕の祖父?。ロバート・デニーロは若き日のパパ。

アル・パチーノは三男坊。うちのファミリーって、すごいでしょ」

 

ふう…。

 

5月初旬は、天秤座にとって受難の時期とある。

 

そういえば、先々週、先週と、予想もなんとなく停滞気味。

チワワを転がして遊びながら、どうしたもんかと思い悩んでいたが、

栗岩太郎クンも何故か同じ天秤座。

 

もうひとり、夕刊フジのMも、同じ星座なのだが、

好調期不調期があるハズなのに、彼ら二人は年がら年中天下泰平。

 

キミたちの人生の方が正解なのかなぁ…。

 

なんて、月曜日はヴィクトリアマイルの下原稿。

“POGの王道”を読み返しながら、ドラフト用のリストをボチボチと作成。

 

火曜日は動画の収録のため月島へ。

ちょこちょこと仕事に出歩き、夜9時、駅前のすし屋でいっぱい。

熱燗美味。

静かにゴールデンウィークが終わった。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.07.2014

青葉繁れる

明日の青葉賞には、昨年の“POGの王道”で、鈴木淑子さんの大のお気に入りだったワールドインパクト。近しい人たちのラングレーも、ダービーの権利取りに打って出る。

丹下厩舎も、ワラワラと6頭が出走。高額条件は、端午Sのケルヴィンサイドだけというのが、少し寂しいけれど(笑)、ダービーまでにコツコツと、やれることはやろう。

土曜日は競馬場に行こうかな。

でもゴールデンウィークは、栗岩太郎に「大國玉神社の暗闇祭りに行って大暴れしましょうよ」と誘われた以外は(嫌だけど)、週末も週明けの旗日も、いつものスケジュール通り原稿書き。

年明けから仕事量が増えているのだが、少しづつ、ゆっくりと日々のルーティンワークを足す感じで組み立ててきたので、あんまり忙しい感じはないけれど、来週から懸案の動画サイトもスタート予定。

テレビに出演したのは40歳になってから。あれから16年近くが過ぎたが、最近のネットシステム同様、競馬の動画というのも、もっと身近なものであっていいのではないか。

ツイッター動画というか。ニコニコ動画よりももっと簡潔に、できる何かがあるのではないかと、常々考えていたが、ひとつトライしてみますか。

なんて、癖のあるタイプだという人もいるので(笑)、トモダチ作りというか。仕事作りもむしろ、そんなに積極的ではないのだが、たまにはやっぱり、外へ出て人とつながらないと、毎日が収縮する。

6年前の大病さえなければ、もっと早くにいろんなことができたかなとも思うが、北条早雲だって頑張ったのは50歳すぎ。ときにはブラブラしてみようか。

“丹下倶楽部”の2014―2015年シリーズの、2歳のアレコレの5月の準備も組み上がっている。

でも、今から全部アップするのは、さすがに早いかも(笑)。

《現在の人気ランキング順位は?》
05.02.2014

売れ行き順調

オンデマンドで、“地球は競馬で回ってる”を聞いたら、先週の金曜日はなんと、2歳馬特集。

鈴木淑子さんが、いち早く2歳馬――“POGの王道”の特集を組んでいただきました。

日曜日は香港にエピファネイアの取材に行くと、淑子さんは言っていましたが、忙しい中、ナイスアシスト(笑)。

みなさんも、暇があれば、オンデマンドで、ぜひ聞いてみてください。

そういえば、
「近所の本屋さんに、初日6冊積んであったのが、2冊になっていました」

丹下ふんどし担ぎの市場調査は、なんとなくアテにできない気がするけど(笑)、新宿の紀伊国屋書店でも、“POGの王道”は、マズマズさばけているみたい。

早く書店に並んでいることも確かに利点ではあるが、なかみが薄いとか。スタイルや視点は違ったとしても、後発の本のほうが圧倒的に情報満載とか。そういう比べ方をする本ではないと思います(ドラフトまで、ジックリと楽しめます)。

もちろん、産地馬体の写真で、あれがあったらいいなぁと思う馬も、正直20頭くらいはいる。

でも、単に映っているだけという、写真になっていない馬もいるし(笑)。

取材そのものも、産地馬体で聞かなくても、その前に十分、鈴木淑子さんにインタビューしてもらったし、実馬もたくさん引き出してもらい、コメントそのものにも、有力と思しき馬の漏れは少ないように思います(名前さえあげれば、あとで走れば既成事実になるが、それはちょっと違うかも)。

“丹下倶楽部”でも、ぼちぼち2歳の企画モノを更新。写真も、産地馬体の300~400頭を含め、もう少ししたらアップできるかな(今年は700頭を超えそうです)。

日曜日のフローラSは、昨年の黄色本の表紙にも登場したサングレアルが快勝。

1歳6月のクラブの募集ツアーでは、たぶん体重は最低(360キロくらいだったかな?)

一昨年のノーザンのツアーの日は、そぼ降る雨でぐっしょり。

展示会場の芝生の上にポツリとたたずむ、細くて竹のような脚をした、サングレアルの姿を思い出したりしたが、近しい社台の会員さんが、「10年目にして、初めてサングレアルで重賞奪取」と、賑やかな知らせ。

レース後、カンカン場で、少し胸が詰まってしまった。

なんて、馬券はイサベルで惨敗。

「箱」というか骨格――そして将来性は、メンバー中でも一番か二番に思えたが、自分が何者であるのか。今日いった何をすればいいのか。そこがよくわかっていなかったかなぁ。

でも、秋は、秋華賞は勝負になる馬だ。

ワールドエース、マイラーズC奪取で、安田記念の切り札に。

ゴールデンウィークだが、競馬の仕事は通常通り。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.29.2014

発売は4月23日

“POGの王道”すべて入稿。4月23日には、これで予定通り書店に並ぶ(たぶん)。

なんて、2歳馬の話題も活発化していますが、へぇ~。オルフェーヴルの弟の名前は、当然出るよな。

あれ。あの馬の風評は、現時点では、こんなふうに駆け回っているのか。この馬のネタは、ひょっとしたらウチだけかもしれないな。

ふと思ったりもするが、本誌はいわゆる賑やかしではなく、朝一番から調教に立ち会い、なるたけ調教担当者と密に直に声を聞き、その上でピックアップした馬たちの歩様や立ち姿、気性や適性云々を、厩舎回りで再確認。

扱う個体の馬は、結局は同じかもしれないが、鈴木淑子さんとダイレクトにぶつかっていったぶん、内容の精度が違うかなとも思っています(産地馬体の馬たちも、立ち写真に抜けは若干あるけれど、有力どころはほとんど取材済み)。

自信のある馬の扱いは、それなりに大きく。

それでも、10頭のうち3頭走れば、それはもう正解なんだが。

100頭名前を挙げて1頭しか走らないんじゃあ、穴馬云々とかいう話じゃすまなくなるし(笑)。

なんて、移動性低気圧通過。金曜日は雨、日曜日も傘マークがついている。

皐月賞は、いくぶん湿り気が残り、時計決着は2分1秒前後だろうか。ペースはたぶん速くない。

本命のトゥザワールドは8枠17番。2コーナーを抜けるまでに素早く好位。我慢のあと、さてどこで追い出すか。
内の蛯名――イスラボニータとの呼吸合わせが、最初の関門かもしれない。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.18.2014

ご苦労様です

ちょっとだけ、トップ画面のデザインが変わったが、POGも、ボチボチ次のシーズンに突入ですね。

まずは、2012年生産のディープインパクトの仔たちでも、アレコレ眺めてください。

”POGの王道”も、あと一つの写真入稿を待つのみ。他はドカドカ。え~い。みんな出しちゃえ(笑)。

週末から、丹下デルオとP太郎が校正に突撃。14日以降はスタッフ総動員。みなさん、頼んます。

校正時間を空けるため、その前に身軽い体にしておかないと。

水曜日は5時起床で原稿書き。11時、13時、15時と、三つの打ち合わせ。

最初の打ち合わせのあとは東京駅へ移動予定。タクシーでも、そんなにお金のかからない距離だけど、なんとなく時間があったので、バスに乗ってみました。

7年前の怪我や病気で、つい最近まで歩くのもフーフーだったが、なんだか普通に近い感じで歩けている。

ちなみに、二件目の打ち合わせの指定場所は駅ビルに隣接している大丸の7F。

大丸の中に入ったのは、高校3年生の修学旅行の時以来だ。

あの時確か、屋上の屋台みたいなところで、K枝クンと、ボソボソのざるそばを食べたことを、ふと思い出す(山口の田舎には、昔は蕎麦屋なんてものはなかくて、ざるそばは珍しかったんです)。

15時の3つめの打ち合わせを終え帰宅。

世の中の営業担当者は、毎日こんな感じで動いているのだろうか。

ご苦労様です。

夕食。そのあと、土曜日の特別レース、桜花賞の仮予想。

産地馬体検査のラインナップが送られてきているのに気づき、有力馬を選択。

夜のニュースで、楽天の松井がファアボールを連発したと言っていた。

立松和平の「道元禅師」を読めば、眠くなるかな。

明日はヤンキースのマー君が先発予定。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.10.2014