会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

競馬日和

5月末の朝の青、

チワワ部隊を引き連れ散歩。

夏間近の、世をおおう清々しさを、

身体全部で受け止めきれなくなった

老いが少し哀しい。

ダービー明けの月曜日は

品川でパーティー。

 

出席者は、なんだかみんな

準オープン以上、GⅠ級の

偉い人たちがいっぱいいました。

パドックと一緒で、

席次表を眺めているだけで、

2時間が、あっとう間に楽しくすぎる。

POGのドラフト会議、もう一丁。

netkeiba収録、打ち合わせなど。

嵐のような週初めだったが、

予想入稿など終え、ふう。

洗濯でもしようかなぁ

サートゥルナーリア(母シーザリオ)、

水曜日にCWで先週に続き

11秒台でフィニッシュ。

アドマイヤジャスタ(ジャスタウェイ×アドマイヤテレサ)、

坂路の一本めの入りがなかなかのもんです

丹下厩舎は土曜日の阪神・芝1600mに、

シトラスノート(ロードカナロア×エピファネイア)。

日曜日の東京・芝1600mにはグランデフローラ(ディープインパクト×タピッツフライ)が登場。

ライバル強力、

すんなりとはいかないだろうが、

怪我などせず、できるなら、できるだけ勝て。

40年来の友人を東京競馬場へ招待。

2歳、競馬の清々しさを、

パドックなど伝えたい。



《現在の人気ランキング順位は?》
06.01.2018

無謀か

明後日はダービー、

最終入稿をほぼ終え

ダノンプレミアムに

本命を打てば楽になるだろうな。

あくまで仮定の話だが、

皐月賞を走っていれば、

ブッチギリだったかもしれない。

ミホノブルボン級に、

鍛え完成された皐月賞馬は、

少々距離が延びても

スピードの次元と絶対値が違う。

休み明け、距離云々、

何かしら小さなことで、

ダノンプレミアムをおとしめてはいけない。

ただ、ダービーは、

たとえダノンが皐月賞を楽勝したとしても、

あの馬に打つ――

新馬戦から決めていた馬がいますが、

無謀かなぁ~(笑)。

柱激突事件で、

一週間くらい額のあたりが

ツーンと痛かったが、

徐々に傷も癒えました。

金曜夜8時は、

netkeibaの

「丸ごと必勝チャンネル」公開。

26日(土曜日)は、

BS11出演予定(昼12:00~)。

ダービーを語る機会をいただき、光栄です。

しかし、今年のダービーの予想を当てるより、

来年のダービー馬を指名するほうが、

自信があるように思うが、気のせいか。

ああ。また一年が経ったんあだなぁ…。



《現在の人気ランキング順位は?》
05.25.2018

思案中

今週末はオークス、来週はダービー。

終われるとすぐ、2歳POGのドラフト会議。

ワタクシたちの「POGの王道」の他にも、

いろんなPOG書籍や雑誌が出ていますが、

ほぼ大筋は間違っていないかな。

 

ダイレクトに取材をかけた部分も多く、

伝えたいことは、それなりに

しっかり書けているように思います。

東西のトレセンでは、

単なる「お早いとこ要員」ではなく、

クラシックを遠望できる有力どころも

きわめてまっとうな調教時計を出しており、

見るたびコーフン。

オークス週の原稿の合間、

リストをどうするかを考えたりする

6月半ばには1歳ツアーがあります

クラブ馬主さんたちはもう、

キズナやエピファネイア産駒の勉強開始。

7月のセレクトセールの、

ホテルや飛行機の手配など済ませないと…。

先週、久しぶりというくらい

楽しい会があり、テンションマックス。

大よっぱらいし帰宅、柱と激突。

あ~~、痛かった。

の一周忌を終えた。

お参り解禁、おみくじを引いたら大吉だった。

気分がいいので、万願寺唐辛子、

インゲン、シソなどの苗木を植える。

ついでにワタクシの誕生花コリウスを、

玄関のポスト横に植えたら、

2時間後、赤ちゃんを抱いた次女が、

その一つを踏み潰した。

パパを踏み潰しやがって。なんて娘だ。

《現在の人気ランキング順位は?》

05.18.2018

二度散歩

ゴールデンウィークの前半は、
かきつばた記念、かしわ記念、兵庫チャンピオンシップなど、
予想を入れ、馬券も楽しむ。

海外競馬もそうだが、馬の個体能力を把握しきれないと、
結局はジョッキーがどうのこうの。
リーディング厩舎と、馬主のお金持ち度合の順に、
予想なんだか単なる説明か。プロだかアマチュアだか。
単に好き嫌いや、デメ云々を語ることになってしまうけれど、
地方競馬も、もっと地元のことをよく知っている予想家を、
リスペクトしてあげたらいいのになぁと思う。

競馬は、馬の個体能力と個性に対する興味と、
その質や量、深さに尽きる。

中央競馬というのは、いかに馬やサークルの情報を
広く詳しくわかちあっているかを、改めて思う。

POGや、一口馬主というのは、競馬の入り口として、
すごく便利なツールになったんだなぁと、
改めて思ったりもする。

というワケで週中、丹下デルオにせかされている、
「丹下の100頭」を作成。

netkeibaの「丸ごと必勝チャンネル」は、
今秋お休みをいただきましたが、
社台グループの会報入稿。
週末の予想など、やっぱ休めないね。

5月4日・金曜日朝、
少し時間ができたので、近くをぶらぶら。
あまりの清々しさに、愚妻とチワワ二匹を誘って、
もう一度武蔵野公園を散歩。

夜、「鈴木淑子の地球は競馬で回っている」に出演予定。
来年のダービー馬、オークス馬の発表いたします。

NHKマイルCは、タワーオブロンドン。
ルメールの、ほっほう、行きますかという、
追い出しの顔が楽しみ。
ギベオン、プリモシーンを本線に置いたが、連下は拮抗。

府中は暗闇祭り。競馬のあとは賑やかだろうなぁ。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.06.2018

ぶらタンゲ

父の一周忌、山口へ。

原稿やあれやこれや、夜遅く新幹線で移動。

翌朝、春の山口の、

新緑の光に、愚妻ビックリ。

そうか、この季節の新緑の鮮やかさ。

この光の時期を知らなかったんだなぁ。

お坊さんから、「父母に帰省する」

という言葉があることを、

お考えなさいと説明がありました。

一日休んで、netkeibaの収録、

天皇賞モードへ。

前日は青葉賞。

何故か毎年、切ないくらい、

青葉賞に行きたくなるが、

今年は、弥生賞は大バカ者だったオブセッション(笑)、サトノソルタス、スーパーフェザー、ダノンマジェスティにダブルフラットと、とてもいい馬がそろいました。

競馬場をぶらぶら、東京はたぶん夏日。

《現在の人気ランキング順位は?》

04.27.2018

聞いてね 見てね

GⅠの谷間、舞台は東京・京都にかわり、
オークストライアル・フローラS、
安田記念の前哨戦・マイラーズCがあり、
最終週の福島・土曜日は、福島牝馬Sだ。

ワタクシは、
20日(金曜日)、夜8時半から放送の、
「鈴木淑子の地球は競馬で回ってる」
にお呼ばれ。
20日は3歳クラシックの回顧、
27日(金曜日)は、
2歳馬・POGなど淑子さんとトーク。

netkeibaの
「まるごと必勝チャンネル」は、
20日放送分から、新メンバーが加わり
リニューアル。
とっても賑やかになりました。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.21.2018

広がる歓喜の輪

4月23日発売の“POGの王道”
の原稿整理、校正。
交流重賞マリーンC、クラブ馬主の会報誌の入稿、
netkeibaの収録など。

合間の散歩。
武蔵野公園の青葉は、コローの描いた新緑。
どこかの入学式も見た。

近しい仲間と、お互いの元気を確認。
この時期の昼酒は、いつにもまして
気分がいいね(笑)。

この気持ちはなんだろう。

まっすぐ帰るのがなんだかもったいなくなり、
武蔵小金井の「壱番館」で、もういっぱい。
筍とアスパラの美味さに泣ける。

仕事を追いかけているような、追われているような。

そして皐月賞、日曜日の予報は嵐。

今年の皐月は、本命にいろんな選択やチャレンジの仕方があった。

ただ、近年の皐月は、流れに乗るとか、ポジショニングだとか。
優等生が決して正しいわけではない。
シンガリ近くにいても大丈夫。
内外どこでも、力で坂上を抜けてくればいい。

ましてや雨。
中途半端な競馬では決まらない。
重経験もある対象馬は、やっぱりあの馬かな?。

一週前や週初めとは
少し違う結論になってしまったけれど、
吹けよ嵐。予想、整いました。

土曜日はアーリントンC。
パクスアメリカーナ、インディチャンプ、
タワーオブロンドンに、レッドヴェイロンが
どう割り込むか。

パクスアメリカーナの、あの艶っぽい肌合いの芦毛は、そうか。
お姉ちゃんはホエールキャプチャなんだよね。

本年の明け2歳には、オルフェーヴル×ホエールキャプチャ産駒がいます。

《現在の人気ランキング順位は?》
04.14.2018

花見、馬見

4月23日発売の本年の“POGの王道”、
担当の「丹下の30頭」など、
原稿入稿のゴールが見えてきた。

馬選びは、思い込みすぎてもだめ。
人の意見を聞きすぎてもだめ。
また聞きや、盗み聞きはもっとだめ(笑)。

まっすぐに、シンプルにを、心掛けているが、
結果は一年後…。

今週は大阪杯。
そういえばスワーヴリチャードは、
一昨年の「丹下の30頭」の、
第一番に挙げた馬だった。
いや、自慢しているワケじゃなくて、
ふと思い出しただけですが。

競馬週刊誌の立ち姿を見ると、
後肢の踏み込みの幅が深く大きくなり、
そのぶん体重が前に移動、
重心を低く見せるようになった。

アルアイン、ミッキースワロー、
トリオンフ、シュヴァルグランなど、
ライバルは相当強力。

しかしこの身体なら、今回のフォームなら、
内回り、右回りも、コーナーの出口手前で
ふっと息が入れば、阪神2000mでも
勝ち負けになる。

4月1日(日)は、
BS11出演予定(昼12:00~)。
前夜はドバイ・ワールドCなど。

仕事終わりにチワワ二匹と花見、
体調まずまずかな…。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
03.30.2018

君たちはどう買うのか

桜開花も間近、
北海道の牧場では2歳取材や
立ち写真の撮影が始まったようです。

ワタクシも、そろそろ入稿しないとなぁ…。

でもその前に、
古本屋で買ってあった、
“君たちはどう生きるか”(作・吉野源三郎)
でも、読もうかな。

読み直しは3回目、
最初に手にしたのは中学校一年生のとき。
この本がなぜか人気で、
「あれ読んだ?」と、クラスでひそひそ。

好きだった女の子も読んでいる
という話を聞きつけ、むむ。
図書室へ行って読者カードの名前を見たら、
なんだか賢い人順に、この本を読んでいるような。

オレは10番目、大したことないかも
――なんて昔を思い出したが、
丹下倶楽部の“丹下の懺悔”のリードにある、「競馬におけるコペルタンゲ的回転」
という文言のコペルとは、
「君たちは」――あのコペル君を意識してのもの。
このホームページ執筆者みんなの、共通意識でもあります。

何にも回転していないじゃないか
と言われると辛いが(笑)、
60歳になっても、オレたち、気分はコペル君。

高松宮記念はレッドファルクス。

毎日杯はギベオンかブラストワンピースか。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
03.24.2018

海鳴り

春一番が吹いた翌日、弥生賞の日。
2歳馬牧場取材に向け、
夜、北海道へ入る。

翌早7時前、牧場の坂路へ。
午後は鈴木淑子さんとインタビューなど。

三日目の社台Fへの道中、
道路わきの温度計は
マイナス19度を示していた。

調教や馬を見終わった昼前には
マイナス4度。
みんなして「温かくなったね」だって。

東京へと引き上げた翌日、
北海道は大雨が降り、
一気の雪解けで大騒ぎ。

思えば昔。
3.11の翌週に北海道取材を予定していて、
なぜか13日、奇跡的に飛行機が飛んだ。

北への行き帰り、
窓の外をどうしても見ることができない。

北海道の太平洋側の海沿いの道路を
日高へと走ったが、
打ち寄せる波がどんどん大きくなってくるようで、
海鳴りが耳の底から離れてくれない。

そういえば去年。
取材中の火曜日、父親昏倒、
股関節骨折の知らせ。
あれこれを抱えながら仕事をこなし、
週末用の原稿を前倒しで書き、
金曜に山口へ帰り、
週明け東京に戻りテレビの収録が終えた夜、
腸閉塞を発症し入院。

油断しないようスケジュールを組んでも
今年も、あ~~~。脚が痛いかも(笑)。

なんて、競馬は平和のシンボル。
また週末がやってくる。

スワーヴリチャード、金鯱賞から進発。

2歳の弟をつい先日見たが、
兄ちゃんのサトノダイヤモンドも頑張って。

フィリーズレビューは、
愛馬デルニエオールに本命を打ち切れなかった…。

《現在の人気ランキング順位は?》
03.10.2018

規格外

「今日の丹券」でも記したが、
今年の弥生賞の三強は、
近年まれというか。
初めて目にした逸材かもしれない。

ダノンプレミアムの、
あのゴツンゝとした手繰りと
首の動きはなんなんだ。

ワグネリアンは、父ディープにウリ二つ。
でもディープって、あんな内股気味の
オネエ走りだっけ?(笑)

オブセッションは、走るときも歩くときも、
いつも舌をぺろぺろ。
それでレコードが出せちゃう。

いやいやこの3頭は、
「強い馬とはこうだ」という、
従来の普通あった定義みたいなものを、
なんだか超えているよなぁ。

印も馬券も3頭のボックス。
久しぶりに、そんな予想が自然と立った。

ダービーまでにはまだ、
キタノコマンドールやブラストワンピース。
休養中のヘンリーバローズ、
ダノンマジェスティだって、
もうひと暴れあるかもしれない。

なんて、来年、明け2歳は、
それ以上のディープ産駒たちが
ワラワラ10頭くらい列をなしていたりして。

次女の娘、桃の節句。

生れてまだ2か月ちょっとなのに、
風呂では頭から上だけが浮く浮き輪をつけ、
足をバタバタ。
お雛様の下の畳で、
うつぶせにしてハイハイさせようと特訓中。

次女の子じゃなくてよかった。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
03.03.2018

俺は笠谷、君はジャネット・リン

仕事を横目に、もちろん、
オリンピックを見ている。

ワタシにとっての
冬季オリンピックの始まりは、
虹と雪のバラード、札幌五輪です。

中一の時分、フギュアスケートは
ジャネット・リンの尻もち
(ザンギリ金髪とニキビ)。

滑降はスイスの天才少女ナディヒ。
ノーマルヒルは笠谷、青地、今野の
1~3位メダル独占。
教室の机と机の間で、踏み切りフォームを、
男子全員順番に並んで競い合ったもんです。

さすがに今どきのスノーボードは、
新種のカブト虫を見ている感じがするけれど(笑)

女子スピードスケート500m決勝は、
府中の居酒屋で観戦。

その日曜日のフェブラリーSは、
ノンコノユメがゴールドドリームを競り落とす。

帰り際、同馬のオーナーと娘さんに遭遇。
おめでとうございますと言って
すれ違いましたが、
ありがとうございます
――娘ノンコさんのほがらかさが、
なんだか嬉しい。

駅前の居酒屋に、一人来い二人来い。
気が付けばちょっとした大所帯になり、
5時からドンチャカ。
小平選手が登場したころは、
ほぼみんなベロベロ。
うどん屋で一斉に立ち上がって拍手していたような…。

オリンピックは、ドキドキする。

でも、フェブラリーSも、
同じくらいドキドキ。
これはという愛馬や注目馬がいれば、
未勝利だって下級条件だって、
こぶしを握る強さは同じだ。

世の中の人に、どこかで大きく伝えたいもんだが、
競馬は、オリンピックと同じくらい面白いんだけどね。

なんて、そろそろ2歳馬の資料作りにとりかからないと。

天気予報を見ると、
北海道の気温が上がるのは、
暦がかわる3月1日からなのかなぁ…。

《現在の人気ランキング順位は?》
02.24.2018

あの頃の僕は

カーテンから漏れる朝陽が、
昨日より早くさし、
夕陽が昨日より遅くまで照っている。
時折梅の香――春も近いんだね。

共同通信杯はオウケンムーンと
サトノソルタスのワンツー。
オウケンは、菊花賞で重い印を打とうかな。
もしかしたらステイヤーではないかと思っていたが(笑)、
1800mを上り11秒台の連続ラップで勝っちゃった。

サトノソルタスは、目つきも体つきも、まだまだ若い。
でも去年でいえばアルアイン。
その前のドゥラメンテも、ムーアに走りを教えてもらった。

クイーンCのテトラドラクマは、
東京マイルの未勝利の時計の
精度の高さを示してくれた。

重賞に限らず、明け3歳の力量や展望が、
ちょっとだけでも早く符合してくれると、
クラシックも、後々古馬となっても予想が楽になる。

去年のあの頃、僕は、明け3歳たちを
どんなふうに考え思っていたのだろう。
ふと本を読み返したりしている。

フェブラリーSは、ゴールドドリーム
――種牡馬ゴールドアリュールの凄みを同時に見に行く。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
02.16.2018

ヴィンテージ

月曜日は週刊誌のフェブラリーS、
6日の佐賀記念の予想を入稿。

火曜日は、柏木集保サン、鈴木淑子サンと、
恒例となったキャロットクラブの座談会。
レイデオロのダービーは、何度話しても楽しく、
胸震える思いが三人ともによみがえってくる。

去年はホテルのレストランの閉店時間を
2時間もオーバーしてしまったが、
今年は1時間延長くらいで終了。
ただし、いつものように、みんなしてベロベロ。

次いで、netkeibaの収録、
社台グループの会報誌入稿。
週末の三日開催の予想や原稿も、おお。
ゴールが見えてきたかも~~。

府中近くの我が家近辺は、
まだ雪が残っているところがある。

東京競馬場の馬場は、
今週も悩ましい湿った馬場。
小倉は雪、東京は雨も降るかもしれない。

共同通信杯は、ハーツクライ産駒のグレイル、ゴーフォザサミットも相当強いが、
いやいやサトノソルタス。
ブラゾンダムールも左回りに戻って激変したりして。

クイーンCはマウレア、オハナ、レッドベルローズ、アルーシャなど、
ディープインパクトの仔がワラワラと出走。

一年前、この世代を語るとき、
ディープのヴィンテージイヤーになると述べたが、
改めて、本当にそうなっちゃったんだなぁ。

11日(日曜日)は、BS11出演予定(昼12:00~)。
アレコレ、これから下調べです。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
02.09.2018

24番柱で会おう

ちょっと遅いが、
近しい仲間と、小さく新年会。

居酒屋で一軒、皆既月食を見上げながらそぞろ歩き。
なんだか話し足りなくて、もう一軒。

ニュー新橋ビル地下に、
実に良心的な値段で、
とてもいい日本酒を出す店を発見。

元々からあった居酒屋ですが(笑)、
二年前は、並んでいる酒の価値が、
ぜーんぜんわからなかった。

虎ノ門の「マスモト」に連れて行ってくれた鈴木淑子サンと、BSの吉田類サンと、太田和彦サンの番組で学習したおかげですかね。
また少し、人生が楽しくなりました。

2月の東京開催で一度、
みんなして競馬場に突撃。24番柱で会おう。

今週は東京と京都の二場開催。
東京新聞杯はグレーターロンドン。
きさらぎ賞のダノンマジェスティは、
新馬戦で10秒台半ばのとてつもないラップを
ヨレながら計時。

サクラホクトオーとミスターシービーを
足して二で割った馬みたいと、
柏木集保サンと話した。

なんて、全兄アルアインとは
まったく体のラインが違い、幼さ丸出し。
セレクトで見たときから、
命題の多い馬に映った。

思えば、牧場の育成担当者が、去年の今頃。
「僕にとっても、何とか育てあげなくてはいけないと、
今年のテーマにしている馬です」
――その言葉をふと思い出した。

《現在の人気ランキング順位は?》
02.03.2018

油断しない

東京の最低気温は零下4~6度、

最高気温は4度。
北海道の3月初旬の寒さか。

北海道に行ったら、
北国は、朝は油断しない。
これから何をすると決め、
玄関のドアを開け道を歩く。

馬も人も、つるんゝの氷道は、
怖いし勇気がいる。

なんて、寒いけど少しは
ストレッチでもしようか。

どんな形に体を曲げても
バキバキと音がする。
そういえば小学校5年生の時の担任の、
年配の女子先生の、
体育の準備体操は、
肩やひざを回す種類が多かった。

ヤマモト先生。歩くのも難儀で、
いろいろと肩の凝ることも多かったんでしょうね。

丹下厩舎は、日曜日の京都・芝1600mの新馬戦にダブルフラット(マンハッタンカフェ×アガルタ)が出走予定。

丹下厩舎の3歳世代は25頭くらいですが、これで全馬デビュー完了。

出だしは、6連続新馬勝ち。
オレってすごい。勝ちすぎて怖いかも――
なんて時期もあったが、
いつの間にか中団ちょっと前でうろうろ。

今日は楽勝だろうと思っていたら、
あれあれ。結果に凍りつくことも多い。

未勝利馬も、まだまだいます(笑)。

《現在の人気ランキング順位は?》
01.28.2018

大寒すぎて雪積もる。

新聞ポストまでの雪を掻くのにもヒーヒー。
ぐったりしてソファで腰を伸ばしていたら、
隣家から子供たちの賑やかな声が聞こえた。

年明けの検査結果をドクターから聞く。
大丈夫といわれ、2月以降の仕事予定を組み始めた。
なぜか飲み会もいっぱいついてくる。

病気明けですから決して油断しないようにと、
ドクターからクギをさされたが(笑)。

今週から東京開催。

思えば3年前。
1月末の東京開催・1週目の原稿など
アレコレを叩き込み、金曜日から手術。
以来皐月賞前まで3か月をリハビリ。
そういう冬もあったなぁ…。

日曜日の芝1800mの新馬には、
なかなかの血統馬も登録があるようです

年明け3歳デビューは、能力があっても、
クラシックは難しいことが多いけれど、
きらめく才能の結晶を目にするのはいつも楽しい。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
01.25.2018

生れいずる悩み

京成杯は中山競馬場で観戦。

髭面を怪しまれたが、
アレコレしゃべると疲れるので、
知らん顔をして、
パドック、記者席などを往復。

ダノンプラチナが、ニューイヤーSを勝ち、
柏木さんと顔をみあわせる。
京成杯の返し馬。ほほう。
GⅠ云々まではないだろうが、
オープン馬の香りがする馬も
何頭かいるもんだなぁ。
その日、当たったとか外れたとかではなく、
馬をみていると、あとになって役立つ何かが静かに積もる。

小室哲哉さん、引退。

TRFの「ボーイミーツガール」が、
けっこう好きだった。ガラじゃないのに。

しかし、楽曲の世界は、
本当にこれだという作品が、
続けてできる創作時期というのは、
30前後の、ほんの10年間ぐらいだと、
故・平尾昌晃氏が語っておられた。

競馬の仕事とは、旬や種類が少し違うけれど、
同じ歳とすれば、泣ける記者会見だった。

自動ゆりかご機で、子フグ2号の娘が、
時折ふぎゃ~ふぎゃ~。

チワワ3匹の中で、
パピヨンとダックスフンドが混じった、
黒鹿毛の耳の大きな牡が興味津々。
声を上げるたび目がらんらん。

食べたいのかな(笑)。

赤ちゃんは、あんなふうに泣いていたっけかなぁ。
一日どれくらい寝ていたのだろう。

毎日会社へ行って、せっせせっせと仕事して
飲んで寝ての毎日。川の字に寝ていたような気もするが、
娘たちの赤ちゃん時代が、まったく思い出せない。

AJCCは、ミッキースワローが、とびぬけて強いかもしれない。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
01.20.2018

まずまずの年明け

2018年、今ひげが伸びています。

年末、山口の実家へ
母親の顔を見に行ったが、
着いたとたん、鼻水だ~らだ~ら。
それが止まらず、
二年振りで風邪をひいてしまった。

世の中のお父さん方もそうでしょうが、
競馬予想家が、つい気が緩む、
緩めることのできるのは暮れと正月。
そこでみんな風邪をひく。

そろそろ東京へ帰ろう。
さて、ひげでも剃ろうか――
あらら、髭剃りが機能してくれないよ。

家から父親がいなくなって3年余、
母親ひとり。
髭剃りも遺物となってしまった。

村には数件あった万事屋も今はなく、
コンビニまで車で15分の過疎の村。
風邪っぴき、ひげボーボーで東京へ。

31日に次女が、初娘を産みオギャー。
大晦日はノンアルコールで
小さく家族で乾杯、
病室で紅白歌合戦をみる。
松田聖子の目がぱちぱちしていた。

1月6~8日開催は、回収率はさておき、
予想的中数などまずまず。
中山金杯、京都金杯、フェアリーSなど
当たり。うれしいな。
シンザン記念は、◎はアーモンドアイ、
しかし相手は無印。

2月号の社台グループの会報誌に、
3歳番付を載せる予定ですが、
アーモンドアイは、やっぱ横綱ですかね?

柏木集保さんと、nekkeibaの収録。
小金井の壱番館で、近親と年明け最初の乾杯。

中京を加えた三場開催になるが、
愛知杯は、よしリカビトスで勝負。
通常の予想のリズムが戻ってきました。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
01.12.2018

謹賀新年

2018年は戌年、ワタクシは年男。

まだ若い30歳前半の頃、歳をとるとだんだんと、
ぼんやりとした人間になってしまうのかなと思っていた。

しかし、吉田照哉さんも吉田勝己さんも、
柏木集保さんや井崎さんや鈴木淑子さんをみていると、
歳をとるごと、賢くなる人間のほうが多い
ということに気が付いた。

忘れる、忘れたいことも多くなるけど(笑)。

春前にはまた北海道へ行き、
そしてクラシックが始まり、
やがて2歳馬がデビューする。

競馬は、なんて新鮮なんだろう。

本年もよろしくお願いします。

丹下日出夫

 

《現在の人気ランキング順位は?》
01.04.2018