会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

やる気満々

 ギャロップのDVDの音入れも、無事終了。

 青本の牧場取材の原稿・約7000字も、火曜日に一気に書き上げる。

 ふふふ。やればできる。

 でもって、明日は産地馬体検査の原稿をいてこまし、金曜日に「丹下の30頭」を入稿したら、すぐそこにゴールが見える。

 谷間の今日は、連載原稿を3本片付け、午後2時に、懸案だった所属先と仮契約。

 何度か折衝したが、こちらの要望もかなり反映されていたし、ありがたいことです。

 正式な発表は、6月1日をもって、世の中にお目見えすることになるが(たぶん)、新しい名刺も刷り上がるんですね(笑)。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.30.2008

グリーンウォッチングVol・36

 まだワッカラン

 ちょっと前のことになるが、4月13日の日曜日。

 新潟在住の、マッカランの一口馬主の東京の友人が、中山に遠征できない友達に代わって、応援してあげたいという。

 なんだかややこしいが(笑)、

 「無職で暇だろう丹下サン。ついでに、パドックで一緒に馬を見ませんか?」

というメールが届いた。

 《追伸》

 「マッカランはモウからん」——なんて、寒い返信メールはお断り。

 その通りに返信するのを見透かされているような気がして、思わずパドックの最前列に立った小心な丹下ですが(笑)、近しい人たちと、ふとオッズ板を見上げると、20分前の単勝は4倍を切るか切らないか。

 一番人気はサクラデイブレイクに譲ったが、ブレイクはいかにもベタ爪で、重適性が微妙だ。

 競馬用語集には、道悪は立った爪がいいとある。

 爪の立った馬は、フットワークが小さい馬が多く、ギリギリの時計勝負では、手足が伸び切れず一本調子になってしまうため、どうしても瞬発力が足りない。

 となると、時計がかかる道悪競馬のほうが、よりチャンスが多いことになるが、だからといって、爪がデッカイ馬も、能力がひとクラスもふたクラスも上だと、苦手でも押し切ってしまうことがあるし、一概に道悪はダメだと決めつけるのもよくない。

 一番簡単な見分け方は、返し馬の際、ピチャピッチャと音を立てる芝が嫌いか否か。

 キャンターに入る、その一瞬から数百メートル進むまでに、道悪が嫌いな馬は、単純に前に進むことを嫌がり、高脚を使ったりして意思表示をする。

 そんなに難しいことではなくて、単純に湿った馬場が気に食わないことを、態度で示しているように思う。

 なんて、雨などどこ吹く風でパドックを周回するマッカランだったが、道悪が嫌いな半兄エフティイカロスとは、どうもタイプが違うようだ。

 3・5倍前後を行きつ戻りつする単勝を眺めながら、近しい人と馬券を買って別れたが、蓋を開けたら、出遅れも委細かまわず、スタスタと2馬身半の完勝。

 2分40秒7と、時計こそ???だが、真っ直ぐとして、いい走りだったなぁ…。

 なんて、年が明けてからだろうか。なんだかグリーンの勝負服が、メインに近い高額条件のレースでも、顔や馬服をのぞかせるシーンを、頻繁に見かけるようになった。

 1勝馬と2勝馬は違うが、3勝以上の馬は実はもっと違う。

 グリーンも、底上げがなったんだなぁと感じる今日この頃ですが、今週の青葉賞に、マッカランの登録がある。

 1勝馬だけに、出走は微妙だが、時計云々以上に、将来性のある馬に思えるのだが…。

 ちなみに先週は、ジュメライムーンが三戦目で未勝利脱出。

 2回東京は、芝コンディションがよく、かなり時計が速いが、1分34秒7なら胸を張れると思うよ。

 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.29.2008

「これも、あのおじさんの仕業か? の巻 第4回」

 昨日のフローラSで、レッドアゲートカレイジャスミンを、ほぼパドックだけで的中させましたが、何か?

 しかも、○=◎の第一本線、ド厚めで的中させましたが、何か?

 ま、週半ばに場末のスナックに行って、お姉ちゃんに「どんなタイプが好みなんですか」と訊かれたから、「来る者はオバマず、サルコジは追わず」と国際政治を絡めて答えてやったら、ドン引きにあったから、神様がチャラにしてくれたのでしょう。

 さて、「十年ひと昔」。1998年の今週は、4月27日(月)〜5月3日(日)でした。

 ●この頃(日にちを失念)、こんな出来事があった。

 まず、『フライデー』。

 マンション分譲の最大手「大京」の前会長・横山修二さんが4〜5年前から競馬にハマり、当時7頭の馬主になっていた。

 しかも、1億円近い高馬ばかりで、この年の皐月賞に出走したクリールサイクロン(7着)も持ち馬。

 それが問題となったのは、大京が、三和銀行からの880億円をはじめ、約1兆円の借金があったからだ。

 もし、大京が破綻すれば、金融パニックが起こり、日本経済はトドメを刺される恐れさえあるというのだった。

 ●この頃(日にちを失念)ニュージーランド競馬で、「タルシーツァン」(TULSY・TSAN)という馬名の牝馬が、レース数時間前になって突然、出走停止を命じられた。

 名前を逆さに読むと(「NASTY・SLUT」)、「ふしだらな女」を意味する隠語だったからだそうだ。

 この牝馬は「ベン・アゲイン」と改名して5日後に復帰した。

 ちなみに、この「NASTY・SLUT」で検索してごらんなさい。

 朝まで楽しめるよ。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.28.2008

府中の洗濯男

 まずいぞ、まずい。

 青本の締め切りが近付いた。

 競馬中継や大リーグなんか見ている場合じゃない。

 朝7時に起きて、原稿を書く態勢を整えたはいいんだが、結局洗濯を5回もして、ぼんやりとして一日を終えてしまった(笑)。

 なんでこんなに洗濯好きになったのか。

 自分でもよくわからんが(笑)、フローラS・アンタレスSの予想は続きをクリックしてね。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.26.2008

バレバレじゃん

 なんだなんだ。あのプロモーションの06は。

 3月のノーザンFの坂路でも、馬は確認したが、改めてそばで見ると、こんなにいい馬だったとは。

 POG雑誌の取材陣は、テレビクルーも含めて5誌以上はいたが、みんな口をアングリ。

 内緒にしておこうかなと思っていたが、即バレバレじゃん(笑)。

 なんて、いい馬というのは、競馬を知らない近所の中学生だって、ひと目で違いがわかる。

 いやいや、いいモンを見させていただきました。

  現在の人気ランキング順位は?  

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.26.2008

疼く

 今日の千歳は、午前10時過ぎから雨でした。

 雨が降ると。雪が降ると。傷が痛む。

 きっと、50歳近くの、老眼友達でないと、傷みはわからないことも多い。

 傷を負った人のことは、世代の違う若い人には、単純に無関心だと思う。

 ワタシにも若い時というのがあって、それよりも若い人を知っている。

 時々、付き合うのが面倒なこともあるが、めんどくせぇ〜〜(笑)。

 今日は、つまらん。

  現在の人気ランキング順位は?  

 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.25.2008

うらうらとした門別あたりの海岸線を、カモメのジョナサンがヒュルリと飛び交う。

 まったくもって、北海道は春である。

 昨日は浦河、今日は静内と、とどこおりなく産地馬体検査も終了。

 三日目の千歳の検査に備えて帰る道すがら、いずみ食堂の(競馬通なら、すぐわかる?)、かしわ茸天そばをワシワシとかき込み、助手席でウツらウツら。

 なんて言うと、まったく楽な仕事しやがってと思う向きもあるかもしれんが、今朝は5時起きで山田ステーブルを強襲して、朝飯前のひと仕事。

 ふふふ。函館2歳Sをギュイーンとブチ抜く馬を見つけちゃったもんね。

 浦河でも、手ごたえのある馬を3頭ばかり見つけた(実は産地馬体検査には出ていなかったりして)。

 明日から社台グループの産地馬体があるというのに、なんだかんだで、もう50頭近くの馬を、すぐにもリストアップ可能となったが、詳しくは青本を見てください。

  現在の人気ランキング順位は?  

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.23.2008

「武豊の親類が詐欺!?の巻 第3回」

 1998年の4月の第3週は、4月20日(月)〜26日(日)でした。

 2008年の今年は、フローラS(東京)とアンタレスS(京都)と福島牝馬S(福島)が控えていますが、当時は、NZT4歳S(東京)、シルクロードS(京都)、そして、新潟開催がスタートしました。

 ●20日(月)には、とんでもない詐欺事件が発覚しました。

 警視庁赤坂署は19日「武豊騎手の親類である武宏平調教師になりすました男」を逮捕した。

 武宏平調教師は、ユタカの父・武邦彦調教師のいとこに当たる。

 「武宏平」という名刺まで作り、「メジロサイレンス」などと架空の馬名をでっちあげたり、「ユタカが騎乗するから、必ず勝つ」などと信用させて、「馬券を買って、後日、持ってきてあげるから、2万〜5万円ちょうだい」と言って、小銭を詐欺っていたのだ。

 エリアは銀座・赤坂・北海道・京都など各地のスナック。

 開店前後の客がまばらな時間帯を狙って現れるのが手口で、前年から40〜50人に詐欺を働いていた。

 この男、武調教師の兄弟が北海道で経営する牧場で働いていた経験もあったそうだ。

 とは言え、よくぞここまで引っ掛かったものだ。

 その頃のスナックって、そんなに儲かっていなかったのかなぁ。

 武宏平調教師の自宅には、100件以上の苦情が相次いだという。

 金目当てで、騙されて、人の責任にするなんて、そんな人には競馬をやる資格はない。

  現在の人気ランキング順位は?  

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.21.2008

大根予想家を袈裟掛け

 仕事をサボって、「ペ」さんの韓国大河ドラマ“太王四神起”、全24巻を観てしまった。

  2008041901.jpg

  2008041902.jpg

 うむむ。どうしましょうたら、どうしましょう。

 焦りに焦り、眠っているつもりでも、頭の中では懸命に原稿を書いているんですけどね。

 小説家だか漫画家サンが、仕事をすっ飛ばして逃亡するのは、たぶん、こんな時なんでしょう(笑)。

 高橋源一郎先生、手塚治虫先生。

 編集者を上手く撒く方法があったら、ぜひ教えてください。

 あ。そうだ。月曜日から北海道へ行くんだったよな。

 確か北海道は、山だの谷だのがあって、千歳から門に入る前と、静内をすぎたあたりで、ケータイが通じなくなるんですよね。

 そういうワケで、編集者諸君。電話しても、急に消息不明になることがあるかもしれないので、あしからず(笑)。

  現在の人気ランキング順位は?   

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.19.2008

cats and dogs

 ヤンキースの松井。昨日の激走の影響か。金曜日はベンチスタート。

 うーん。そういえば、8回裏に敬遠で代走を送られたとき、心なしか片方の足を引きづっていたような…。

 でもって、松井のいない今日のヤンキースは、ベケットに手も足も出ず。早々にテレビを離れたが、仕事がはかどっていいかも(笑)。

 でも、土曜日は松坂が先発予定なんだよね。

 午前中は仕事どころじゃないだろう。大リーグがあるのも、よしあしだよなぁ…。

 なんて、夜来の雨と風に、我が家の小心な駄犬が、「ここ降るなワンワン」と、一日中やかましい。

 高校一年の時の、英語のグラマーの時間で、大雨が降ることを、

 「It rains cats and dogs」

と、決してグラマーとはいえない女教師から習った覚えがあるが、スペル合ってる?(笑)。

  現在の人気ランキング順位は?   

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.18.2008

「さいてーの桜花賞」

 トールポピーオディールポルトフィーノ

 長くPOGをやってきたが、GⅠレースにこれだけ有力馬を複数出すのは珍しい。

 しかも、他の出走馬のなかに、持たれている馬はほとんどいない。

 いても人気薄ばかり。

 こんなシチュエーションで迎えるレースは今までにあったか。

 あるわけがない。

 最高の桜花賞だ。

  

現在の人気ランキング順位は?  

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.17.2008

神経質すぎてもいけない

 そうか、10年前は、木曜日に枠順が発表されるようになっていたのか。

 確か本紙担当(分担制)となった最初の年は、前年の夏のローカルの福島開催からだったような気がする。

 クリキントンの指摘通り、伝馬の前日までに、1レースの未勝利戦から、◎○▲から△の1番から2番という順番で、除外を想定して、多いときは12個くらい△をつけ、金曜もしくは土曜朝。伝馬が発表となる、午前10時に合わせ、9時すぎから会社に待機。

 現場から、「あの馬が想定に入った。いや、3レースに回って、乗り役は誰それ」云々の電話を編集者が受け取り、会社に詰めている予想陣に発表する。

 伝馬発表の10時直前。わずかな時間帯だが、各レースごとに除外馬が決定。

 その一瞬の間隙を突いて、自分の打った印の順番を読み取り、ときには少し印を動かしたりもしたが、大概は前日までに決めた順番通りで、作業は大変だったが、みなさんが思うほど神経質ではなかったように思う。

 つまり、予想とは、基本的に最初に能力ありき。

 もちろん、クリキントンのいう展開も大事。

 例えば中山の1200ダートなら、最内よりは外がいいに決まっているが、ポイントとなる能力(血統・調教・距離・芝ダート適性の見極めを含む)を読めなくては、展開も枠順もない。

 個体能力の見極めがブレると、結局一日12レースの予想が成り立たない。

 データ処理や各馬の能力を把握する、一日一日の積み重ねがあって初めて、予想が成り立つワケです。

 もちろん、たまには展開で予想も打つが、「展開重視の予想(この場合“偏重”?)」という考え方は、どうなんでしょうね。

 トータルしてみれば、能力重視のほうが、いい結果が出る(たぶん)。

 ま、ジタバタしてもいいことはない(笑)。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.15.2008

「今村騎手、超難産の巻 第2回」

 たった1回で、好評連載となった「あのとき、丹下は?」の第2回は、1998年4月の第3週。4月13日(月)〜19日(日)までとなります。

 ●週半ばの15日に、「この秋から、木曜日に出馬投票が行われる」との発表があった。

 これまで、出走馬・除外馬の確定は金曜日に行われていたが、除外ラッシュの傾向にあり、その対策をとったのである。

 マスコミ側としても、これはありがたかった。

 当時、新聞社は、金曜日の朝に出走馬が確定するや、紙面を刷り始め、何とか昼前までに店頭に並べるという力仕事を強いられていたからだ。

 予想家もそうだ。

 丹下たちは、木曜日中に「想定された出走予定馬」で予想をしていた。

 ◎から順番に、1,2,3……と番号を振って、10頭前後は考えておかなければならない。

 翌朝、予想した馬に除外がいなければ、1が◎、2が○、3が▲、4が△1番手……とすんなりいく。

 しかし、1と3と5が除外になれば、2が◎、4が○、6が▲、7が△1番手……というように、順繰りに格上げしていく。

 こうして、◎から△3〜4頭までに収まることになる。

 ここで、問題が起きていた。

 単純に、上から順番に予想を繰り上げていいのか、という問題である。

 とくに、「展開重視」の予想家は悩んだ。

 1を「逃げ馬」とし、それが除外になったとする。

 2は、1が逃げるという前提に立っての2であるのだから、逃げ馬が除外になって、2を◎にすることはできない。

 金曜日の朝に、改めて、予想を組み直さなければいけないのだ。

 だが、そんな時間はない。

 かくして、二律背反に陥るのだ。

 そういうわけで、この「木曜日確定」は以前から望まれていた対策であった。

 これにより、その秋からは、格段と的中率は上がった(はず)。

 印刷所も、ゆっくりと仕事ができるようになった。

 めでたし、めでたし。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.14.2008

なのに貴方は大阪へ行くの

 あらら。ポルトフィーノが、桜花賞の出走を取り消しちゃったよ。

 「なんか、ワケありみたいな情報が流れているみたいですけど、明日の日曜日は家族を伴って、桜花賞のポルトフィーノを応援してきます」

と、当ブログの管理人は、意気揚々と西へと旅立ったハズだが、生意気にもポルトフィーノの一口馬主だったりする。

 高校・大学に就職と、超エリートコースを歩んできた管理人と、たぶん正反対の道を歩んできただろう、山田乗男のほくそ笑みが目に浮かぶようだが、気を取り直して今宵は、子供を寝かせたあと、奥さんと二人でポルノフィルムでも見て、うっぷんを晴らしてくれ。

 でもって、遅咲きの子供でもできたら、「姥桜」とでも命名しなさい(笑)。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.12.2008

「買いたい馬がいないよ」

 なんか10年前の桜花賞の印がどうとやら、とかいう話になっているようですね。

 ちなみに10年前の私の予想は覚えていません。

 なにせ的中しなかったレースはすぐ忘れるもので。

 ちなみに当たった桜花賞の思い出は、初めて当たった桜花賞、1着ブロケード、2着テンモンのとき。

 ブロケードは3戦3勝でトライアルも圧勝。

 テンモンは牝馬ながら朝日杯、京成杯で牡馬を蹴散らした女傑。

 ここはクイーンC3着後でしたが、2度続けて無様なレースをするような器じゃないとみて狙いましてね。

 この2頭が抜けているから1点しか買えないと勝負したら、確か1000円以上ついたような。

 おいしい馬券でした。

     現在の人気ランキング順位は?

 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.12.2008

思いでボロボロ

 「10年前の桜花賞の、丹下の印は何だったのか」

  栗岩NEW太郎クンは、昨日のブログで、そう投げかけてきたが、実はこの次は原稿をキチンと丹下が書けよという、無言のプレッシャーではあるまいか。

  どうせなら、暇でネタの少ない、山田OLD乗男に振ってもらいたかったが(笑)、ワタシは2着のロンドンブリッジか、ロッチラヴウィンクに本命を打ったような気がする(よく覚えていない)。

 当時はクリキントンの指摘通り、ワタシは本紙担当ではない。

 チビ予想のお気楽なコラムニストだったハズだが、ロンドンブリッジに◎というのなら、

 「ロンドン〜ロンドン。ゆかいなロンドン」(キャバレーのCM。知らねえか)という見出しを打ちたいがためだけの、本命だったかもしれない。

 なんて、その桜花賞には、エアデジャヴーにエイダイクインにラティール。ワタシのPOG出走馬はアマートベンで、10ウン着に惨敗(笑)。

 でも、今思うと個性派牝馬が多かったし、繁殖牝馬として脂の乗り切った現在。再びPOGで、その仔どもたちを指名している自分がいたりする。 

     現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.11.2008

「新連載! あのとき、丹下は? 第1回」

 1958年生まれの丹下は、この秋、50歳の節目を迎えます。

 これを記念して、「Mr.TANGE 50th Anniversary」企画を開催します。

 「十年ひと昔」と申しますから、ちょうど10年前の1998年4月は、丹下39歳です。

 バリバリの中堅予想家ということになしましょう。まだ、本紙担当ではなかったのかな?

 わたしは、フリーライターになって3年目に突入した時期です。

 その頃の競馬界には、どんなことがあったのでしょう。

 そんなことを、つらつらと書き綴っていきたいと思います。

     現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.10.2008

「金ピカ管理人より、ご報告」

 拝啓。

 桜花賞を来週に控え、春の清々しい陽気になってまいりました。

 読者諸兄姉様におかれましては、ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 本ブログ『丹下の懺悔』もこの3月をもちまして、3年目に入ることとなりました。

 ここまで続けて来られましたのも、ひとえに皆さまのお陰と、あつく御礼申し上げます。

 わたくし、「金ピカ管理人」より、ご報告がございます。

 先般、スタッフライターの栗岩太郎氏より、「ブログを書く自信がない」との申し出がありました。

 皆さまもお察しのとおり、彼は、これまでも再三にわたりサボタージュを繰り返してまいりました。

 しかしながら、その内容たるや、主筆の丹下日出夫をして

「栗ちゃん、オレより面白い原稿を書きやがって」

と、お墨付きをいただいております。

 わたくしも、内容ウンヌンは別にして、競馬に対する熱い思いは認めております。

 さっそく彼に会い、その理由を問いただしました。

 「金か? 金ならオメエの欲しいだけくれてやるぞ」。

 わたくし、超難関高校・超有名大学と階級的エリートコース一筋で歩んでまいりまして、言わば「一流の人間の周りには、一流の人間が集まる」ということを肌で感じておりましたので、このような拝金主義者に出会うとは思ってもいなかったのです。

 ですから、金で釣れば、チーズで釣られた卑しいネズミのように「チュウチュウ」と前言を翻すと思ったわけでございます。

 札束で頬げたを叩く。

 そのようにして、いまの地位を築いてきたのでありますから。

 ところが、何と下階級庶民とは恐ろしいものでしょう。

 意地だけは一流なのです。

 「金じゃない」と言い張る。

 自分の辞書に「素直」という言葉を持ち合わせない人間には、ほとほと疲れます。

 その点におきましては、主筆の丹……、いや、皆まで言うのは止めておきましょう。

 「じゃ、何だ? 金じゃねぇと言うのなら、女か」。

 金じゃなければ、女。何と論理的な展開でありましょうか。

 凡百の下階級庶民は、ほぼ100%、この論理に叶っております。

 わたくし、超優良企業に勤めておりまして、その職務としまして、地上げ・金脈発掘・マネーロンダリング・ノミ屋・少女売春・接待麻雀・恐喝・馬券偽造……など、帝王学を学んでまいりました。

 そのわたくしの経験から、相手の心を萎えさせる手段として、「一にお金、二に女、三四がなくて、五にお酒」という法則を編み出しましたのでございます。

 またまた、ところが、愚民とは何と奇怪なものなのでしょう。

 この栗岩なる者、「金は売るほどある、女は捨てるほどいる、酒は腐るほどある」とほざくのです。

 一瞬、目の前がクラッとしました。

 わが家には、6代前の祖先が当時フランスにてナポレオンより献上された辞書が、代々受け継がれております。

 この辞書には「不可能」の文字は載っていません。

 幼少時よりフランス語を日常会話にしておりましたから、わたくしも、「不可能」という概念を知らずに生きてきたわけであります。

 それが、この忌々しい男のために、思いがけなく知ることとなりました。

 そうなると、恥ずかしながらお手上げです。

 「金・女・酒」だけで突っ走ってきたわたくしのエリート人生を、根本からくつがえされてしまったわけでございます。

     現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.06.2008

来たかチョウサン

 ニシノエモーションが、勝ったなぁ〜。

 とりあえず、中団からの差しで抜け出してきたけど、やっぱりゴール前は手前の代え方が怪しかったなぁ〜(笑)。 

 でも、2分14秒1は、仮柵をとったばかりにしても、けっこう速い。

 左回りのほうがいいだろうし、ダービーまで、もう一回楽しめるかもしれない(青葉賞か)。

 でもって、松井が1号ホームラン。ドジャースの黒田は、あんなにいい投手だったんだと、改めて驚嘆(楽天のマー君は惜敗)。

 そうだ。松井といえば、松井と近しい伊集院サンの、週刊大衆の担当サンが、

「先週の高松宮記念の、丹下サンの予想を見忘れちゃったんですけど、ドカンと当たっていたんですね。月曜日にブログをチェックして気が付きました。残念」だって。

 そうか。大阪杯だけなんてケチなこと言わず、ダービー卿もキチンと予想したんだから、この際公開しておきますか。

     現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.06.2008

ニートもいいな

 「暇そうなので本を送っておきます」

というメールが、KKベストセラーズの書籍担当のカバ西から打電。

 ふうん。この丹下の懺悔を、とりあえず読んでいるとみえる。

 しかし、野村監督の“敵は我に在り”と、“本日の森下悠里(DVD付きよん)”とは、いったいどういうセンスをしているのだろう。

  2008040501.JPG 

 「パパをニートにしようとしているのかも。その素質は十分ありそう」

と、春休みも終わろうとしているのに、一歩も家から出ないで、世界史と漢文に熱中しているオタク(子フグ1号)に言われたくないが(笑)、山田乗男の思惑どおり、負け組になりつつあるのか?。

 なんて、実はパパも、家でゴロゴロしているのが一番好きなんだよね。

 仕事か用事でもなきゃ、どこにも行きたくない(温泉か牧場なら行ってもいいけど)。

 今朝だって、8時からヤンキース。競馬中継を横目で見ながら、11時からはドジャースは黒田が先発。14時からは、楽天イーグルスのデイゲームがある。

 なんて幸せな一日なんでしょう。

 ちなみに、昨日の夜は、春のGⅠシリーズの決起集会と称して、週刊大衆の編集長たちと(毎年、皐月賞など、関東のGⅠの記事を担当している)、赤坂でドンチャカ。

 担当者もブログを読んでいるらしく、双葉社刊行の、伊集院静サンの“なんでもありか”を一冊携えてきてくれた。

  2008040502.JPG

 西原理恵子サンと伊集院サンの座談会には、ゲストとして武豊サンも登場。

 メンバー、濃い(笑)。

 おっと。遊んでばかりいないで、さて馬券。 

     現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
04.05.2008