会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

うーん

 改めて。凄いなぁ、内田。

 直線入り口で一閃した、腰とアブミの移動と、連動したムチの使い方は、ファロンやデットーリを思った。

 以後、内田がGⅠに出てきたら、どんな馬でも白サンカクをつけようと、シミジミ思った宝塚記念でした。

 予想、ハズれ。

 コメントなし(笑)。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.29.2008

明日はどっちだ

 星占いで、連日“凶”に近い印が並んでいる。

 そういえば、今週は交渉事が多い週だったが、なんかシックリこない感じだったし。

 同じ天秤座の栗岩太郎や夕刊フジのS子は、どんな日々を送っているのだろう。

 ワタシより不幸だったら、なんか嬉しいが、転んだとか。またフラれたりとかしてない?(笑)

 なんて、マリナーズのイチローが、

 「朝星占いを見て、自分を縛るなんてバカバカしい」と、言っていたが、真っ直ぐに生きよう。

 と思ったら、函館の新馬でローズバンクが惨敗。

 パドックをみたときは、個人的にはガッツポーズを握ったのになぁ。

 藤岡クン。先週のシンフォニーライツといい、なんか消極的じゃない?

 というワケで、明日は宝塚記念。

 予想のアレコレは続きをクリックしてね。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.28.2008

急がば回れ

 《丹下の懺悔 マドンナ大募集

 来年のダービーまで、月に2〜4回程度、当ブログに原稿を書いていただける女性の方を募集中。

 年齢不問。

 美醜・体型、栗岩太郎山田乗男は注文あり(らしい)。

 報酬はないス(笑)。

 でも、競馬場へのエスコート。

 月に1回以上、栗岩太郎クンたちの肝いりで、どこぞでドンチャカの宴会タダ(望めば二次会・三次会ではカラオケつき)。

 要は、CLUB・KEIBAの一環として、新しい競馬との出会いやドンチャカを求めて、競馬を楽しもうよという企画です。

 自己アピールは、当ブログのメール(japancup@tangenozange.com)にロヨピク。

 

 この企画をブログに張り出したら、急に栗岩太郎クンと連絡がとれにくくなった。

 日頃女の人に縁のないクリちゃんゆえ、この大胆な計画に、ブルブルと身をかがめて震えているのかもしれない。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.26.2008

メイク・マドンナ

 マドンナが佐藤浩市サンたちと連れ立って、夏のローカルに旅立った。

 新馬戦は“メイクデビュー”ですか。なかなかいいネーミングだと思うが、栗岩太郎サンだけは、

 「メイクなんちゃらというと、“メイクラヴ”、もしくは“イメクラ”という言葉を思い浮かべるのは私だけでしょうか」と、黒眼鏡の奥でポッと頬を染める。

 なんて、その昔、ホースニュース馬社は、JCのときJRAから委託を受け、外国人向けに英字新聞を刷っていたが、新馬戦の表記は、“NewCommer”だったが、さて。

 2008062401.jpg 2008062402.jpg

 おっと、月曜日は新馬回顧の原稿を入稿したが、シンフォニーライツは、マスコミが煽りすぎかなぁ…。

 青本に写真を掲載したが、個人的にはバイラオーラと同レベルの、中の上くらいの評価だったんですけどね。

 夕方は吉祥寺で、山田乗男と最強の法則の座談会。

 乗男クンのパソコンがナンマイダしてしまい、ブログに原稿が書けないという。

 管理人のHサン。エロサイトを隠してある、中古のパソコンでいいから、乗男にくれてやってください。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.24.2008

風転のヒデさん

 双葉社のAサンから送られてきた、エロ小説読破も少し飽きたので(笑)、方向性をちょっと改め、花村萬月サンの“風転”にスイッチ。

  2008062101.jpg.JPG

 上中下の三巻に渡る大作だが、あっという間にページが進んでしまった。

 花村サンは、ワタシより3つ年上なんですけど、同じ吉祥寺近辺をフィールドとして、バイクという共通項を柱に暴れ回っていたこともあって、ごくごく近いところですれ違っていたような気がする。

 なんて、花村サンの小説を娘たちが読むことは、ほぼ考えにくい。

 だからといって、読み捨て本棚の埃をかぶるのももったいない。

 そうだ。木曜日の夜、新橋に出向く用があって、PRCのSサンと一杯やる。

 あそこんちには、浪人のボーヤがいたハズだ。

 たくましく生きるためにも、ぜひ花村サンの本を読むがいい(ワタシだって、高校生のころ、大藪晴彦サンの小説を、片っぱしから読みふけったこともあったしな)。

 しかし、セックスと暴力描写の嵐だからな(笑)。

 「親殺しというテーマが危ないので、とりあえずボクが先に読むことにしよう」と、Aサン。

 アンタの息子を信じなさい(笑)。

 なんて、今週から夏のローカル。

 “netkeiba”で、「POG大魔王の新馬注目馬」というコラムも始まったが(金日夕方更新)、マーメイドSの予想のアレコレは、続きをクリックしてね。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.21.2008

関東限定POG要員

 ドラフトも佳境に入り、山田乗男は、毎日のように嬉々として会場を飛び回っているみたいですね。

 幸せそうだなぁ。

 呑気でいいなぁ。

 で、明日からまた、グチが始まるのか?(笑)

 なんて、一回前のコラムで、今年の丹下のドラフト勝負馬をリストアップしましたが、おっと、そうだ。関東限定のPOGリストもできています。

 ただ、あまり自信はありません。

 怖いもの見たさの勇気のある方。

 続きをクリックしてね。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.18.2008

パ〜でんねん

 土曜・日曜と、週末はやたら競馬場を歩き回っていたような気がするが、歩くと腹痛にいいんですよね。

 うふふ。下痢オカマの栗岩太郎サンにも教えてあげようと思っていたら、おっとエプソムCのパドックで、黒メガネで顔立ちは地味なのに、スカっと青空に映えるオレンジ色のシャツを着た太郎サンを発見。

 中腰で双眼鏡を構える姿勢が、相変わらず覗きっぽくて怪しいな(笑)。

 それはともかく、チミのパドックの結論は何なのよ?

 「ヒカルオオゾラが抜けていますね。でもって、次はサンライズマックスでしょう」と、この二頭を買わないヤツは、アホな丹下日出夫くらいといわんばかりに、鼻息フゴフゴ。

 おお。クリちゃんの言うとおり、その二頭でワンツー・フィニッシュ。

 トーホウアランを軸に据えていたワタクシは、呆けた顔で帰途につくしかなかった。

 でも、今日はドラフト会議があるんだよね。

 クリちゃんは、その集まりの第一回で大敗を喫し、漏れる漏れるとお尻をさすりながら、ソッコーで脱会したのだが、とりあえずみんな顔馴染み。

 エプソムCで大儲けしたらしいし、野次馬として傍で酒でも飲んでれば?

 奮発して北京ダックも姿形のまま、丸々二羽あるよん。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.16.2008

「ナリタブライアン腸閉塞の巻 第8回」

 最近、丹下ほどではないけど、腹下りが頻繁なんですね。

 べつに、今に始まったことではないけど、気がふさぐんです。

 そういえば、大学時代、ボクは文学部の日本文学科だったんですけど、ここの学部棟の便所は臭かった覚えがあります。

 ボクを含めて、みんな、国の行く末を考えたり、人生を深く哲学したり、人間とは何か、などと一生懸命に思索に耽っていたから、お腹も痛くなるのでしょう。

 それに比べて、経済学部とか経営学部の棟の便所なんて、匂い自体がなかった。

 みんな、その日の合コンの打ち合わせや、週末のデートの予定とか、ナンパの話しかしていないから、腹が下るなどという人間の根源的な悩みを持っていないのでしょう。

 こうして人間的な成長をおさめたボクですが、ここにきて、また痛くなったのです。

 気持ちの問題かな、最近、やる気もないし、と反省していたのですが、先日「ためしてガッテン」を見ていたら、どうも、「甲状腺ホルモンのバランスが悪い」という症状と一致したのです。

 でもね、甲状腺ホルモンの症状ってのは、えてして、女性に多い症状なんだそうです。

 ということは、ボクは本質的に女性っていうことなのかしら。

 アラ、いやだ。

 というわけで、10年前の夏開催スタート週は、1998年6月15日(月)〜21日(日)でした。

  現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.15.2008

腹黒懐石

 近しい腹黒馬主サンたちが、日高のトレーニングセールで二頭ほど馬を買ったらしい。

 浦和デビューも決まり、能力試験も無事突破。7月一週目に新馬に下すというので、前祝いと皮算用を兼ね、目黒の“花家”へ突撃。

 この“花家”は、JRAの顧問も務める、牧太郎サンも絶賛する河豚割烹なんですけど(清水成駿サンも来店したことがあるという)、大将はワタシと同い年。

 その風貌は、高校時代ワタシと仲の良かった、チョイ不良の悪徳歯科医のTにソックリで、最初からミョーに親近感を感じていたんですけど、店がハネたあとも、二軒三軒。

 大酔っぱでの帰宅となったが(笑)、美味い料理と酒と会話を楽しむと、翌日は意外とスッキリしているもんですね。

 ちなみに“花家”は、ネットで検索しても、ちょこっとしか出ていない、ぶっきらぼうなお店ですが、一度足を運ぶと、やみつきになるよ。

 暇な人は、住所を頼りに探してみてください。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.13.2008

ダービーの夜から

 ブログにメールをいただきました。

 ダービーの夜、ドンチャカした際にナンパした夫妻からのお手紙です。

 《丹下様

 こんにちは。

 ダービー後、なぜか新曲をご披露いただいた競馬チームのものです。

 うちの旦那が酔って失礼な替え歌を歌っておりましたが、持って帰るのが大変なほど泥酔していました。お許しください。

 さて昨日は、社台の人にいただいた勝守を胸に大井競馬場“東京ダービー”に行って参りましたが、これまたこちらもぜんぜん駄目でございました。

 競馬は難しいですね。

 また府中か中山で偶然お会いすることがあれば挨拶させていただきます(^_-)-☆

 テレサテン

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.10.2008

ウオッカで悪酔い

 うほほ〜い。

 安田記念は、どっからどう見てもウオッカじゃ。

 蕎麦屋のグッドおばばと若旦那。でもって、競馬を始めて3か月の某IT企業のシャチョーさんだって、即わかるくらい、パドックでのウオッカの造りが抜けている。

 「んじゃあ、オイラはウオッカの単勝買ってくるから」と、馬券売り場に急いだはいいが、あれれ。

 尻ポケットに突っ込んでおいた、競馬新聞がないぞ。

 ウオッカって、何番?

 シコシコとマークシートに番号を塗っていたオジサンの新聞をチラリと覗き込んだが、すんごく嫌な顔をされた。

 確か7番あたりだったような気がして、何も考えず、お気楽に販売機に突っ込んだが、まあいいか。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.09.2008

グッドババじゃ

 6月の宝塚記念あたりをメドに、予想ギョーカイに復帰しようかと考えていますが、さて2月に新聞が休刊となって以来、まともに予想に接したのはGⅠくらい。

 片手間の予想は、やっぱり当たらないもんですね。

 来週から、木曜日の夜から、1レースから丁寧にシュミレーションしてみようと思っているが、予想媒体等々の告知は、もう一週間ほど待ってね。

 なんて、今週は安田記念。

 前売りをみると、どうも香港勢の人気が薄めだ。

 スーパーホーネットやウオッカに次ぐ、3〜6番人気で、意外にオッズも高め。

 これは美味しい馬券になるかもしれない。

 というワケで、予想のアレコレは続きをクリックしてね。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.07.2008

売れてるみたい

 なんとなんと。八重洲ブックセンターの、ベストセラーを検索していたら、5月25〜5月31日までの、スポーツ部門の単行本の売り上げが、青本がトップだった。

 毎年、八重洲ブックセンターでは売上がよかったけど、1位はなかったんじゃないかなぁ。

 ついでに紀伊国屋書店の梅田店でも、総合部門でも22位にランクイン(新宿は50位圏外)。

 関西では丹下日出夫の知名度はイマイチだけに、ちょっとビックリしたが、発売日が遅かったわりに、ソコソコの結果が出て、みんなホッとしているかもしれない。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.05.2008

宅急便

 宅急便で、山口の田舎から玉ねぎとジャガイモの詰め合わせ。

 そして、双葉社のAサンから、エロ小説の詰め合わせを同時に受け取った。

 2008060401.JPG

 取りあわせの妙に、宅急便のオジさんも、受け取る側のワタクシも、お互い顔を見合せながらの対応となったが(笑)、清々しい6月初旬のある日である。

 最近は、努めて午前中に仕事をすますことにしているので、午後からはヒマっす。

 本を送ってもらうと、すごくありがたい。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.04.2008

朝だ朝だよ POGの朝がきた

 ダービー前夜。このブログの管理人でもある、F通のHクンと新宿で内緒話。

 POG出走馬はいないが、一つ馬券で大儲けしてやろうじゃないか。

 しかし、ディープスカイは大丈夫のような気がするが、相手が定まらない。

 いっそのこと、単勝でドカンと行こうかとも思ったが、のめり込むだけの情熱が湧いてこないんだよなぁ…。

 ウダウダと、横丁の焼鳥屋でPOG談義をして、久しぶりに新宿2丁目のオカマバー“いれーぬ”に激突。

 60歳になる、ババアオカマ二人は、相変わらず元気で、ノンケなヤングがひょろひょろ舞い込んできたら、いつでも襲ってやるかんね——てきに、鋭い眼光を飛ばしていた。

 でも、一度もワタシを襲うと思ったりしないのは何故なのか。

 20年近く通って、それだけが疑問だが、まあいいか(笑)。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
06.02.2008

投了?

 山田乗男は、先のオークス時に、POGの投了宣言をしたが、あらら。実はワタシも、そうだったりして(笑)。

 ベルモントSのカジノドライヴはいるが、久しぶりに出走馬が一頭もいないダービーとなったが、キャプテントゥーレが皐月賞を勝ったから、まあいいか。

 POG馬がいないからというワケでもないが、ここ数年。先週のオークスにも感じたが、年ごとにダービーに対するモチベーションみたいなものが、落ちてきているような気がする。

 ワタシは大人ですから。山田乗男みたいに、盛り下げたりはしないものの(笑)、予想や馬券に立ち向かうためには、気力を振り絞ることを余儀なくされる。

 馬券ファンの心持にも、どこか共通したところがあるのだろうか。

 「それはね。最近の競馬は、“妄想”の入り込むレースが少なくなったためだよ。騎手がプロなら、馬券を買う側だってプロっぽくありたい。プロであるためには、いかにレースを勝つ手だてを考えるか。その両者の想いの融合があって初めて、馬券も競馬も達成感が生まれるんだよね」。

 競馬風俗研究家の立川末広が、エラそうにホザいていたが、そういうアナタ。ダービーに来なくなって、何年になるのよ(笑)。

 なんて、ディープスカイといえば、山田Sの髭オジサンもピクピク。

 モンテクリスエスの下河辺牧場も、目を血走らせているに違いない。

 タケミカヅチの、ひと口馬主も、大枚を握りしめてダービーでショーブショーブ。

 いろんなことを、受け止めてあげなくっちゃ。

 というワケで、ダービーのアレコレは続きをクリックしてね。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
05.31.2008

グリーンウォッチングVol・37

 ダービー・ウィークこそ、グリーン愛馬会所属馬の出走は少なかったが、年明けからのグリーンの稼働率が、かなり高い。

 東京競馬場でも、以前パーティーで会った人たちが、一喜一憂している様子を、いく度となく見かけるし、河野代表もパドックや検量室前をアチコチ走り回っている(笑)。

 さて、そのダービーには間に合わなかったものの、募集時でも相当人気を集めたミルシャイナーの初勝利は、内容も時計的も、さすが血統馬を思わせた。

 デビュー戦は、東京の1400m。折からの雨で、馬場は重。1分25秒3と、走破タイムは目立たなかったものの、大外から、一完歩ごとに末を伸ばしての3着。能力の在り処は見て取れたが、一度使って馬体減りはないか。良馬場・1800mの距離延長に、果たしてどう対応できるか。まだ課題は残っていたように思う。

 案の定、好スタートを切ったはいいが、短距離ベースの競馬を使ったことで、バックストレッチでは、1000m通過が59秒7の平均ペースだというのに、若干気負いも目立った。

 抜群の手ごたえで直線入り口に差し掛かったものの、最後は詰めが甘くなるのではと、ハラハラもしたが、残り1F標識で、もう一度グイと脚を伸ばし、終わってみれば、後続に2馬身近い完勝。最後のひと踏ん張りと、1800mへの対処は、デビュー戦で我慢を覚えさせたからこそだったか。

 1分47秒8とタイムも評価できるが、マイル通過は1分35秒4。将来的には、距離を延ばす形かマイラーとするか。ここらあたりの選択肢は、楽しい悩みとして、ただ496キロという体重にしては、まだトモが尖っている。忙しい小回りコースと右回りが、これからの宿題になるのかもしれない。

 なんて、4月末に、北海道の産地馬体検査に立ち会うことができ、クラブの供給先でもある社台グループ生産馬もたくさん目にしたが、社台F生産馬は、厚さ20センチのダートをメインに馬を鍛えているだけあって、育成の早いチームは、総じて胸前および尻回りが強靭。

 対する坂路主体のノーザンFの調教馬は、贅肉のないしなやかな馬体が特徴的。空港育成馬は、この二つの牧場とは、また微妙にサシ加減が異なり、三者三様の仕上げで世に登場することになるが、募集馬選びは、最終的には個人的な好き嫌いということになるんだろうなぁ…。

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
05.31.2008

げに、すさまじきは

 ダービーの前の、静かな雨が降っています。

 どうやら、どの陣営も追い切りを終え、

 「さあ、日曜日」と、それぞれに意を決し、天を見上げていることでしょう。

 水曜日の追い切りの感触からは、これまで考えてきた予想上位馬は、まずまず上手くいっているような気がしています。

 あとは、△の配列が微妙で、良馬場ならタケミカヅチと、皐月で本命に打ったショウナンアルバ(一度打った限りは、やっぱり印は打つ)。

 雨ならレインボーペガサスとサクセスブロッケン。これに、ブラックシェルとモンテクルスエスを、どう組み合わせるか。

 オークスは牝馬だけに、調教重視ということもないんですが、使い込んでいるのが不安な馬が多いとはいえ、やはり牡馬のダービーは、なるべく最終追い切りも満足できるような数字を出してほしいもんです。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
05.29.2008

スッパイ続き

 オークスのパドックで、井上オークスさんと、ばったり出会った。

 渋谷のエクウスでのトークショーでは、確か彼女の本命はムードインディゴだったと思ったが、彼女の◎だけでなく、リトルアマポーラもソーマジックも、ワタシの本命であるレッドアゲートも、みんな身体が細くなって、有力どころが危なそうに感じる。

 6Fに駈け上がり、もう一度上から全体を見渡したが、感触のいいのは、

 「馬体が回復するとは思えない」と記した、トールポピーである。

 ついでにスペルバインドまで、よく見えたりして、ちょっとパニックに陥ってしまったが、近しいノン気者の、馬券好きの馬主サンの奥さんが、

 「丹ちゃん。なんか、人気馬は、みんなダメじゃない?私、今年のオークスは、馬券を買う気がなくなっちゃった。だから、自分の目でよく見えた、1枠のハートオブクィーンから、ちょこっと流し馬券でも買って遊ぶことにしたのよ」。

 お金持ちというのは、お金を持っているぶん、普通の人より却ってカンが働くのかもしれないなぁと、ミョーに感心したりしたが(笑)、かくいうワタシも、本命のレッドアゲートはともかく、返し馬でもう一度確認しても、どう考えてもトールポピーが、よく見える。

 でもな。専門紙の本紙予想担当は今は昔とはいえど、このブログでも印を上程している。

 トールポピーからドカンとショーブしたりしたら、きっとヒンシュクものだろう。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
05.28.2008

「てんびん座のAB型ジョッキーの巻 第7回」

 まず、丹下の悩みにお答えしよう。

 「高松宮杯」が「記念」に変更されたのは、ちょうど1998年からである。

 なぜ、改称されたのか。

 それは、95年にさかのぼる。

 95年9月、競輪・競艇の「宮杯」をめぐり、「主催自治体などが、高松宮家と三笠宮家に、多額の謝礼金を渡していた」という問題が発覚したのだ。

 宮内庁が、これを「皇室経済法」に対する違法と認めた。

 そして、総額1億4475万円を返還することになった。

 このいきさつから、1997年、宮家より「高松宮杯という名称を使わないように」との申し入れがあった。

 競馬には直接的な関係はなかったのだが、公営競技として足並みをそろえるために、翌98年から「記念」になったのである。チャンチャン。

 というわけで、1998年の今週は、5月25日(月)〜31日(日)でした。

 ●週半ばには目立ったニュースはありませんでした。

 ●31日(日)、2人の騎手が、この日をもって引退しました。

 東信二騎手は、東京3Rのステートリーシチー(13着)が最後の騎乗。

 通算512勝(重賞21勝)。

 「体力的にはまだまだやれると思っているが、乗り馬も少なくなってきたし、そろそろ潮時と思った」とコメントしました。

 思い出は、キョウエイグリーンで勝った安田記念と、87年の皐月賞・菊花賞を勝ったサクラスターオーだそうです。

 「その後は厩舎に属さず、サークルの外から競馬を見ていくようだ」と記事にありますが、そのとおり、シンジマンとしての活躍を果たしました。

 手品はうまいし、唄もうまいし、マルチな才能を持っている東さんです。

 篠原茂騎手の最後の騎乗は、4月25日の新潟・4歳未出走戦のダイヤパシフィック(7着)でした。

 通算105勝(重賞0勝)。

 引退後は、平井雄二厩舎の調教助手に転向されたそうです。

 東騎手の思い出にあるサクラスターオーは、この平井厩舎の管理馬でした。

 ちなみに、9月29日生まれの篠原さんは、ボクと同じ、てんびん座のAB型。

 きっと素晴らしい人でしょう。

 ●同じく31日(日)、中京3Rでムスメに騎乗した大崎昭一騎手が落馬してしまいました。

 脳震トウで一時は意識を失うほどだったそうですが、名古屋の藤田保健衛生大学病院で精密検査を行った結果、脳などに異常はありませんでした。

 しかし、その後、その後遺症から慢性硬膜下血腫を発症し、頭部の手術を受け、復帰に向けてリハビリを行っていましたが、残念ながら翌99年に引退をしました。

 通算970勝。

 1000勝まで、あと30勝だっただけに、惜しまれました。

 近年は、競馬予想会社の広告で拝見しますが、7〜8年くらい前かな、一度、新宿御苑の小料理屋でご一緒する機会がありました。

 勝負の世界にいたとは、とても思えないほど穏やかな方で、楽しい宴だったことを思い出します。

 今春(2008年)、調教師試験に合格した大竹正博技術調教師(大竹姓は妻の姓)は、大崎さんの息子さんです。

 かつて、「泣きの昭ちゃん」と言われた大崎さんですが、いまは、笑顔で過ごされていることでしょう。

 ●31日(日)、シャンティー競馬場で行われた仏ダービーは、キャッシュ・アスムッセン騎手のドリームウェルが優勝しました。

 その1ヶ月後には、愛ダービーも制しました。

 翌99年のサンクルー大賞典では、凱旋門賞を狙って遠征したエルコンドルパサーと対戦しています。

 最初のコーナーで、同馬がエルコンドルパサーの右後脚に乗りかかり、外傷を負わせたそうです。

 それでも、エルコンドルパサーが勝ち、同馬は3着でした。

 ドリームウェルは、父・サドラーズウェルズ×母父アレッジドという血統。

 2000年、日本に輸入され、社台スタリオンステーションでケイ養されました。

 01年の初年度産駒にアドマイヤモナークがいます。

 他の産駒はワンダードリーム、アサクサムスタング、シルクエフォートなどです。

 01〜02年は、シャトル種牡馬としてニュージーランドへ出稼ぎに行き、2004年に再びフランスに戻りました。

 ちなみに、ニュージーランドには、丹下が在籍していた「ホースニュース馬」社が持っていたホテルがありました。

 丹下も社費で行ったことがあるそうですが、マオリ語でナンパしたのでしょうか。

  現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
05.25.2008