会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

戦い終わって日は暮れて

戦い終わって日は暮れて(7/19)~丹下日出夫

普段はチャランポランなオレ様だが、仕事には誠実でありたい――そう思ってはみても、二週間前はセレクトセールの先乗りと下見。そして、その疲れも癒えないまま、新潟開幕のアイビスSDを迎え、体調は最悪。原稿が遅れがちで、申し訳な […]

戦い終わって日は暮れて(7/4)~丹下日出夫

 近しい人とはいえ、初めてその家に招かれ、「まあ、お茶でも」というときは緊張する。  近しい人はともかく、その奥さんや両親や、娘・息子がワラワラとやってきて、「丹下って、何者?ふーん。お父さんの友達なんだ」と、ジロジロと […]

戦い終わって日は暮れて(6/27)~丹下日出夫

新馬戦は、すべての仕事をやり終え、なるべくテレビの前に正座。競馬場に行く機会をもてば、きちんとパドックに向き合いたい。 なんて、番組の順番からすると、まずは函館、そして阪神。次いで中山のパドックを、見逃さないよう、グリー […]

戦い終わって日は暮れて(6/20)~丹下日出夫

 アスレチックスの松井は、土曜日は2安打。しかし、打率は2割2分前後で、2本打ってもなかなか数字は上がらない。 イチローも、5~6試合連続でヒットを積み重ねているものの、2割8分に届かない。 スポーツ紙のトップに、写真は […]

戦い終わって日は暮れて(6/13)~丹下日出夫

丹下倶楽部発足の理由を、これまで書いてこなかったが、大病を患った、二年前の夏ぐらいから思い始めたのだが、人間50年。この年まで生きてこれたのなら、せめて競馬は、好きなようにやりたい――昔からの友人や、原稿を読んでくれる人 […]

戦い終わって日は暮れて(6/6)~丹下日出夫

普段の土曜日は、朝10時の日曜日開催ぶんのJRAの枠順確定を待っての、毎日新聞夕刊の校了。 グリーンチャンネルを横目に、次いで前日までに書きとめておいた、諸々の日曜日ぶんの予想原稿と予想を微調整しメール送信。さて、本格的 […]

戦い終わって日は暮れて(5/30)~丹下日出夫

「スタートしました。ここで、おっと落馬が一頭。人気を集める、ポポポポ、ポルトフィーノが落馬です!」 ポルトフィーノは、弟子の丹下悶の一口所有馬でもあるのだが、ノーリーズンに、メリーナイス。過去、人気を背負う馬のスタートの […]

戦い終わって日は暮れて(5/23)~丹下日出夫

土曜日は、レギュラー原稿を午前中に済ませ、競馬中継を見ながらのテレビ取材。ひと仕事を終え、将棋の渡辺“竜王”と、大井競馬場のスタッフ、丹下倶楽部の丹下悶を交え、吉祥寺の“うな鐡”でドンチャカ。   「今日は、息 […]

戦い終わって日は暮れて(5/16)~丹下日出夫

戦記・5月16日 日曜日の出がけ。WIN5を買ってみた。 毎日新聞でも、36点買いの目を出しているので、とりあえず毎週、新聞の印通りに買うよう、愚妻にいいつけてあるのだが、愚妻がパソコンから目を離している隙に、ふふふ。こ […]

戦い終わって日は暮れて~丹下日出夫

5月9日 NHKマイルCで凌ぎを削った、荒い息遣いの18頭の馬が、一頭二頭と、カンカン場へと引き上げてくる。 あと少し――いや、よく頑張った。 GⅠだからだろうか。ジョッキーと厩舎関係者のやり取りにも、いつも以上の深みや […]

10 / 10« 先頭...8910