会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

『神出鬼没 タケユタカ』

 本日の美浦トレーニングセンター。  気付けばそこに、あるはずのない武豊の名が!  そして藤沢厩舎が誇る良血2歳の追い切りに跨っているではないか。  何かの間違いか。  GⅠ開催週に栗東を離れての美浦遠征とは、何やら臭う […]

ダービーのその先に

 オークスの結果の、その先に、もしかしたらダイワスカーレットとウオッカの、次元の違う、果てしないマッチレースがあったんじゃなかろうか。  オークスを終えてから、その思いが何度となく頭の片隅をよぎる。  もちろん、その二頭 […]

こんなダービーでケツ礼します

 暑いぞ暑い。  明日のダービーは、一気に30度近くまで気温が上がるかもしれない。  これって、キングカメハメハのダービーと一緒だな。  確か、あの暑さで、コスモバルク他。何頭かの馬のマタンキが、腫れ上がってしまったが、 […]

グリーン・ウオッチング Vol・19

 レコードは決して色褪せない  年も明けた、5月のダービー開催を迎える頃になると、3歳馬と古馬500万クラスの走破タイムが、ほぼ横並びになると書いたことがある。  馬場コンディションもあるが、例えば2歳秋の10月時期とは […]

「メインは目黒記念」

 ダービーウィーク。  というのに、トレセンから入ってくる話は武豊の降板騒動の余波ばかり。  来週のユニコーンSに出るロングプライドの騎手が武豊になったらしい。  これって、岩田のフェラーリピサへの刺客だろうか。  前走 […]

『ダービーだー!』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴  先週のオークスは、8枠のザレマを中心に馬券を買うも、とうとう8枠の法則が崩壊。  それでも見所十分の手に汗握るレース内容、ゴール前は大興奮ものでした。  そして、今週はいよいよ […]

女のカンは恐ろしい

 あらら。  オークス・ウィークの専門紙ランキングは、ビリだよビリ。  うう。  先週のノンキな月曜日と違って、下を向いてばかりのオレ。  オマケに松井も、レッドソックス戦でタコですワ。  ま、土曜日は、エクウスのイベン […]

偉いぞ、オークス!

 「なんか、熱があるんだよね。風邪でもひいたかな」  栗東のTMが、水曜日の厩舎取材で松田国サンちに寄ったとき、調教師がポツリと漏らしていたらしいが、木曜日になってダイワスカーレットが熱発で取り消し。  「人間も風邪をひ […]

「ダービー前に、何やっとんねん」

 今年のダービーは、牝馬ウオッカの挑戦が話題の中心だったが、それもふっとぶ大きな話題が、昨日発表された。  「武豊がアドマイヤオーラおろされちゃった騒動」。  私の記憶では、武豊がおろされたなんてケースはなかったと思う。 […]

『分かってて取れない万馬券』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴    今週オークス、来週ダービー。  昨年のオークスはブルーメンブラットを、ダービーはアドマイヤムーンから買ってあっさりと外れてしまって早、一年。  このまま、ジュリー […]

浮かれてられないなぁ

 おお。  日曜日の8レースで、5万6千いくらの、ゴーカイな馬単が当たってしまった。  勝ったヤクモオーカンという馬は、昨年の新潟の1400mの未勝利を、同日の古馬500万を上回る時計で走っていた馬で(ミディアム出版の& […]

胃が痛いッス

 先週あたりから栗東は、2歳馬がゲートからポツポツと時計を出し始めた。  ほほう。なるほど、山内厩舎ね。  おっと、森厩舎のあの大物も、時計が出ちゃったワケね。  美浦では、先日のブリーズアップ・セールでも話題になった、 […]

グリーン・ウオッチング Vol・18

 一年経てば風景も変わる     キッスアンドライドが、京都の未勝利戦でデビュー勝ちを果たしてから、ほぼ一年。  間に二度の3ヶ月休養を挟んだりと、初陣の1400m鰲を1分26秒9という好タイム勝ちが、なんだか […]

「GⅠのワンツーは、夏のローカルデビュー馬」

 NHKマイルは、毎度のことながら、どうせロクな結果にならないと思っていた。  しかし、ここまで崩れるとは。  私も競馬場で思い切り崩れました。  ピンクカメオ。  丹下師匠的にはピンクオカメ。  あ〜、師匠がオカメと勘 […]

『973万馬券を取る方法』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴  大波乱となった先週のNHKマイル。  先週紹介した8枠の法則なんですが、3着には来たものの、連続していた連絡みは途切れた格好。  もちろん馬券はかすりもせず。  しかし、後から […]

状況に気を病むな

 予想も馬券もハズれた、週明けの月〜火曜日は、何も考えず額に汗して、野良仕事に励むに限る。  振り返ってみれば、ここ数週間の日曜日の予想も馬券もハズれ続きで、日曜の夜に帰宅すると、大河ドラマの風林火山のビデオを撮っていな […]

うげげ。井川が大炎上。

 黄金週間だ。  ヤングたちが、Tシャツ一丁で街を闊歩する。  50歳を前にしたオジサンは、街ゆく若い人たちの服装を見て、「ああ。今日はこの着衣でいいのね」——ミョーにドギマギするくらい、季節に鈍感になっているが、我が家 […]

「みんな、無事に走ってくれ」

 長年POGをやっていれば、こういうシーンに出会うのは仕方が無い。  もちろん、ナタラージャのことである。  勝てば、ダービー候補に一気に浮上。  思いは青葉賞よりもダービーに向かっていた。  しかし、予期せぬことは、こ […]

『ヘーっと納得する懲りない面々』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴   先週の天皇賞は予告通り、ファストタテヤマからしっかりと馬券を買って、ばっちりと砕け散ってしまいました。  それにしても、勢いのある明け4歳同士のワンツーとはいえ、エ […]

「芸のある識別とは、の巻」

 A・甚五郎の忘れ傘   「(京都・知恩院の)本堂の正面の東寄りの屋根下にある。名匠・左甚五郎が魔よけのため、わざと置いたものといわれ、古来、知恩院の名物になっている。実際は、寛永再建の際、時の住職・霊厳上人が […]