会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

エクリプスのようだNew

テレビ観戦の競馬になって、どのくらいたつのだろう。

 

チャンネルを、かちゃかちゃ。

どの番組も、なんとなくずっと見ていられない。

 

テレビをやっているから見るが、

あの人、この人、丹下日出夫。

人の予想を、みんなそんなに

知りたくはないかもしれない。

 

馬券の買い方も、ああだこうだ言われたくない。

 

つまらない馬券なんてない。

 

仕事なんか嫌で、だから勝手に競馬で遊んでいるのに、

ああすべきだとか言われたくない。

 

競馬場やウインズで、テレビなんか見ないで、

ハアハア言っているほうが、やっぱ断然楽しい。

 

今年はPOGも、クラブ馬主の馬も、

なんかここぞというときに負ける。

盛り上がらないなぁ。

思い通りに行かないよなぁと、話したりする。

 

何週間馬券が的中したとかいっている人がいたが、

単勝を全馬買えば必ず1頭当たる。

複勝を全頭買えば3つ当たる。

永遠に当たり続けるが、それって自慢になるのか?

 

ちょっとばかり、みんな限界がきているかもしれない。

 

なんて、「エプソムの紳士」という、

ジャン・ギャバン主演の映画があった。

 

ジャン・ギャバンは、年とった予想屋。

 

8頭立てだったら、8人に、

「あの馬はエクリプスのように強い」と、

違う馬を一頭づつ推奨する。

 

どれか必ず当たる。

なっ。エクリプスのように強かっただろう

といって、御祝儀をもらう。

 

まあ、別々の人に違う馬を推奨していることが

最後はバレちゃうんだが、

それでも懲りずにまた競馬場に行き、

「エクリプスの再来だ」と、誰かの耳にささやく。

 

ギャンブルには、似たような話が古くからあります。

 

ギャバン丹下、神戸新聞杯の◎はコントレイル。

 

まるでエクリプスのようだ。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.25.2020

大樹

サンデーサイレンスを配して生まれた、

貴重種の白毛王女・シラユキヒメに、

丁寧にキングカメハメハやクロフネを配合すれば、

ソダシやメイケイエールが生まれる。

 

サラブレッドは、繁殖牝馬を大事に、

きちんとした種牡馬のクロスを重ねれば、

それを栄養養分として、

大きな幹に育ち枝を広げる。

 

あの雑誌には、その原稿を書こうかな。

 

先週半ばまで思っていたのですが、

札幌2歳Sも小倉2歳Sも、

そんなにうまいこといかないよな?

 

牝馬の盾系列の血統表を作ってもらうのも、

なんか手間そうで、申し訳ないかも。

 

違う原稿に書きかえたが、ありゃまぁ~。

すごいね、白毛一族。

 

2歳新馬戦、中京マイルに

ジェラルディーナ(モーリス×ジェンティルドンナ)が登場。

 

鈴木淑子さん、大のお気に入り。

この一族も、あと10~20年たったら、

JRAだけで100~200勝する大樹に育つのだろう。

 

紫苑Sにはスカイグルーヴが出走。

日曜夜、クラブ会員さんと、

そっと小さく、物語などしながら会食。

 

さて、祝勝会か残念会か。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.11.2020

滋養

netkeibaの「丸ごと必勝チャンネル」撮影のため、

新しくなった渋谷のオフィスへ突撃。

 

武蔵小金井から中央線で吉祥寺へ。

井の頭線乗り換え。なんか、久しぶり。

 

スクランブルスクエア、すげぇ~。

でも、高いところは怖いな。

 

スタジオ撮影だと、やっぱピリッとしていい。

 

いつもよりスムーズに終了。

ふと思い立ち、帰りに、駒形どぜうに寄ってみる。

 

30代前半の頃、渋谷にエクウスというJRAの施設があり、

そこで柏木集保さんとトークショーなどあったときの終わりは、

駒形どぜうでいっぱいというケースがよくありました。

 

エクウスは移転、私はあれこれ病気。

何年振りだろう。

 

なんて、駒形さんは、

ワタシが、競馬新聞・ホースニュース馬の

本紙予想を担当する前、テレビなどに出る前から、

大川さん、大橋巨泉さん、笹川忠さん、

井崎さんなど、「馬」が愛読書。

そのぶん、ワタクシもかわいがっていただきました。

丹下を覚えていただき、ありがとうございます。

 

どじょうを食べると、人生もりもりだぁ。

 

正岡子規が、毎日のように食べた理由が

なんとなくわかります。

 

札幌2歳Sは、バスラットレオン。

キズナは、想像を超える馬を出す。

 

小倉2歳Sは、丹下厩舎はモントライゼが出走。

新潟に未勝利にはレガトゥス。

 

2歳シーンを元気にしてちょう。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
09.04.2020

モーリス、来たぁ~

8月も末、新馬戦活況。

エピファネイア、ドゥラメンテ

――これはオープン級だなと思える馬が、

ぼちぼち勝ち星を積み上げている。

 

ふふ。

あるクラブ馬主で、エピファネイアの仔を申し込む。

母父ディープインパクトは、かなり効くと思う。

 

ついでに、キングカメハメハが組み込まれたら万全だなと、

ひとりニヤニヤ。

 

モーリスも、来たぁ~。

 

ほんの1か月前、セレクトセールでは

「ちょっと。そこ、どきなさいよ」状態だったのに、

風向きが変わり、セレクションセールでは、

ぎとぎと視線浴びるほど。

 

人間ってヤツは、もう…。

 

前にも書いたことがありますが、

日本の競馬は良馬場のスピード勝負が基本。

晴天が続けば、イメージした血統通りの

瞬発力のある仔が現れる。

 

しかし今年の2歳は、6月からついちょっと前まで雨続き。

新潟2歳Sのメンバーの勝ち星も、

ほぼ重か稍重であげたもの。

 

良馬場だと、どう走るのか。

想像で予想を組み立てるしかない。

 

予測は十人十色、今年の新潟2歳Sは、

ホームランか空振りかでしょう。

 

29日(土曜日)は、BS11出演予定(お昼12:00~)。

 

先週末、居酒屋で静かにいっぱい。

 

決め事を守り、8時過ぎには家路へ。

坂の途中の古本屋で、

ギボンの「ローマ帝国衰亡史」(岩波文庫)と、

トールキンの「指輪物語」のセットを購入。

 

我が娘たちは、さっぱり本を読まない、

おばかさんだったが、孫たちよ。

大きくなったら、この本を読んでくれ。

 

ママより賢い子になってくれ。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
08.28.2020

ラジオ体操

早朝、6時過ぎなら気温は27度。

この温度なら散歩ができる。

 

武蔵野公園、南小学校の、ラジオ体操軍団に遭遇。

 

避けて通るのもナンなので、御一緒に。

まず大きく手を広げて、ジタバタ。

ラジオ体操第二は、忘れている箇所多し。

 

5日連続。お菓子もらえるかな。

 

2歳戦。

丹下厩舎は来週から、新馬、未勝利など、

新潟、北海道で再始動。

 

ノドの手術とか、骨折とか。

切ない情報も入ってくるが、

秋に向け復帰とか。

トレセン入りの報や、1勝馬たちは次走報など、

嬉しい話も耳にする。

 

来週は新潟2歳S。

体調を崩し行けなかったことも1~2回あったが、

この30年、2歳Sの日は新潟に行っていた。

 

友人の馬が、藤田菜々子Jを配し、2歳S出走予定。

今年はテレビで応援です。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
08.22.2020

叩き込む

もうすぐ、お盆。

 

その前に、クラブ会報誌を一つ二つと入稿。netkeibaの2歳戦回顧、動画収録、

毎日新聞夕刊、netkeiba土日予想原稿など、

一気に叩き込む。

 

けっこう働いたが、なんとなく暇に感じる。

時間が緩くなっているみたい。

 

山口へ帰省するかどうか。

ぐずぐず迷っていたら、

今年はちょっとやめたほうがいいよね

という風潮が広がった。

 

人間は、そういう空気で動く。

改めて、9月に帰省の日程など考えよう…。

 

体温、毎日はかっています。

 

35.6度とか。高くなっても36・1度とか。

実は低体温が悩み。

 

2歳新馬など、勝ててないので、

なんか語りたくない気持ち(笑)。

 

でも、みんなも似たりよったりだから、

まあいいか。

 

暇なので、2歳の孫を餌付けだ。

 

お菓子ひとつでスタスタ寄ってくる。

馬鹿じゃないの? 人間って愚か。

愚かさを利用して、うひひ。

こね回して遊んでやろう。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
08.07.2020

熟考中

こない梅雨明けのように、2歳展望が少しチグハグ。

直前になって、あれっと思うことが多く起きる。

 

コロナの時代。

直接何かを見たり話しあったりしないと、

何かしら小さなズレが生じるもんだなぁ…。

 

シルクの1歳募集カタログなど見ながら、

馬の見方について、アレコレ考え直す。

 

もうすぐ、キャロットの1歳募集も始まる。

 

そういえば去年のキャロットさんの9月ツアーは、

二日目の日曜日に超大型台風来襲。

陽が暮れるにつれ、飛行機便が飛ばなくなり、

みんな、あわわ。どこにも行き場がないよ。

 

いまとなっては、

「あの時は、けっこうな大冒険だったね」

――少しは笑えるが、

翌日なんとか乗れた飛行機の窓から見た、

利根川あたりの、不気味に大きくうねる茶色の濁流

――生きていくのに、気をつけなくてはいけないことが多くなった。

 

なんて、大荒れの福島通過。

さあ、新潟です。

簡単なレースも多いよね。

 

とか思っていたら、いきなり開幕初日の1レースの1000直。

ミルファーム12頭VSビッグレッド対決はともかく、ありゃ。

どう見ても、外ラチ沿いの逃げ馬圧倒的有利じゃないですか。

アイビスSD。

追い込み馬のナランフレグに、

けっこう自信満々に◎を打ったオレの、

ばかばかばか。

 

予想など、微調整。

関越Sはザダル。

クイーンSはスカーレットカラー。

新馬戦はトレデマンド頑張れ。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
07.31.2020

それでも待ってた夏休み

普通の年ならスケジュール表は、夏休み開始は7月20日の月曜日だろうか。

雨の夏、少し寒い夏。いつもの年に比べ、ニイニイゼミの鳴き出しも、小さく静かに始まった。

夏に備え身体を検査。

10年来通院している病院は、ベッド数700以上の、半官の地域基点病院。コロナのためのベッド数は、最初の10数個から30数個へと増やし、アレコレ大変。

受付はソーシャルディスタンスをとって。少し時間はかかったが、普段朝8時過ぎには、血液検査など70番台になることもあるのが、今回は15番め。
CT検査も、時間に追われるのではなく、指定時間を待つ状態。

何年か前あたりから、政治主導で病院は、厳しく効率を求められるようになった。
CT装置などの機器はまず減価償却ありき。看護する人は人件費――それらを、ホントかよという細かいところまで整備せざるをえなかった。

コロナのためベッド数は埋まらず(逆に一斉に押し掛けるときも?)、来院、手術など回避。医療は、人を救うもの。それなのに、それができない。お金でも悲鳴を上げている。

政治とは整理するもの。医療は救うもの。

医療と政治とは、実はまったくの別物。ヒポクラテスの時代から、相容れることは少ない。

ごくシンプルに、医療にしっかりとした資金を用意したほうがいい。

もちろん、旅行業者、飲食業積、そしてホストクラブも。
自粛をお願いするのはわかるが、自粛して立ち行かなくなる職業は、自分でどうにかしろというのではなく、筋道と補償が必要。淘汰されたときは、新しい道筋を作ってあげる。

政治家も官僚もドクターも偉いとは思うが、職業は、貴賤上下はない。
口だけのことだよと言われるだろうが、そう戒めてこそ、人間の暮らしは成り立つと思う。

なんて、前回のコラムで、「2勝、着外1回」というタイトルを出しましたが、3勝の間違いでした。

丹下厩舎は今週、新潟マイルにグランメテオールを予定。
父ダイワメジャーに似て、どうもキカンボウ。まさかお父さんのように、パドックで寝っ転がるんじゃなかろうかと、チラリと思ったりするが、身体は艶々。ダイワメジャーのいいところも満載しております。先週の土曜日、日曜日追いでスイッチが入ったみたい。走り出せば、勢いがつけば好勝負(とんでもない負けもあるが)。

新潟・芝1400mデビュー予定のフランケル産駒、グレナディアガースの動き出色。

札幌・芝1800mは、トモダチが一口出資しているポルトヴェッキオなど応援だ。

丹下厩舎は、8月1~2日の週は、大関クラスのディープインパクト牝馬を、新馬予定しています。

《現在の人気ランキング順位は?》
07.24.2020

2勝、着外1回 そしてセレクト記

丹下厩舎、土曜日の阪神・芝マイルを、

ダノンシュネラが豪快に外強襲。

本年2歳、初勝利。

 

道中バランスを崩したり、

ずるりと脚をとられたり、

うわわというシーンもあったが、

最後まであきらめず、そして力強く、

ねじ伏せてくれた。

 

馬体にも厚みがある。

普段は大人しいが、競馬に行くと熱い。

ほれぼれする、いい馬だ。

 

土曜日のBS11を終え、

日曜日朝はセレクトセールへ。

 

千歳に着いて、JRA―VANで

阪神1レースの結果を見たら、

モントライゼが大差のブッチギリ。

なんかひとつは、重賞獲れるかも。

 

阪神の芝1800mの新馬戦で、ヨーホーレイクが勝利。

思ったより子供っぽいが、すくすく強く育て。

 

福島の新馬、ガトーバスクは道悪で動けず。

いい馬だが、今年はどうも、道悪に泣かされるなぁ…。

 

お昼から、セリ会場で3時間余、馬の下見。

 

去年の半分くらいの人出でしょうか?

でも、みんな真剣。

やけどしそうなくらい馬が好き。

 

会場で七夕賞観戦、馬券当たり~。

日曜夜、いつもと違って今年は3人で、

コーフンしないよう、

小さく北海道の競馬事情など聞く。

 

月曜日、朝10時、定刻通りセリ開始。

馬主さんも報道も、申請した人のみのため

席はまばら。でも、いつも通りやりとりは活発。

 

ディープインパクトのいない二日目も、

あの手この手と、手が上がる。

いかがですか。ございませんか。

 

なんて、去年より売り上げは減ったとはいっても、

セレクト史上第二位。

初日、二日と、絶対忘れないようにしなくてはと思った馬が、

それぞれ30頭以上はいました。

 

しかし、二日とも終始マスク。

耳が痛い。酸欠で目の前が時々暗くなる。

青息吐息。安いマスクは、いかんね。

 

セリも落ち着き始めた午後4時。

ちょっと休憩。

去年同じ場所で知り合った、北海道の馬主さんと再会。

小声で、おお~。

 

二度三度とセリに参加したようですが、

30秒たたないうちに予定金額を超えてしまい、

お地蔵さんになってしまったそうです(笑)。

 

水曜、お昼すぎ自宅到着。

土日想定きた。予想など仕事に突入。

木曜夜、アレコレ、やっと追いつきました。

 

金曜日は、夕方はラジオ。

「鈴木淑子の地球は競馬で回っている」

(午後8:30~9:00)に、出演予定。

 

お題はセレクトセール初日の回顧。

来週の金曜日は当歳セッションについて。

もう一回お邪魔する予定です。

 

聞き逃した方は、オンデマンド(無料)で

再放送があります。ぜひお試しを。

 

そういえば、前回4月の、

淑子さんの番組に招かれたときのテーマは、

2歳世代について。

 

丹下さんの期待する

桜花賞もしくはオークス候補はと聞かれ、

ダノンシュネラと答えた。

 

ドゥラメンテ産駒の、本年の№1牝馬。

ディープの後継、打倒ディープは

ドゥラメンテだぁ――とかいったが、ふう。

よかった。

 

ちなみに、皐月賞・ダービーは、

ブエナベントゥーラ。

父は、お騒がせモーリス、新馬戦は2着(笑)。

秋は頼んます。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
07.17.2020

きっかけひとつ

暇だからというのではなく、

社台グループの会報誌、週末の予想など、

なんとなく一日早い感じで仕事中。

 

合間にnetkeibaのリモート収録あり。

パソコン収録になると、

楽になるかもしれないと思っていたが、

変に緊張するなぁ。

 

どちらかといえば、リアクション系。

柏木さんに会えないと、なんか言葉にも詰まる。

 

やっぱ、照明とか、音声さんとか。

映像放送を作り上げていくには、

それぞれのスペシャリストが集まらないと、

しょっぱいものになってしまいますね。

 

スタジオって大事。質が違う。

それに、生放送のほうが、腹も括れるし、

性に合っているのかなぁ…。

 

なんて、2歳戦は、丹下厩舎は2・2・6着。

まだ勝ち星がないんだよ。

 

他にもPOGで推奨した、アークライト、

淑子さんお気に入りのスワーヴエルメが、

先週は2着とは…。

 

でも、勝った相手も、かなりのモノだったし、

2歳夏を思えば、いろいろ「まだ負けられる」(笑)。

ジタバタしなくても大丈夫かなと思います。

 

まあ、勝ちと2着では天と地の差があるのも確か。

 

今週は阪神1200m、未勝利のモントライゼ。

ひとつ勝って、勢いをつけて欲しいもんです。

 

阪神デビュー予定のヨーホーレイク、

ダノンシュネラは、丹下厩舎の牡牝のエース格。

福島出走予定のガトーバスクも、いいとこあります。

 

7月11日(土曜日)は、BS11出演予定(お昼・12:00~)

 

翌朝は北海道へ。

セレクトセールの1歳の下見、準備。

久々の馬見、嬉しくて泣ける。

 

いつもの年とは、

いろんなことが違うセリになりそうですが、

まあ、ふたを開けてみないと、

正直アレコレわかりませんが(笑)。

 

セリの展望、初日(1歳)、二日目(当歳)の

模様は、例年通り、午後7時過ぎに、

JRA―VANで原稿アップ予定です。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
07.10.2020