会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

残暑厳しき折New

8月明け、

猛暑で庭に植わったシソ軍団、壊滅状態。

 

台風10号が雨をまき散らしても、

たぶん復活ならず。

 

聞けば、武蔵野あたりの農家のみなさんも、

同じように作物が枯れ、

ため息をついているところがあるそうな。

 

この台風10号、かなりデカい。

土曜日、北海道に接近。

開催の無事など祈る。

 

サンクテュエール、エカテリンブルクなど、

とりあえず、まずは1勝。

ほっとした。

 

丹下厩舎の2歳デビューは、

次は9月後半くらいかなぁ…。

 

今週の新馬戦は、たぶん各場とも、

混戦が多くなる。

ふたを開けてみたら、

思った以上にHレベルだった

というレースがあるかもしれない。

 

18日(日曜日)は、BS11出演予定(12:00~)。

札幌記念、北九州記念展望。

 

木曜日、夜10時。

調教ビデオ見ていたら、途中で爆睡。

 

衝撃だった、思い出の新馬は、あの馬にしよう。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
08.18.2019

ワシワシNew

8月3日、小倉経由で山口県の長門市へ。

つがいのトンビが、港をピーヒョロ。

4月の時より白く大きくなっていた。

 

墓参り。近所を散策。

空き家も目立ち、人が少なくなったからだろう。

クマゼミが港近くまで下りてきてワシワシ。40年前より数が多く、鳴き声もさかん。

 

セミトリといえば日出夫。

 

小学校時代、近くのクマゼミをとりまくり、

根絶やしにしてしまったのではないかと、

ずっとビクビクしていたが、

いつか孫にセミトリを教え、

とったセミを部屋いっぱいに放ち、

セミワールドに浸る楽しさを伝えたいもんです。

 

8月5日から、ツクツクホーシが鳴き始める。 季節と時間は、本当に毎秒、毎年の正確な繰り返し。

そして少しづつ夏が行く。

 

8月6日、小倉で台風8号と遭遇。

テレビの台風リポートみたいに、風と雨が渦巻いていた。

 

小倉を8分遅れ、新幹線で東京へ。

関東で鳴くのはミンミンゼミ。

でも、ミンミンは、間延びしてなんだか燃えない。

 

社台グループの“Thoroughbred”原稿入稿。

予想作業も金曜日朝には追いつきました。

 

丹下厩舎は、

リアアメリアと並ぶ牝馬のエース格、

サンクテュエールが新潟マイルでデビュー。

ルメさん、頼んます。

 

札幌ではエカテリンブルク(母ファイナルスコア)が、

芝2000mに出走。

なんか、ワシワシ走るような気がする。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
08.09.2019

飼育

愚妻がメダカ・セットを購入。
夏休みの観察日記でも書くつもりか。

ちょっとした音にも、
きゅんと反応して、チョー敏感。
でも、餌など三日やると、
足音で集まってくる。

ぎょろりとした白黒お目めも、
縁日の金魚よりは、かわいく思えてきた。

メダカといい、チワワ二匹といい、そしてオレ。
なんだか愚妻に、飼われているような気もしてきた。

山口の親戚、原良馬さん、ディープインパクトなど、
悲しいことが多い週だった。

小倉の芝1800mデビュー予定だった、アルジャンナ除外。

丹下デルオが家族の反対を押し切り、
クラブ馬主として購入したセントオブゴールドが、
新潟・芝1600mの新馬戦にアタックだ。

姉はショウナンパンドラ。
太すぎるくらいムッチムチだった馬体も均整がとれ、稽古も悠々。
新馬推奨、☆5つです。

「ほら、勝ちました。パパは間違っていなかっただろ?」
――山口帰省途中の小倉で、一家安泰など祈る。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
08.02.2019

待ち遠しい

小倉・芝1800mデビューはもう少し先だが、ディープインパクト×コンドコマンドは、なんだか凄い動きをする。
POG本など写真で見ると、腰高で幼さなど感じるかもしれない。
でも、6月初旬のJRA―VANの公式動画など見ると、坂路の頂上付近の、止め際の急こう配で、グンとひと伸びしようとしていた。
ノーザンの坂路で、ああいう大きな伸び方をする馬は、たぶん大仕事をする。

美浦坂路では、ディープインパクト牝馬、ステファニーズキトゥンとヒルダズパッションが、毎週のように併せ馬。
追走したり先行したり。うーん。どっちが走るの?。
いや、きっと両方とも、相当な器。水曜日の調教データを開くのが、嬉しくて怖い(8月11~12日あたりデビュー)。

丹下倶楽部の編集者、丹下P太郎の愛馬フラーレンが、札幌1700ダートの新馬に登場。調教はかなり動いた。
週末はシルクのツアー、盛り上がるね。

山口へ帰省予定、切符を買いに行く。
みどりの窓口は混雑、お年寄りも多い。
あと2年もすると、切符は駅売りがなくなる。なんだか、ため息がでる。

《現在の人気ランキング順位は?》
07.27.2019

まさか

散歩途中の武蔵野公園で蝉がチーチー、

もうすぐ夏休み。

 

週初めに「おとなの馬券学」(ミディアム出版)を入稿。

週末の毎日新聞、netkeibaの仕事まで、

少し時間ができた。

 

なら飲もう。

 

三鷹の酒屋へ、日本酒など覗きに行く。

 

山口県人会、セレクトの反省会など、

酒おいしすぎ…。

 

書き忘れたが、セレクトの二日目。

午後4時過ぎ。

原稿も半分以上書きあがりました。

 

ふう、ちょっとばかり食事。

そばでも食べようかなと、

テントに近づいたら、BS見てます。

クイズ上手ですね。どうぞここへと、

推定40歳過ぎの夫婦に招待される。

 

やさしそうな人です。

はぁ。北海道で、

お医者さんをなさっている?。

 

いや、まてよ。ここはセレクト会場。

 

「まさか馬など買っていませんよね?」

 

いえ、それが。当歳セリで、

上場値段一声で、ひょいと手を上げたら、

そのまま落札。

 

あっちも、こっちだってびっくり。

もう3時間近く、ぼんやりワインなんか飲んでいます。

 

ふはは。その生産牧場の人に心当たりがあります。

その人など交え、改めて乾杯~~。

 

二年後、どこかで祝杯をあげられるといいね。

 

今週は中京2000mの新馬に、

ジュンライトボルト(母スペシャルグルーヴ)が登場。

 

母系はエアグルーヴ一族。

セレクトでは、種牡馬ドゥラメンテも含め、

この血統の人気はかなり根強く、

そしてこれからも日本の柱となって栄える(きっと)。

 

丹下厩舎は、ひと足先に夏休み。

 

入厩予定などの知らせもあれば、

痛い骨折の話なども聞く。

 

二週間後の新潟あたりに、

母ヒルダズパッションを予定。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
07.20.2019

世界一かも

セレクト・ウィーク終了。
ああ、楽しかった。
ふう、疲れた。

20年前、本格的に牧場取材など始めたとき、
出会った若い牧場主が、
自家生産馬で売れずにいた馬を、
自身初めて、中央の馬主として馬名・名義登録。

中央で3勝、がんばったね。
牧場に帰り、重賞連対馬も生まれ、
そのおかげでセレクトに上場できた。

その年月、アレコレなど思い、
二人して、今のにっこりがある。

リザーブ価格の1・5倍でハンマーが落ち、うーん。
今日はいい酒が飲めるぞぉ。

なんて、20年前は、
サンデーサイレンスの仔を5千万で落とし、
いい買い物したなぁと、肩を叩いて喜んだ。

その感覚は、今は、
ディープインパクトの産駒の1億5千万円相当だろうか。

すごいセリになりました。

平均価格も総売り上げも、
天井が見えないまま突き進んでいるが、
セレクトセール出身馬が、
生涯獲得賞金などで結果を出せば、
その値段は正解ということになる。

JRA―VANでも、見どころや総括で書きましたが、
リストアップするのも、結果も、
いい意味でふるい分けが大変でしたよ。

そういうレベルの馬が、
やっぱり集まっているような気もする。

水曜日、帰宅。

社台グループの会報誌で、
ひょっとしたら日本の馬は、
世界一じゃないかという原稿を書いた。

毎日新聞、netkeibaなど、
いつものレギュラーに、金曜日朝ようやく追いつく。

土曜日の中京5Rの新馬は、
ヴィクターバローズか、サマービートか。
丹下厩舎はギルデッドミラーを予定。
4つ星3頭の、超ハイレベルの激戦模様。

今週も、なんだか楽しい。

《現在の人気ランキング順位は?》
07.12.2019

新種

曇り空、梅雨。
ポスト下のコリウスのひと株が、
変なふうに葉っぱが巨大化し、
怪しい植物と化している。

茗荷の顔もぴょこぴょこ。
毎年セレクトセールの週は、こうだったなぁ。
セレクトが終わり北海道から帰ったら、
垣根のブラックベリーが色づいていたりする。

週中は検診、お見舞い、
netkeibaの収録、買い物など小用あり。

先週は、記憶をたどっても
なかなか思い出せない、土砂降り競馬だったが、
三場とも売り上げがプラスだったのには驚いた。

改めて、雨予想は当たりが少なくなるなと思っていたが、
丹下さんはマシなほう。
それどころじゃなく、まったくもって、
ウラパー寸前ですよと泣く人などもいた。

今週は日曜日の中京・芝2000mの新馬戦に、
マイラプソディ、ブルーミングスカイなど登場。

ゴールドシップの仔も、見かけた。

丹下厩舎は、函館の芝1800mに
オーソリティ(母ロザリンド)を送り出す。

なんだか、ミョーに走りたがり屋。
父はオルフェーヴルだが、似ているようでもあり、
これまでのオルフェ産駒たちとは、
まったく違う、ニュータイプかなとも思う。

まあ、リアルインパクト産駒とか、
エピファネイア産駒とか、正解な部分もあるけれど、
ひっくるめてひとくくりして語ると、
競馬はかえって、稚拙なものになってしまう。

似てるものを語る以上に、
違うものを探すゲームでもあります。

ちなみに来週期待している
ギルデッドエージ(オルフェーヴル×タイタンクイーン)は、
七夕賞に出走予定のストロングタイタンの妹。
鼻の白い感じとか、へえ。雰囲気が似ているかも。

セレクトの上場名簿に、下の登録もありました。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
07.06.2019

もしかして

レイデオロ伸びず。

でも、リスグラシューの単勝はちょっとだけある。

 

ブルトガング、勝ったぁ~。

競馬は楽しい。

 

シルヴァリオ、4着~。

負けると切ない。

 

今週土曜日は、中京・芝1600mで

アパパネの三男坊がデビュー予定。

 

トモダチが期待している2歳牝馬も、

日曜日の中京・芝1600mの新馬にゲートイン。

 

去年のセレクトセールの

下見の姿やウォーキングを思い出しながら、

2歳の今。

馬体も調教の動きも、

けっこうなもんじゃないですか。

 

もしかして、勝てるかも~!?

 

週中、netkeibaの収録終わりに、

壱番館でそっと前祝い。

 

また翌週あたりは、アレかコレか。

函館方面はロザリンドの仔など、

動向は活発。

 

CBC賞は、レッドアンシェルの

スプリンターとしての才能を確認。

サニブラウンになれ。

 

ラジオNIKKEI賞は、

あの馬で長打狙い。

 

30日の日曜日、BS11(午後12:00~)で、見てね。

《現在の人気ランキング順位は?》
06.29.2019

さて、一年後

2歳新馬戦は始まったばかりだが、

社台・サンデーは、1歳募集祭り。

オリンピックのチケットなみに

、当たった、外れた。

早くも抽選に漏れが予想され、

真っ白い灰になった人もいたりして(笑)。

 

どんちゃかも、金曜日には終了。

 

1歳シーンは同時展開で、

間もなくセレクトセール。

 

種牡馬や血統など、

いろいろ連動することも多く、

当歳まで見ながら原稿起こしなどすると、

アレコレ見えてくることもある。

 

さて、土曜日の東京は、

ブルトガング(ディープインパクト×タピッツフライ)が

デビュー予定。

四肢のひざ下の使い方と緊張感が、

何とも言えず美しいなぁ。

プレッシャーも大きいだろうが、

すっと通過してほしいもんです。

 

日曜日の阪神には、

シルヴェリオ(ハーツクライ×シルヴァースカヤ)が登場。

少しウカウカして頭が高くなる時があるが、

肌はつやつや。

お父さんのシルヴァースカヤも、

セレクト当歳でデビューします。

 

ただ、レッドベルジュールも、なかなかの馬。

両者ともにドキドキもんですね。

 

23日の日曜日はBS11出演予定(午後12:00~)。

宝塚記念を語ろう。

 

よろしくお願いします。

 

丹下日出夫

《現在の人気ランキング順位は?》
06.21.2019

一番鳥みたい

週中4時起き2回。

なんだか最近、けっこう早起き。

牧場モードの仕事時間になってきた。

 

ガシガシとキーボードを叩きまくったら、

あれあれ。

スペースキーが動かなくなってしまい、

変換に苦労(4という数字も押せなくなった)。

 

どうしよう。締め切りは毎日だよ。

修理に出すのはいいが、

代替え用に、似たようなパソコン、

買ったほうが早いのかなぁ。

 

編集者のみなさん。そういうわけで、

文章の感じがいつもと違うかもしれませんが、

よろしくお願いします。

 

丹下厩舎は、今週2歳は出走なし。

 

ディープインパクト×ヒルダズパッション、ゲート試験合格。

ディープインパクト×インネートグレイスが馬名登録。

意外に早く、嬉しいびっくり。

 

アパパネの息子、いい感じの追い切り。

やっぱ、普通にかなり走りそうですね。

《現在の人気ランキング順位は?》
06.14.2019

祭りのあと、翌週

6月の阪神、そして東京。
丹下厩舎は開幕週、
リアアメリア、サリオスで2勝。

モーベット・チームと握手交歓したり、
残念などもいろいろ。

ほっとして、なんだかもう、
クラシックの半分が終わったくらいに思えたりして。

なんて、今年の安田記念は、
もちろんアーモンドアイが、
ドーンと競馬の中心に座っている。

ただ、この日の競馬場のファンは、
笑い方や馬の見方みたいなものが、
それぞれ少し違う。
大ベテランも、ご新規さんも含め、
いろんな人たちが集まった日だったような気がする。

メインの安田記念で、馬券など仕上げ、
府中の街に突撃だぁ~。

あらら。アーモンドアイ3着…。

大事に大切にしていたものが、
なんだか壊れてしまった。

今週は、丹下厩舎は休養日。
静かにするにはちょうどいいかも。

1歳馬調べの準備、
心構えなど自分に問う。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
06.07.2019

タイムマシンにお願い

5月最後の薫風、時々雨の匂いもする。

あちこちから、ドラフト会議の結果、
希望に満ち満ちた便り届く。

小学校~高校時代の新学期も、
こんなふうに希望などもって臨んでいれば、
違った人生になったんじゃなかろうか。

なんて、ダービーの時、
木村カエラさんとすれ違った。
顔がピーナッツくらいしかない、チョー細い。

実は10数年前、サディスティック・ミカ・バンドの
「タイムマシンにお願い」をネットで探していて、
木村カエラさんに遭遇。

手足は長い、八頭身。
モデルさん?なら、
1メートル70センチくらいあるのだろうと、
勝手に想像していたが、
全体比率のマジック、恐るべし。

1歳すぎにして、カエラさんと
すでに互角以上の顔面面積の、
長女・次女の孫二人の顔を眺め、
将来を思う。

お父さんに似て、かわいそうに…。

土曜日の東京5Rの新馬戦には、
そのタイムマシンが出走
(強いかどうかはわからないが、
まあ、それも言いたかったわけです)

土曜・阪神5Rはリアアントニア。
気の早い人は、来年の桜花賞の日の
スケジュールをおさえている。

日曜日の東京5Rでは、
四股踏んでテッポウばしばしやって、
アブソルティモ(母ラドラーダ)と、
サリオス(母サロミナ)が激突だぁ~。

高安と栃ノ心の、ぶちかまし対決みたい。

丹下庄之助も、土俵下ではあはあ観戦。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.31.2019

ダービーは続くよどこまでも

昨年のダービー馬の名前はなんだっけ?

ぼーっとしていても思い出せない。
そうか。予想も馬券も外したんだな。

でも、過去十年の結果など見ると、
だいたい半分は当たっている。

僕でも当たる、私も当てた。
ダービーは、実は一番当たりやすい
GⅠじゃないのだろうか
(実際は朝日杯FSあたりだろうが)。

そういえば、去年のちょうど今。
「今年のダービーの勝ち馬は外れるかもしれないけど、
来年のダービーはシーザリオでテッパン」

なんてこと、言った覚えがあるが、本当にそうか。

丹下厩舎は他に、アドマイヤジャスタ、
シュヴァルツリーゼなど計3頭出し。

日曜日の気温はおそらく30度超え。
熱風のダービー、傷まないよう願う。

最終レースが終わったら、POGドラフト大会。

もう30年以上も続いているが、
その昔は、大川慶次郎さん、石川ワタルもいたんだなぁ…。

《現在の人気ランキング順位は?》
05.25.2019

楽しくて、つい

netkeibaのコラム
「未来のクラシックホース」でも書きましたが、
それ行けミルコ。
ラヴズオンリーユー勝っちゃえと、
机をドンドコ叩かせていただきました。

単勝は買った。
でも、内の2着って誰?

うーんとか、はあとか言いながら、
早めに競馬場を出て、打ち合わせ一件。

夕方は高輪プリンスで
キャロットのパーティー。

しゃべり、飲み、楽しすぎて、
寿司一切れしか食べなかったなぁと、
二次会で、ソコツな自分を反省(笑)。

さあ、ダービー。
水曜日の調教が終わった。

こんなに穏やかな気持ちで迎えられるダービーは、
もしかしたら初めてかもしれない。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.24.2019

垣根の薔薇、赤や白が楽し。

オークスの週、5月16日は父の命日。

 

朝起きて、青空を見上げ、

二年前の5月16日の朝も、

同じような白い雲がわき出ていたことを思い出した。

 

ダービーの一週前。

特別に急な仕事などなく、淡々と原稿など書く。

 

POGのドラフト会議日程調整、

セレクトセールの打ち合わせなど、

6月以降のこともボチボチ。

 

娘のダンナさんなどと話をしていて、

仕事改革は大変だろうなと思う。

残業がなくて得をしたな、なんてと思うなよとも話す。

 

ただ、仕事の質が落ちるとなると問題だ。

 

いつも読んでいる新聞や雑誌が、

なんでこんなに、整理記事ばかりの

やっつけ文章になってしまったのだろうと、

驚くモノもある。

 

自分への戒めでもあるが、

単純におもしろくないと、

何かを創ろうとする意志がみえないと、

定期購読、みんなやめると思うが(笑)。

 

金曜日、関西からオークスへ遠征してきた競馬トモダチと、

あの馬、この馬、前祝い。

 

ダービー・ウィーク、5月23日(木曜日)は、

竹橋の毎日新聞社でダービー検討会を予定

(午後6:00~7:00)。

 

サートゥルナーリア、ヴェロックス、

ダノンキングリー、元気溌剌。

《現在の人気ランキング順位は?》
05.19.2019

ほうとか、はあとか

津本陽の『椿と花水木』を読み返す。

本の中にあるバターカップの花(馬蹄草)の、
黄色が盛りを過ぎるのと同時に読了。

5月も10日を過ぎた。
うかうかしていたら、東京の気温は27度に上昇。
もうすぐ夏がくる。

3歳戦は、オークスは一週前追い切り。
ダービーは、サートゥルナーリアが
栗東トレセンで時計を出し始めた。

ダービー翌週のドラフト会議の日程など、
連絡を取り合う。

その前に、検診などすませ体調整備。
帰りがけ花屋で、コリウスを購入。
去年と同じポスト下に植え、
10月までかわいがってあげたい。

グリーンチャンネルで、2歳馬カタログ拝見。
ほうとか、はあとか。いろいろ思う。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
05.10.2019

追憶

三日間競馬があって、

令和になって、

金曜日から五月晴れ。

生きていこうよ――5月の風と光がささやく。

なんて、油断していたら、

いきなり風邪ひいてぶるぶる。

netkeibaの収録は、ハアハアでしたよ(笑)。

週初めは、

かきつばた記念、兵庫チャンピオンシップの予想原稿など入稿。

兵庫CCはクリソベリル圧勝。

まだ身体造りは六分くらい。

ぷくぷくで水っぽいけれど、

ダートは世代最強

――いや、脚元さえ丈夫なら、

ダート史を塗りかえる馬かもしれない。

1歳のキャロット募集ツアーで、

芝はサートゥルナーリア、

ダートはクリソベリル。

歩む路は違うだろうけれど、

世代きっての、すんごい横綱が並び立つ、

9月の牧場の光や空の青さを追憶したりする。

「丹下倶楽部」のPOG原稿、

丹下デルオから原稿修正依頼などくる。

どうしても赤字があるなぁ。

ヘンリーバーローズは、引退したもんだとばかり思って早とちり。

すみません。

ワグネリアンに新馬で負けたショックを、

早く忘れてしまいたいからかなぁ…。

ほんの1か月で、アクシデントが発生したりする馬もいます。

2歳戦開始まで約1カ月、もどかしくもあり、すんごく楽しい。

ゴールデンウィークなので、毎日新聞の夕刊はお休み。

日曜日はNHKマイルC。

グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンチェイサーなど、

応援合戦華やか。

府中は暗闇祭り。長女、次女の子供たちを宮参り。

《現在の人気ランキング順位は?》
05.04.2019

エース

ゴールデンウィーク、10連休。

 

ワタクシとはあまり関係ないのかもしれないなぁと、

一日を盛りに咲いたり、翌日にはもう萎んだりする

赤紫の躑躅を眺めていた。

 

しかし、間近になってみると、

スケジュールを組んだり、

みんないろいろ忙しいのかもしれない。

 

競馬仲間は、土曜日は東京競馬場へ。

続けて京都はしんどいけど、

月曜日は愛馬も出ることだし新潟へ行こうかな。

新幹線で、他とは少し旅装や意図の違う、

競馬ファンたちの姿を見るのかもしれない。

 

たまには仕事絡みではなく、

競馬ファン気分で新潟行きもいいね。

 

なんて思っていたら、あたた。

腹が痛~~い。

腸閉塞でちょっとばかり入院。

 

去年一度経験。

用心していたのですが、

仕事を3割減らして対応。

関係者の配慮に感謝します。

 

執筆したPOG本など、あれこれ広げてみる。

 

POG云々というだけではなく、2歳は楽しいなぁ。

 

「鈴木淑子の地球は競馬で回っている」

でも話しましたが(再放送をネットなどで聴けます)、

明け2歳。

ワタクシの牡馬のエースは

ディープインパクト×スウィートリーズン、

牝馬はディープインパクト×リアアントニアだぁ~~。

 

淑子さんは、

牡馬はディープインパクト×アパパネ。

牝馬はキングカメハメハ×ラストグルーヴだそうです。

 

もしかして、淑子さんの勝ちか(笑)。

 

牧場の人たちの志や決意などに思いをはせ、

淑子さんと話たりした。

 

だいたいイメージ通り、

頭になかったなという馬は、ふふ。

2頭くらいかな?


《現在の人気ランキング順位は?》
04.26.2019

夢占い

サートゥルナーリア、皐月賞優勝。

競馬は相手がいる、独り相撲ではない。
油断してはいけないね。

馬券は当たり。でもなんだか複雑。
中山からの帰り道、みんなの背中が、
サートゥルナーリアとヴェロックス、
ダノンを交えた、次のダービーなどを思っている。

なんて、中山2000mは、いまさらだが意外と難しい。
あのディープインパクトも、デビュー3戦目、
弥生賞の着差はクビ。
一瞬だがヒヤリとさせられた。

皐月賞の動き出しは、弥生賞を糧に
――そしてダービー圧勝へと昇華した。

臨戦過程は少し違うけれど、
サートゥルナーリアも、皐月賞を考えダービーへ。
ヴェロックス陣営も、当然ダービーの身体造りなどを
考えているでしょうが(笑)。

今年から監修の手など離れ、
一執筆家となりましたが、「POGの王道」も
校了間近だそうです。

2歳情報も、あちこちから顔を出し始めた。

今週も「鈴木淑子の地球は競馬で回っている」
にお呼ばれ(19日・金曜日、午後8時半~)。

明け2歳、牡牝のダービー・オークス候補発表を予定しています。

あたたかな夜、季節の変わり目。
この二~三日、夢見る回数がミョーに多くなった。

歳をとると、柔らかな春の風を受け止めるのも
複雑なものなんだなぁとわかった。

 

 

《現在の人気ランキング順位は?》
04.18.2019

爛漫

金曜夜、ラジオNIKKEIの

「鈴木淑子の地球は競馬で回っている」

におよばれ。

まずは3歳クラシック回顧。

口明け、淑子さんのセリフは、

「昨年の丹下さんの牝馬一番押しは

グランアレグリアでした。

でも、桜花賞は本命を打たなかったんですね?」

うえーん。死にたい。

実は今年の桜花賞当日は、

山口県の実家で父親の三回忌。

法要など終わり、おっし。

みんなでダノンファンタジー、

グランアレグリアを見ようじゃないか。

2着はシゲルピンクダイヤ……

テレビの前で何故か沈黙。

いたたまれないかのように、

満開の桜のトンネルの中を、

姉夫婦たちが博多へと帰って行った。

月曜日、netkeibaの、

桜花賞など2歳レース回顧。

火曜日、北九州空港から東京へ。

東京スプリント、社台グループの会報誌、

日本農業新聞、netkeibaの

まるごと必勝チャンネル撮影、

毎日新聞、土曜日ぶんの入稿など。

「POG」の王道の初稿も上がってきた。

金曜日、淑子さんの番組で、

やっとゴールが見えてきた。

虎ノ門の「升本」で、打ち上げ。

やせ細った体に、日本酒「山本」がしみる~。

予想など、このくらいで大丈夫だろう

という仕事のやり方は、

やっぱりボロが出るもんだなぁ。

歳をとりいろんなものを学んでも、

賢くなるのではなく、

ずるくなってもいいことはない。

ずる賢い奴は、歳をとると

さらにずる賢くもなるものだけれど(笑)。

皐月賞はサートゥルナーリア。

日本の競馬史を、世界の競馬を変えよう。

丹下厩舎は、

シュヴァルツリーゼ、アドマイヤジャスタも出走します。

 

《現在の人気ランキング順位は?》
04.13.2019