丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

ノーウーマン ノークライ

場内アナウンスで体重発表など聞き、

よしと乗り込んだ2022年のダービーのパドック。

 

ありゃりゃ。

ダノンベルーガの後肢の左右がアンバランス。

腰が歪んでいるよ…。

 

ダービーは、乾坤一擲の仕上げ。

攻めないと絶対に勝てない。

しかし逆に、究極の仕上げを施すと、

反動や弱点も顔を出してしまう。

 

相当厳しいマークにもあった。

しかし、最後よろりと内にもたれこんだのは、

やっぱどこか無理があったのかなぁ…。

 

なんて、ライバルたちを前に、

ドウデュースと武豊Jは堂々。

精神力、体力、完成度のすべてが上回っていた。

 

弾けるような大歓声、そしてユタカコール。

感動は声なしでは我慢できない。

 

脱力。

6時からダービーの打ち上げ、

いつもの仲間と2歳馬のドラフト会議。

 

ドラフト1位から、計5回もジャンケン負けたぁ~。

 

火曜日、もうひとつのPOGドラフト会議へ。

 

こっちはサイコロ。勝ったり負けたり。

でも、2つともある程度上位に置いた馬を指名できました。

 

丹下厩舎は、目下のとこ総勢22頭。

開幕週はリアリーホットが

中京マイルでデビュー予定。

なんか、みんな強そう。

 

JRA-VANで、エゾダイモンをポチリ指名。

 

木曜夜、岳父死亡。日曜日のダービーは見ていた。

 

土日は法要です。

 

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2022-2023年版 丹下倶楽部2022

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2019年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。