丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

ときめきに死す

 ジャパンⅭの朝、ワクワクしている自分を発見。
 競馬の朝のときめき、なんか久しぶり。

 日曜は馬券勝負。ただ、潮が満ちるのを待ち、昼過ぎてもボチボチ。

 7レースは、枠連2点。8レースのベゴニア賞、ちょっと勝負。
 9Rの白菊賞で、儲かったぶんを吐き出す。

 10RのアプローズSから再出発。ウェルカムS、阪神のカノープスSは、人気サイドだが、もらえるものはガッチリいただく。

 うっし。ジャパンⅭの資金はできた。

 先週のコラムでも記した通り、JCはなにがなんでもヴェラアズールの単勝。

 パドックで時折尻尾を振る。返し馬で頭を上げる。それ以外、身体のラインや張りはパーフェクトだと思う。

 しかし、凱旋門賞でも見ているかのように、道中まるで隙間がない。馬群は密集。手ごたえはあるが進路がないよ。

 万事休す。ああ神様。うううと唸りそうになったけれど、おお。ライアン!ライアン!ムーア様!
 内に切れ込みドトウの追い込み。ゴールではどんなもんだいと突き抜けてくれた。

 京阪杯のトウシンマカオはJCのヴェラアズールより堅いかも。

 宴会用に単勝。いただけるものはしっかりいただく。

 なんか、自慢っぽくてすみません。

 でも、儲かったなぁと思ったのは、3か月振り?半年振り?(笑)

 日曜日のネット競馬に上げた予想は、12レース中11レース的中(阪神の白菊賞ハズレ)。
東京競馬は、1レースから予想していれば、パーフェクトを達成していたと思う。

 ちなみにホースニュース馬社の本紙予想時代、馬連パーフェクトは2回。枠連を入れると3回。努力していた時は、報われることもあった。

 チョーシにのって、ごちそうしまくり、ちょっと後悔。よくあることです(笑)。

 今週から中山へ、中京を含め3場開催。気を引き締めよう。

 12月というのに、まだコリウスが元気に咲いている。霜が降りる前に、朝顔、ハイビスカスを鉢やプランターから地べたに植えかえてみる。

 木曜日はコロナワクチン5回目の接種。

 夜中2時半に目が覚め、寒いのか暑いのか。なんか身体が変です。解熱剤を飲む。4時からのサッカーを無理してみるとヤバイかも。

 うとうとしていたら6時。ニッポン、勝ったんですね(笑)。

 今週は丹下厩舎はお休み。

 12月に愛馬たちが2頭新馬デビューできるかも。他の一頭は中山の未勝利、もう一頭はエリカ賞へ。

 来週の阪神JFにはリバティアイランドの登録があります。

 12月中旬から仕事がドカドカ。体調を整え、働かなくっちゃ…。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2022-2023年版 丹下倶楽部2022

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2019年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。