会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

「まさかの共倒れ」

 皆さん、驚きましたね。   先週の新馬戦。  ミスティックベル、グレインアートの両評判馬がとんでしまいました。  なんて(師匠のクセが)、私は○アドマイヤヘッド−◎メイショウレガーロ、ほぼ1点で当たってしまったんですが […]

アステリオン初時計

   <アステリオン>     「ゴールドアグリが新潟2歳Sに出走するんで、土曜日の最終か。日曜日の朝一番の飛行機で、新潟入りします」  社台FのNサンから、メールが届いた。  ゴールドアグリは、四人が共有する […]

「金を払ってでも聞きたい話の巻」

 札幌記念の日の「A1ニュースステージ」のゲストは、元ジョッキーの坂井千明さんだった。  ゲストは、レースを見終わって、スタッフからの電話を待つ。  それは自宅であったり、競馬場であったり、この日の坂井さんは後楽園場外で […]

大人の新潟2歳S

 ミデアム出版社の定期購読競馬雑誌  “おとなの馬券学” のNo・20号から、ワタクシの連載が始まりました。     ミデアム出版社といえば、大橋巨泉サンの“競馬解体新書” […]

「京都飲み倒しの巻」

 その日、ぼくは、みのもんたになった───。  神のご加護か、8月20日は馬券の調子が良く、器に似合わぬ大金を手にしたぼくは思った。    「そうだ、京都、行こう」  東京で仕事を終え、ちょっと一杯という感じで祇園に行く […]

一年経って新潟記念

 早稲田の斎藤クンのアレコレで、青いハンカチが大流行である。  というワケで、御大井崎シューゴローは、4枠に「チーフ」という名前が入っていないか。  目を皿のようにして伝馬表を探し回っていたが、  「みっけ。土曜日の小倉 […]

「激化する読者参加型企画」

 最近の競馬雑誌を見ると、読者参加型の企画がかなり増えております。  一番多いのがやはりPOGで、ほとんどの雑誌がやっているそうです。  でも、集計が面倒くさいんですよね。  我が「競馬フォーラム」は読者層の年齢が高いこ […]

「待ちに待った? ミスティックベル」

 1週目の1800戦は除外、2週目の1800戦は混合戦がなくて出られず。  その間、時計を出さなかったりして(牧場の戻っていた?)、結局使わないのかと思っていたミスティックベルが今週、やっとデビュー。  しかも同じレース […]

横綱の土俵入り

 札幌開催は、きっと濃い新馬になるとは思っていたが、8月23日・水曜日。  馬社のホームページの番付で、西の横綱に推挙したクルサード(母ポトリザリス)が、函館のダートで、  ● 13秒4−12秒7−14秒0  とりあえず […]

平穏な晩夏

 新潟の行き帰りに、毎年一度。客席にも人が立っているような混雑に見舞われるハズなのに、今年はソレがない。  日めくりというか、お盆の帰省のアレコレの人々のスケジュールが、上手くいっているのかしらと、ずっと思っていたが、奇 […]

「桜花賞馬が死亡の巻」

 この1週間に桜花賞馬が立て続けになくなった。  8月16日には、1993年優勝のベガがクモ膜下出血のために。  また19日には、昨年優勝のラインクラフトが急性心不全のために。  2頭とも闘病中だったわけでなく、じつにあ […]

身悶え中

 車窓の向こうでモクモクと、入道雲が沸き立っている。  温度計は36度。  夏が遅い盛りを迎えている。  北海道あたりでは、チョロチョロ台風もクダを巻いたようだが、土曜朝の2歳新馬戦は(芝1800M)、1分50秒4。   […]

「どうして? 札幌も高速馬場に」

 札幌開催が開幕しましたが、今年は時計が速い。  初日にミレニアムウイングがレコードを出したのはまだ驚かなかったのですが、翌日のマンハッタンバーの新馬・芝1800にはチョービックリ。  ジャングルポケットが札幌2歳Sで出 […]

「ブライトロジック惜敗」

 ミッキーダンディが厩舎を出たり、入ったり。  フライングアップルが厩舎にいるのか、いないのか?  相も変わらず藤沢和厩舎に悩まされている山田乗男です。  そんな心配は全く必要ない松田国厩舎は、予定通りブライトロジックを […]

アチコチでガッツポーズ

 先週に引き続き、札幌の新馬戦に1800Mの芝が組まれている。  ただ、先週がマル混だったのに対し、今週は単なる指定レース。  従って、例えば藤沢厩舎のミスティックベルにフライングアップルなどのマル外が出走できない。   […]

「かにかくに山古志村は、の巻」

 「最終レースで◎シベリアンヒートが来たら、温泉に行くよ」  4着に敗れ、前回のブログにあるように、自宅の「ツキなし温泉」でへこんでいた丹下を見捨て、われわれ6名の「ツキあり温泉」組は、月岡で競馬疲れを癒してきた。  泉 […]

ツキなし温泉

 帰省した折に溜まっていた原稿を、会社の仕事を終え合計5本。  水曜日から金曜日の夜にかけて、ワシワシと原稿を書きまくった安堵感と、その反動で、土曜日の夜は、新潟で栗チャンと暴れまくってしまった。   グルグル […]

友の恋歌 矢車の花

 土曜日の朝だというのに、中央線は、大きなバッグを抱えた子供連れで、やけに込んでいた。  お盆なんですよね。  土曜の午後4時すぎに、東京駅の「銀の鈴」で栗岩太郎クンと待ち合わせ、4時半くらいの新幹線で新潟入りしようと約 […]

「ぷちナショナリズム体験談の巻」

 オシムJAPANの緒戦  「対トリニダードトバゴ戦」 を観に国立競技場に行ってきた。  日本代表の試合は混んでいるし、騒がしいからテレビ観戦がもっぱらだったが、せっかくチケットをいただいたのだし、台風一過で気持ちよさそ […]

グリーン・ウオッチング  Vol 3

 新馬戦は「上がり」  競馬の予想においても、馬券術としても、簡潔でいて、けっこう的中頻度の高い方法に、  「上がり3Fの数字の優劣」があります。  例えば、リサイトアチャームの新馬戦。  【ハロンラップ】  12秒7− […]

1 / 212