丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

朝晩いっぱい

お世話になっているマッサージ店の人が、

滋養になるから、ぜひ飲んでと、養命酒をくれた。

 

小学校5年の頃、トモダチのお父さんが

(うちの父親とあまり仲良くないのに)、

養命酒のよさを家まできて、

力説していったことがあった。

 

そんなにいうなら、

試しに日出夫にでも飲ませてみるか。

連続して3本くらい飲んだ覚えがあるが、

確かにあの時、かなり食欲がわいた。

 

でも、大人になれば

――というよりは還暦もすぎれば、

同じような効果はないだろうな。

 

と、思っていたところが、夜、なんだか寝付けない。

ここ数年、足や身体の冷えに悩まされていたが、

気温は低いのに脚が熱くなって眠れないワケ。

 

なんじゃこりゃあ――そうか、養命酒か。

 

それは一日だけでしたが、なんだか冷えが収まったような気もする。

 

井崎シューゴロー先生、鈴木淑子さんに、

今度あったら、朝晩いっぱい試してみたらと話してみよう。

 

引退される調教師、そして騎手の方々。

本当にご苦労様でした。

 

蛯名Jに初めてあったのは、

社台グループのクラブのなんかの祝勝会。

まだ十代、師匠の矢野進さんの隣りで、

オレンジジュースを飲んでいた。

 

角居さん、友道さんは、

調教師になりたてのホヤホヤのとき、

ノーザンF早来の坂路で、

なぜか一緒になり、お顔を認知。

3歳夏のデルタブルースが、

早来の坂路をポクポク走っていた(後に菊花賞馬)。

 

松田国師には、パーティーの二次会で、

寿司をごちそうになりました。

 

西浦さんといえば、カツラギエース。

騎手時代は、ロン毛でしたよ(笑)。

 

あの顔、この顔、思い出はつきません…。

 

新馬戦も終わり。

丹下デルオ、P太郎が、

2歳馬たちのデータを送ってくれた。

 

緊急事態宣言が解除されたら、

小さく打ち合わせ。

3歳世代振り返り会議は、

反省すること山のごとし。

しかし、このご時世。

小声でそっと終わり。

2歳の展望のほうを厚くしよう。

 

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2021-2022年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2019年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。