会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

さよなら、ショコラ

子フグ1号、卒業旅行から帰還。

帰宅の翌日、この一週間、ずっと横になったままだった駄犬が逝った。

痛いんだろうな。苦しいんだろうな。

しかし、一言もうめき声をあげず、荒い息遣いで、じっと伏せたまま。

事切れる1時間前だったか。キャンキャンと鳴き声を一つ二つ。

この5~6年。足の怪我や病気で、ちゃんと散歩もさせてあげられず(世間の子供たちが、たぶんみんなそうであるように、娘たちも可愛がるのは最初だけだったかも)、いつも恨めしい目で見つめられていたような気がしていたが、朝、ポストに新聞を取りに行く前、トイレに行く前、「おい」と声をかけた駄犬は、もういない。

リードや犬小屋や、いつも座っていた毛布が、まだ転がったままだ。

14歳と少し。

世の中の誰でもが、そう思うように、小さくとも一戸建てを買ったのなら、そりゃあ犬だろ。

長女8歳、次女5歳。

「パパ。名前はコロかな。やっぱ、ショコラかな」。

小フグ1号は言ったが、ワタクシが8歳の時、近所で生まれた野良犬の仔を、仲間と育てようと画策した時。その犬につけた名前も、コロだった。

父娘二代にわたる、無知や馬鹿さ加減に、思わずのけぞってしまった覚えがある。

でも、まだ愚かなだけの娘たちと、幼犬が、「原っぱ」と名付けられた、草ばかりが生えているだけの公園の丘を、「パパ~」「ワンワン」と、わさわさと風を切ってワタシに走り寄ってくる風景は、本当に月並みだが、人生で一番の幸せだった。

子フグ1号に2号。キミたちが大きくなって、そして子供が生まれたら、また犬を飼うことがあるかもしれない。

その時、どういうお母さんになっているのだろうか。

さよなら、ショコラ…。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。