会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

ビックリした

従妹の友人が出資しているスイートジュエリーが、先週日曜日の阪神・夙川特別を1分8秒8でレコ勝ち。

重馬場で脚抜きのいいダートにしろ、従来の記録を0秒9更新。しかも後続には5馬身の楽勝。

いやぁ~。ビックリした。

この中間、栗東坂路で上がり11秒5という、仰天の時計をマーク。ひょっとしたらひょっとするかもとは思ったが、世に言う「上がり馬」の一頭に加わるとは。

なかなか勝てなかった昔は、できることならマーペースの逃げが望ましい、早めに先頭に並びかけ、ヤル気を喚起しないとフットワークに切れがなくなる、根性なし馬のだったのになぁ(笑)。

さて、今週の阪神芝1600mには、シャドウダンサーが登場。

最終追い切りは、ロースSで人気を背負うだろうデニムアンドルビーたちと、くんずほぐれつの追い切りを消化したみたいですが、“POGの王道”のためにと、オーナーが特別に出してくれた、1歳当時から思い入れの深い馬でもある。

かなり相手は揃っているみたいですが、ダンスの仔なんで、大暴れしなければ。蓋を開けたら、あれれ。距離が長かったなんてことにならなければ、普通に好勝負できるように思う。

デビューはまだ未定だが、サウンズオブアース(母ファーストバイオリン)も、“POGの王道”による、スクープ的な一頭。今週はDPコースで追い切り予定。

トゥザワールド(母トゥザグローリー)も、追い切りがどうの。アレコレ言われているようだが(笑)、3月の取材時の感触を大事にしたい。

今週14日・土曜日はBS11出演予定(PM4:00~)。

「丹下見当倶楽部」で、その二頭をお披露目できるかも。

そういえば、先週北海道でロザリンド(母シーザリオ)に遭遇。

牝馬のぶん、エピファネイアとは体型は異なるものの、いやぁ。いい馬になったなぁ。

「知らん顔して、乗って帰ってしまいたい」と、ノーザンFの、別厩舎の厩舎長が語っていたが、ごく近々、栗東へ送り出すようです(もう行ったかな?)。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。