会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

【告知 Gate・Jイベント】

10月11日(金)、午後6:00から、GateJにて、“ダービーの光と影”と名をうった、イベントを予定しています。

シンボリルドルフやミスターシービー当時の、若くおバカなワタクシも、そこにいる、競馬の風景を、一人で語ってみてはどうかという、恐ろしい催しだったりしますが、観に来てね。

よろしくお願いします。

コケたときのために、秋華賞の検討会も、ありますが(笑)。

なんて、ちょっと前の話になるけれど、10月2日はワタクシの誕生日。

でも、何もすることがない。子フグ1号も2号も愚妻も、お祝いは、コーラとショートケーキ1個かよ(笑)。

それもいいが、そうでもないような。

でも、せっかく誕生日だから、歩いて3分の府中試験場に、免許書の書き換えにでも行こうか。

講習を受ける、合間の30分。手ぶらで家を出たので、ありゃ。何をしたらいいんだろう。

そうだ。週末の日曜日は、毎日新聞の社杯“毎日王冠”。

昼休みには、鈴木淑子さん司会で、トークショーがある。

待てよ。御大・井崎シューゴローちぇんちぇえの、サンデー毎日の“予想上手の馬券下手”を、最近ちゃんと読んでいなかったかも。

今はネットの時代。ケータイで、ひょいと呼び出すと、そのコラムのバックナンバーがズラズラ。

ああ。毎回毎度、いい原稿だなぁ。さすがセンセーだなぁ。

なんて、シミジミしながら時間つぶししていたら、2か月くらい前のある号で、
「大川慶二郎さんは、当っても外れても、そのどちらに関しても述べることを、決して潔ぎよしとしなかった」と書いてある。

ドキ。

“戦い終わって日は暮れて”で、時々オレ。

当たって、鼻高々。外れて言い訳。師匠。ボク、間違っていました(笑)

毎日王冠の昼休み。久しぶりに井崎さんの顔を見ながら、出番前の打ち合わせの際、ふとあの号の文章が頭に浮かんできたりして。

だからでしょうか。毎日王冠、外れ。京都大賞典は論外。謙虚にならなくっちゃ…。

戦い終わって、東府中の“やる気茶屋”で打ち上げ。毎日新聞の違う部署の人たちと交流できるのも、この機会がいわば最大。人と話すって、やっぱ面白いね。

府中の“武蔵野うどん”に移動して、凱旋門賞観戦。いつものように、大酔っぱ(笑)

火曜日・午前2時半。週刊大衆のグラビア撮影と取材のため、編集者とカメラマンと、千葉のエスティファームに突撃。

“POGの王道”でも、トップページで記事に起こした、トーセンジョウオーの11の坂路調教を見たり、坂路や逍遥馬道を上り下り。「山」や「森林」の空気を、いっぱい吸ったが、でも腹筋がピクピク(笑)

ああ。馬造りは、いいなぁ。

その顛末は、どこかでいずれまた。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。