会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

『真夏の王者決定戦』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴

 今週はガッツリと平地3重賞。

 やはり注目は小倉、新潟の2歳S。

 さらに今週の注目デビュー馬の動きも含めて、早速見ていくことにいたしましょう。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.30.2007

盗撮なんかしないよ

 先週(8月19日)のテレビ放送をみた、某蕎麦屋のヨメが、

 「怪しすぎ、、、、。エロ教授みたい!」

と、出演して5分過ぎにメールを打ってきた。

 「どちらかというと、大竹まことサンかもしれない」

と、本番前にスタッフにこぼしたら、

 「それじゃあ、宮嶋サンの頭とか。バーンと引っ叩いてくださいよ」

と言ったが、怖くてそんなことできるか(笑)。

 なんて、先週は新潟記念もキーンランドCも大外れ。

 新潟9レースの鳥屋野特別が少し当たったので、大怪我をせずに帰途に着いた。

 元学生運動の、ひ弱な闘士御一行様たちも、何故か7レースの3連複で大もうけしたようで、こういう道中は気が楽ですね。

 前日の土曜日には、やっとM調教師やJRAのHサンと巡り合い、「優」で美味しい酒を飲むことができました(「奥飛騨慕情」も聞いたことだし)。

 ホントはお返しに、キーヨの「また逢う日まで」をぶっ放してやろうかなと思っていたんですけどね。

 でも、嫌われたら困るので、大人しくしていた小心なオレ(笑)。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.29.2007

暑い暑い 暇って言うな

 テレビや新聞が、「暑い暑い」を連発すると、さらに温度が2度上がる。

 競馬開催がなくて、「暇だ暇だ」と騒ぐと、ことさら暇に感じる。

 画一的ではなく、もう少し違う報道の仕方はないものかと、日々のニュースに背を向け、ヤンキースの新星チェンバレンに、キャッキャとはしゃぐ毎日だが、今週の開催が決まったみたいですね。

 でも、新潟行きを企画していた友人たちは、先週の段階でキャンセル続出。

 毎年恒例だった、最終週の延泊も今年は見送りだなぁ…。

 とりあえず新潟2歳Sを予定していた、キャプテントゥーレも、グリーンウッドにでも行ってしまい足止めをくらってしまったのか。ここニ週、栗東の調教に姿を見せない。

 短期放牧に出された馬の再入厩。牧場から入厩も規制があるし、秋以降のPOGの青写真が、かなり狂ってしまう。

 ある近しい人が一口持っているタケミカヅチは、無駄に元気に猛調教をこなしているが(笑)、来週の2歳Sは、棚からボタ餅かもしれない。

 とにもかくにも、今週は競馬。

 無駄に長く予想家をやっているせいなのか。予想で迷うこともなかったが、新潟記念やキーンランドCのアレコレは、続きをクリックしてね。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.25.2007

『今度こそ、競馬がやってくる』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴

 先週、『それでも競馬はやってくる』なんてタイトルにしてみたら、

 まさかの馬インフルエンザによる開催中止。

 参ったなあと思ったら、感染は公営競馬でも確認され、全国的に開催中止が相次ぎました。

 今週は、中央競馬は開催の見通し。

 まずは開催にたどり着いたJRAの尽力に感謝するとともに、感染が一刻も早く収束へと向かうことを祈るばかりです。

 今回の一件、やはり馬券を買う、買わないという選択権は我々ユーザー側にあるわけですから、競馬の公正が確保されるのか?と懐疑的な意見を持つ方は、馬券の購入を控えればよいだけで、安易に営利至上主義とJRAを悪くいうのは、筋違いだと思います。

 さあそれでは中止を乗り越え、新馬戦も仕切り直し。

 それでは開催場所別に見ていきましょう。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.23.2007

グリーンウオッチング Vol・25

 今日の競馬と明日の競馬

 テレビや新聞が、毎日のように温度計の数字を、繰り返し繰り返し報道している。

 選挙があれば明け方まで討論会が開かれ、株価が上下すれば右往左往。

 慣れっこになったとはいえ、ある特定のネタを、どのテレビ局も新聞も、一日に何度も見せつけられると、それだけで気温が2度程度上がったような気になるが(笑)、だけど問題は今日の競馬。

 そこにあるべきハズの競馬がないときの喪失感だけは、身に染みる…。

 筆者は、山陰地方の田舎育ちで、ほんとんど競馬に縁がなく、中学校の時分、テレビの画面で増沢サンが“さらばハイセイコー”を歌うのを、不思議な気持ちで眺めていた者だが、従ってインフルエンザが流行した、トウメイの頃の有馬記念のアレコレも知らない。

 ただ、二十歳をすぎて、ミスターシービーやシンボリルドルフで(ビゼンニシキもね)、突然競馬に目覚め、この世界に入って以来、土曜と日曜の朝の高揚感を当たり前のこととしてきた。

 競馬をなくしたときの喪失感というか。他に何も趣味をもっていない自分に愕然としましたが、みなさんは競艇や競輪で代用できるんですかね?

 パチンコをさなるんでしょうか?

 競馬好きの前で、「暇」という言葉だけは繰り返し報道しないようにして欲しいが(気分が更に滅入る)、さて愛馬会の2007年産駒が走る来年の今頃。

 今年よりも少し涼しく、普通に競馬が施行されていることを祈るばかりですが、ゴールドアリュールのファーストクロップの活躍で、カタログのソングフォーミーとティエッチダンサーに、すぐに目が行ってしまった。

 あくまでも個人的な好き嫌いですが、前者はやや小柄ながら、ゴールドアリュールの仔にしては柔軟で品がいい。

 後者のティエッチダンサーは、父の特徴がダイレクトに伝わった、骨太のアリュール産駒に見える。

 サンプル数は少ないが、つい先日の新潟で新馬を勝ちあがったタケミカヅチやゴールドストレインをみると、2歳の夏の今にしては、両者ともに首差し・トモの厚みが際立っており、平坦とはいえ、昨年の新潟2歳Sを制し他ゴールドアグリと同等の10秒台のラップも、上がり3Fの中に見て取れた。

 新潟2歳Sの勝者は、言い方は悪いが毎年尻すぼみといったケースも多々見受けられるが、ゴールドアリュール産駒には、父同様、ダートという、もうひとつの選択肢を備えている。

 正直、いきなり同産駒が、いきなりブレイクするとは思ってもみなかったが(笑)、もちろんエルメスティアラの06に、ハッシュバンバン、リーチマイハーバー。クリスエスらしくないのが、却っておもしろい、ビッグハッピーの06辺りに付箋を貼ってみましたが、馬を見る目のない丹下。

 インフルエンザ・ボケしているかもしれないし(笑)、あくまで参考まで…。

 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.21.2007

「ヒマ」

 地獄のような週末を過ごした皆さん、しっかり生きてますか?

 私は気が狂いそうです。

 競馬が1週間(てゆーか2歳戦だけなんですが)休むと、こんなに苦痛なんですか??

 あの忌まわしい正月休みを思い出しましたよ。

 それでも仕方なく競馬中継をつけていると、グリーンチャンネルは思い出のレースとかばかり(昔のレースを振り返るとか、私は全く興味ないんだな)、テレ東もウオッカの牧場めぐり(こーゆーのも興味なし)、Uチャンネルは2歳戦オンパレード(POGマニアには見飽きた物ばかり)。

 まあ、ここらへんは視野が狭い私だから楽しめないのだが、ずっこけたのはフジテレビ。

  【現在の人気ランキング順位は?  

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.20.2007

今日は私の好きな馬が走っていない

 クーラーなしの、四谷の6畳一間のアパートに住んでいる、栗岩太郎があえいでいる。

 競馬以外は、ふた月に一度しか、ショッパイ旅行紀行文の仕事しかない、貧乏競馬ライター山田乗男が悲鳴をあげている。

 南関東の競馬場の職員であるSサンも、

 「ボクチンたちはワクチンが」と右往左往。

 あるスポーツ紙によると、土日の中央競馬の損失は、専門紙の売り上げも含め、約450億になると試算していたが、スポーツ紙の売れ行きにも影響を及ぼすだろうし、公営競馬も心配だ。

 この機会を利用して、故郷の広島に里帰りした某TMは、帰ってきたら席も会社も消えていた。浦島サン状態も考えられる。

 牧場での検査や移動も考えると、開催したからといって、すぐには通常通りとはいかないでしょうね…。

 なんて、そういうこともあるのではないかと思って、ある刑事事件を追うルポを、一冊の本にまとける仕事を、たまたま請けおっていたりするオレ。

 ふふふ。

 いつかフライデーの編集者と話した、グラビアアイドルのパドック解説の仕事を、本格的に進める時もきたのか?

 平凡パンチのアグネス・ラムの写真を引っ張り出し、出陣に備えているワタシですが、しかし、唯一アイドルで名前を知っている、横綱・長澤まさみのスキャンダルが発生。

 くくっ。

 オジサン、とっても悲しいかも。

  【現在の人気ランキング順位は?  

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.19.2007

「たまには競馬中止もいいかな、の巻」

 自分は元気なのに、周りのみんなが風邪をひいて学級閉鎖になった感じといったらいいのか。

 仕事を休めてちょっとうれしいのだが、フリーの身としては、1ヶ月も2ヶ月も競馬中止になると、おまんまを食っていけない。

 痛し痒しの馬インフルエンザだ。

 仕事にかまけてサボっていたブログだったが、今さっき、丹下から電話があり、お前ヒマなんだろ、今日こそは仕事の責任にはできないぞ。

 さぁ、書きやがれ!

 ヒマなのは、あんただってそうだろが。

 それはさておき、台風や降雪を除き、競馬中止で丸々ヒマになったのは、ボクにとって「皇太后のご逝去」以来。

 あの時は、まだサラリーマン。

 雑誌の取材で函館にいた。

 「北の馬券師」と呼ばれる天翔馬さんの馬券勝負をドキュメントするためだった。

 湯の川温泉に宿をとり、初めての函館だったので、ほとんど旅行気分。

 そこに、競馬中止の情報が入ったのだから、こちとら心中でほくそ笑んだ。

 さぁ、何して遊ぼ、浮いた馬券代で何を食お。

 たまには羽を伸ばしてもいいだろう。

 函館山を周遊する船に乗り、のんびりと波に漂いながら、イカ釣りを楽しんだ。

 釣果を地元の寿司屋に持ち込んでさばいてもらい、あの、飴色の、こりこりの、肝はとろりとして、この世の食べ物とは思えない。

 酔った勢いで、五稜郭付近の女の子を釣りに行った。

 明日、罰が当たっても仕方がない。

  【現在の人気ランキング順位は? (さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.18.2007

『それでも競馬はやってくる。』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴

 暑中お見舞い申し上げます。

 連日、大変な日照りが続いていますが、みなさんは、元気にお過ごしでしょうか?

 気温が38度を越えようが、なにしようが、週末の競馬はやってくるわけであります。

 多少は、週末にかけて猛暑ぶりも収まるそうではありますが、

 それでは、良血、期待馬が今週もスタンバイ。

 一服の清涼剤となるかどうかはあれですが、

 軽快な新馬の動きを見ていくことにしましょう。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.16.2007

馬そのものは見えている

 お盆興行のハズなのに、先週の行き帰りの新幹線は、想像したよりは微妙に空いていた。

 とはいっても、東京駅のホームは、さすがに帰省客で溢れかえり、冷房もきかず腰をおろす場所もない東北・北陸系の新幹線ホームは(最前列にあるのだが、お年寄りや身障者にとっては、エレベーターも遠いことだし、エラく不便だろうな)、みんな汗みどろです。

 なんて、フグ女房が、前回のコラムを読み、物凄くフンガイしていたので、愚妻の話は割愛するとして(笑)、土曜の夜は、週刊大衆の編集者が、急遽車で新潟入り。

 「ふと旅打ちがしたくなって、お盆も仕事の彼女に走り書きを残して、東京からトンズラこいてきました」

と言っていたが、大衆での担当は、GⅠシリーズでのワタシのほかに、ギャンブルならドンと来いの、某超有名作家。

 「旅打ち」を身を持って実践しているところを見ると、やっぱI先生は(井崎シューゴローじゃないよ)偉大だ。

 なんて、土曜の夜は、馴染みの“いかだ寿司”で、テレビスタッフを交え、ちょっとだけドンチャカ。

 二軒目のバーに行ったら、

松山師が何度も来てくれたのよ」

と、ママが言っていた。

 もしかしたら、セレクトセールでのやりとりを覚えてくれていて、ワタシに気を遣って足を運んでくれた可能性が高い。

 先週までいろいろあって、不義理をする形になってしまいましたが、これからは毎週通うのでヨロピク。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.14.2007

あいやぁ〜。珍道中だよ。

 困った、困った。

 今週の土・日と、新潟遠征にフク女房がくっついてくるという。

 先週あたりから、さりげなく街に買い物に出たり、鼻歌を歌いながら旅行用品を揃えているシーンに出くわしたりしたが、見てみぬフリをして誤魔化していたんですけどね(笑)。

 どうやら本気みたいです。

 実は結婚して以来、貧乏だった若い頃。カミさんの親父のトラフグの奢りの温泉旅行とか(民宿が多かったな)。

 子どもたちとの田舎への帰省や、子フグどもがピヨピヨと幼かった時分に、市の保養施設を利用したりのソレとか。

 つまりは愚妻と二人で旅行に行った覚えがない。

 48歳前後の、同い年の競馬好きのみなさん。

 女房と一緒に夏の新潟に行って、普段ワタシがやっているように、競馬の前夜、派手にドンチャカやって様をそのまま見せる勇気のある人は手を上げてください(笑)。

 いざ日曜日は、馬券でエラく損しているとか。バレバレの状況をフク女房が目撃するかもしれない恐怖でオタオタしている、前夜のワタシです。

 なんて、愚妻の新潟同伴を、すばやく聞きつけた栗岩太郎とPRCのAサンは、なんと新潟の月岡温泉の接待を断り、急遽自力で小倉遠征に切り替えたらしい。

 オメーら。まだお中元が届いてないのは何故なんだよ?

 ちなみにフク女房は、日曜日にワタシと一緒に連れ立って、テレビ局のブースにドカドカ押し入り、宮嶋千佳子サン目黒貴子サンにも出合ったりするかもしれない。

 愚妻の話題は「ハンリュウ」しかなく、とりあえず宮ちゃんとは話が合うようですが、目黒サン。愚妻と出会ったら、つまんない話にも相槌をうってあげてね。

 というワケで、予想や馬券もカッコつけないとマズいので、いつも以上に気張ったりしましたが、クイーンS・北九州記念のアレコレは、続きをクリックしてね。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.11.2007

「やっぱ駄目だった」

 函館2歳Sのエイブルベガは、久々のローカル2歳重賞を狙えると楽しみにしていましたが、やはり悪い予感が当たってしまいましたな。

 頼むから雨だけはやめてと思っていたら、雨どころが台風が接近ですからね。

 案の定、スタートしてもスピードがつかず、追走が精一杯。

 直線では脚が余っていませんでした。

 まあ、またつくりなおせばいいんだろうけど、早熟性が強く、距離延長も微妙なイメージから、函館2歳Sは少ないチャンスだったのだが。

 まあ、ファルコンSでも狙いましょう。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.10.2007

『大物たちが本格始動』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴

 去る8月5日。

 函館競馬場にメジロライアンが登場。

 20歳という年齢から、パドックでの軽いお披露目程度かと思いきや、

たて髪を短く刈り込む往年のライアンカットを施され堂々とパドックに登場すると、

本馬場では、元気よく飛び出して、パワフルなキャンターを披露。

 騎乗した往年の名コンビ、横山典弘騎手も、『凄い乗り味!』

と絶賛。

 名馬は、年を重ねても名馬であり、輝きを失わないものなんですね。

 なんてその前日、

 メインレースのみなみ北海道Sは、メジロライアンの息子メジロコルセアが人気薄ながら堂々と逃げ切りV。

 更に2着には、横山典弘騎手のゴーウィズウィンドが入って、馬連2万馬券の大波乱。

 ライアン登場をもっと意識していれば取れた?馬券と悔やむも悔やみ切れず。

 とはいえ、父兄が授業参観に来ると、毎回、緊張の余り、おしっこをちびりそうになっていた自分の過去を思えば、気付いていても取れなかったかなあとも思ったりするわけです。

 さあ、今週からは、札幌開催がスタート。

 それでは開催競馬場別に、調教の動きを見ていきましょう。

  【現在の人気ランキング順位は?

 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.09.2007

もう立秋でんがな

 関屋記念ウィークは、山口の田舎に帰省すると決めて、何年か経つが、今年は面倒な事も起こったりして、妙に暑苦しいミンミンゼミの声を聞きながら東京の自宅に在る。

 たまたま関屋記念は、カンパニー×シンボリグランで決まってくれて、ここ数週間、とりあえず日曜のメインレースだけは、予想も馬券も上手くいっている。

 先週、会社の机の上に、市川市のとあるファンから、北陸Sで大もうけした旨、お礼の手紙なんかも届いていたりして、当面の大きなレースでは人に感謝されてりすることもあるし、今週の北九州記念も、アストンマーチャンで、ほぼいける。

 でも、いつもの年なら、一年に一度だけ競馬を忘れて、日曜日は親父や友人と釣りに行っているんだよな(テレビで釣りバカ日記をみたら、ますます恋しくなったりして)。

 そんでもって、子フグ1号・2号と海で戯れたり、花火をしたりして、ほんの一瞬だけジンワリと親娘のアレコレにウットリとしているハズなんだけどなぁ…。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.07.2007

グリーンウオッチング Vol・24

 夏の慈雨

 盛夏の新潟にしては珍しく、今年は開催日前日に雨が降り、高速決着が定番の新潟にしては内が荒れ気味だ。

 関屋記念のカンパニーのように、豪快に大外を突き抜けてくるパターンもあったりして(まるで開催末期の新潟記念のようだった)、今年は競馬の風景が少し違うような気がしているが、おもしろいことに力を要する芝コンディションになると、勝ち馬・もしくは上位二頭の馬が、後続を3〜5馬身以上引き離す競馬が随所で見受けられる。

 ポンテペルレの5馬身差圧勝が典型的なのだが、ひと雨くると、「平坦・軽い」を頼みにしている馬たちはお手上げ。

 馬場が渋れば、地力の差がハッキリと前面に出てくるということなんでしょう。

 ただ、そこは新潟。

 多少馬場が渋っても、ポンテペルレの1分20秒7もカンパニーの1分31秒8も(1400m通過は1分19秒台だった)、時計はやっぱり速い。

 今週は、やや外よりの差しも決まっていたが、晴れが続けば芝も急速に回復する。

 例年、3回新潟になると、何故か再び内よりが有利だったり、更に時計が速くなったりするから、油断はできないが、ポンテ君の優雅な楽勝を思うと、次開催でもう一丁をノンキに考えてしまいますね。

 グリーンアラモードも、降格の500万なら普通に勝って当たり前。

 元々1000万でもトップレベルの持ち時計がある馬だし、事実ニ走前の1分10秒8(重馬場)は、同日の1000万と、わずか0秒4差だった。

 残念なのは、2歳未勝利のステラダルク

 直線入り口で早くも手綱が動き出したのには拍子抜けでしたが、単にダートが合わなかったか。週明けの競馬雑誌のジョッキーのコメントを読めば、たぶんそう書いてあるに違いない。

 ただ、7月初旬の美浦坂路は、チップが軽く好時計を連発する馬が続出したとはいえ、上がり1F・11秒9というのは、純然たる能力。

 予想を打つ際は、調教のその一点のみで正面突破できるし、みんなが忘れたり飽きたりする頃に、印や馬券として威力を発揮するもんなんですが、しつこくなければならない自分が、時々嫌いだったりして(笑)。

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.06.2007

赤裸々記念?

 「なあ、丹下。新潟競馬場というか。競馬場で、身障者用の車椅子を借り受けることができるんだろうか?もしそうなら、今年も新潟に行けるんだけどなぁ…」

 不慮の事故で入院生活を余儀なくされた、近しい人が言っていたが、JRAサン。どうなんですかね。

 指定席には車椅子用のスペースもあるし、たぶん大丈夫なような気がするが、

 「でもね。その前に、JRはダメなんだよな。新幹線には車椅子のスペースもないし、身障者用の指定の割り振りもない。往復2万いくらの料金を払うのに、それはないよ」

と、こちらのほうに憤慨していたが、健康を損なって始めて、見えてくるものもあるかもしれない…。

 なんて、彼の近しい人。

 「新潟記念はニシノナースコールで決まりだな。入院してるとね。やっぱりというかナンとうか。看護士サンが天使に見えるんだよな。これも何かの縁だから、ナースコールをプッシュプッシュ」だって。

 いやあ〜。

 なんでもかんでもナースコールをピンポンの、アイツの入院生活の様が目に浮かんでくるようだなぁ(笑)。

 というワケで、関屋記念。

 予想のアレコレは、続きをクリックしてね。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.04.2007

「2歳Sだけは欲しいのだ」

 今年のPOG重賞第1弾である函館2歳Sが目前である。

 ドラフトを終え、最初の重賞までがホント長かった。

 いや、いつもなら関心がないレースだったのだが、今年は違う。

 というのも例年、私は早期デビューの馬をあまり取らないので、函館2歳Sへの出走馬はいないのだが、今年より思い切り方向転換。

 『青本』の柿谷さんのページを読み込んで、早期入厩馬をドシドシとったわけだ。

 その結果、2ヶ所のPOGで取ったエイブルベガが函館2歳Sに出走とあいなった。

  【現在の人気ランキング順位は? 

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.03.2007

『未勝利戦も、熱いんです!』

 【丹下厩舎・調教主任】 by・藤原有貴

 先週の2歳未勝利戦。

 新潟からは、ショウナンアルバ

 そして小倉からはオースミマーシャルキャプテントゥーレが勝ち名乗り。

 特に良かったのが、ショウナンアルバ

 新馬戦と同様に、持ったままの手応えで直線へ向くと、

 瞬発力の違いを見せ付けて2馬身半差突き抜けて楽勝。

 今後は札幌2歳へと向かうようですが、今後に期待膨らむ走りっぷりでした。

 父ウォーエンブレムの産駒は、クランエンブレムを筆頭に頭数は少ないものの、

 今年はこれまで中央平地競走に20回出走して、〔5,5,3、7〕という無類の安定感。

 因みに全てのレースで単勝を100円ずつ買っても、+2960円。

 また5勝中、4勝が芝のレース。

 また妙味は砂よりこちらにあって、

 芝のレースに限って、馬単1着固定の総流し馬券を買い続けると、なんと+15440円。

 今週の某G誌には、ウォーエンブレムをアメリカへ返すべきだ。なんてコラムもありましたが、日本の芝にも高い適性を示しつつあるわけですし、

 今後も良い産駒をたくさん出して欲しいものです。

 さあ、今週はいよいよ函館2歳S!

 さらに東西とも有力2歳馬がスタンバイ。

 それでは開催競馬場別に、調教の動きを見ていきましょう。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
08.02.2007

ゴールドアグリもどき

 新潟の日曜日の新馬戦にタケミカヅチが出走するというので、同馬を一口持っている、北海道の近しいが急遽新潟入り。

 前半1000mが63秒1の、超スローの上がり勝負はともかく、11秒7—10秒7—12秒0(3Fは34秒4)というレースラップを1秒4も上回る、33秒0で一気差し。

 うーん。去年の同じ頃にデビューした、ゴールドアグリにソックリだったなぁ(上がりは34秒4だったが)。

 まずは、番付の前頭10枚目あたりに入れておきますか。

 ちなみに、そのタケミカヅチ君。

 ゴールドアリュール産駒ということもあって、社台RHでも二次募集まで売れ残っていた馬ですが、3月に社台Fを訪問したとき、マネージャーの成田サンが、

 「地味だけど、かなり走るよ」

と言っていた(“青本”にもチラリと出ているよ)。  だからといって、POGで指名する人も、ごく稀でしょうが(笑)、とりあえず追分F出身のゴールドアリュールが、新潟2歳Sを狙えるだけの時計を示した。

 パワー型のゴールドアリュールだけに、ダートでもワンチャンスが期待できる。

 2歳Sのみの一発屋では終わらないかもしれないし、追分Fの面々もニコニコしていることだろう。  これで、社台の会報のネタが出来たな(笑)。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
07.31.2007

ピッチを上げていきますか

 ノンキに夏休み気分でいたら、ずいぶん仕事がたまってしまった。

 来週からネット競馬のメルマガの仕事も始まるし、原稿漬けの毎日を思うと、お尻の辺りがムズムズしている週末ですが、おっと知らない間に、函館のウッドで、マイネルアニベールが時計を出しているじゃありませんか(鞍傷だけだったしね)。

 ついでに次開催の札幌を睨み、シャンパンスコールがゲートから時計を出し始めた。

 ゲート試験のみで放牧に出される可能性もあるが、関東限定の丹下厩舎のPOG馬たちも、ボチボチ始動。

 いつものPOGより、稼動時期が早すぎるのが却って気掛かりだったりするが(笑)、日曜日の小倉でキャプテントゥーレ君が頑張ってくれると(けっこう強敵揃い)、一気に上昇モードに乗るような気がしているのだが…。

 今週も新潟行きはお休み。

 つい先日のセレクトセールで、

 「今年の夏も、“優”で、みんなで乾杯して美味しい酒が飲めるといいね」

と、松山調教師と語り合ったりしましたが、ママ生きてるよね?

 なんて、テレビで丹下の暑苦しい顔を見ずに済むと、ホッとしている方もいらしゃるでしょうが(笑)、予想面でも、そろそろピッチを挙げていきますか。

 北陸Sの予想のアレコレは、続きをクリックしてね。

  【現在の人気ランキング順位は?

(さらに…)

《現在の人気ランキング順位は?》
07.28.2007