会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

日照りの日はオロオロ

週明けの、大物原稿の締め切りを控え、好天の新緑の季節を、毎日オロオロ。

原稿書きというのは、オロオロすると、却って筆が進まないもので、しかめっつらをしながら、何かのきっかけを得ようと、文字通り、闇雲に自転車で走りまわっている。

近くの武蔵野公園、多磨霊園は、歩け歩けの方々や、その他もろもろ。世間は賑やか。ああ、ゴールデンウィークなんですね…。

なんて、書けないとなると、最後の手段は酒の勢い――でも、6年くらい前、それで身体を壊してしまったような(笑)。

“POGの王道”、それなりに好調。

あまりに早く出し過ぎたのもあるだろうが、後発の本との写真のラインナップの違いに、下足番の栗岩太郎クンが、目をシロクロ。

「ウチが大きく扱っている馬は、良血が多すぎ。他の本では出ていない馬もかなりいるし、大きくしている馬の順番みたいなのも、なんで他とは違うんですか?」

それは秘密(笑)。

まあ、社台グループとか。もう30年近いつきあいになるしね。

でもね。競争馬は、まず血統ありきだけれど、血統がよくても出せない馬――いわゆる瑕疵のある馬は出せない。大きく出ている良血馬は、普通にいい馬だと思うよ。

というか、それがこの本の意図するところなんだが。

NHKマイルCの本命は、インパルスヒーロー。

地下馬道でカッチーに、「おっしゃ~。楽勝!」と、励ましてあげたい…。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。