会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

プツリ

土・日と、朝早くから競馬場内を歩き回り、二日続けて夜はドンチャカ。

酒の席でも、あまりはしゃぎ過ぎないよう、心がけてはいるのだが、「強気ライン」のヒロくんが(他は栗岩太郎くらいしかいないが)、

「いやぁ~。東京開催も最後なので、今日は朝から仲間と三人して、一升瓶をもって、スタンドでゴロゴロしていました」と、のん気な顔をして語るのを耳にし、つい緊張感の糸がプツリ(笑)。

ああ、酔っ払った。

紫陽花の花、より鮮やかな梅雨。

でも、東京のこの季節は何故か苦手だ。

故郷の山口にも、当然梅雨はあるし、大学生になるまで、毎年その時期を経験しているハズなのに、その当時、梅雨は嫌いとか。そんなふうに思った記憶がないのだが。

火曜日朝、大井の帝王賞の原稿書き。水曜日は、JRA―VANの、セレクトセールの見どころを、バテバテで入稿。

ガリバルディ(母シェンク)、ドラゴンストリート(母フィラストリート)、ゲートから初時計。

ハープスター、Wで初の追い切り。

松田博厩舎だけに、時計の数字云々は、あまり気にしていないが、「これで安心」的な、ガツンとくる感じがなく、来週の追い切りを、今一度注視。

ファーストバイオリンの11、サウンドオブアースで馬名登録。

明け1歳の募集馬が、兄以上の高値をつけ、何故か後追い的に、話題になっている感じですが、お兄ちゃんも、きっと大丈夫。

丹下厩舎の隠し球・EmpaiaMaker×StunningImageも入厩したらしいが、このあたりは、とりあえずゲートを通して、それからかな。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。