丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

セレクトセール予習中

7月12~13日は、セレクトセール。

世界のホースマンのカレンダーに、

ジュライ・第二月曜~火曜日は、

ニッポンのセレクトセールと記される。

世界の競馬のスタンダードになった。

 

30年前は、キーンランド・ジュライセールが、

世界最大の1歳カタログセッションでしたね。

 

当時はノーザンダンサー全盛。

ノーザンダンサーの血の一滴は、

ダイヤモンド一粒。

産駒の値段は最低でも1億。

日本にも輸入されたシアトルダンサーは、

1985年、確か当時最高の(今でも?)31億円の値がついた。

 

キーンランド・ジュライは、

その後ノーザンダンサーがいなくなり規模は縮小。

ミスタープロスペクターの子供たちで

一時盛り返したりもしたが、

あまりにカタログ的になりすぎたのかもしれない。

 

結局ジュライセールは自然消滅してしまったが

(キーンランド・セプテンバー、

ノベンバーは依然活発。たぶん)、

その代わりにといってはナンですが、

日本ではサンデーサイレンス、

その後継者ディープインパクトにより、

セレクトセレクトが大爆発。

 

東洋のどこかですごいセリが

催されているようだが、ホントそうなの?。

売上は一頭平均4~5千万円?マジすか学園。

1億円馬が、二日合わせると

30頭以上ゴロゴロ。

オブライエンもジョン・ファーガソンも、

ドバイのモハメド殿下も口をポカン。

 

ま、欧州にはサドラーズウェルズ系。

米国はミスタープロスペクターや

シアトルダンサー系。

UAEはドバウィ。

それぞれの地区に俺っちの血統と誇りがあり、

ディープインパクトに対抗しうる馬を作るのみ。

 

それが広い意味での競馬の戦い方、

流儀でもありますが、

英オークスのディープの娘・スノーなんちゃらの、

30年――いや、50年、100年に一頭

かもしれない才能を目の当たりにし、ああ。

もっと早く、ディープの仔を買えばよかった。

欧米の人たちは深いため息をついているのかもしれない。

 

なんて、1歳世代のディープ産駒は10頭余。

セレクトには4頭が上場。

 

カタログを開き、JRA―VANの

セレクト特番のために、一週間お勉強。

セレクトの見どころ、注目馬をピックアップし、入稿終わり。

 

宝塚記念はクロノジェネシス、レイパパレの

一騎打ち所望。単なる競馬ファンですね(笑)。

 

宝塚記念で影を踏ませぬ逃げ切りⅤを決めれば、

レイパパレは、女サイレンススズカになっちゃうかも。

 

土曜日、東京1Rの未勝利戦には、

レディナビゲーター登場。ひぃ~~。

2着に負けたぁ~。

 

来年の春ごろには、クロちゃんやレイちゃんより

強くなってくれんもんか。

 

セレクトセール前に一度、

どうやらワクチン打てそうです。

少しほっとします。

 

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2021-2022年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2019年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。