会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

丹下の懺悔

広がる歓喜の輪New

4月23日発売の“POGの王道” の原稿整理、校正。 交流重賞マリーンC、クラブ馬主の会報誌の入稿、 netkeibaの収録など。 合間の散歩。 武蔵野公園の青葉は、コローの描いた新緑。 どこかの入学式も見た。 近しい仲 […]

花見、馬見

4月23日発売の本年の“POGの王道”、 担当の「丹下の30頭」など、 原稿入稿のゴールが見えてきた。 馬選びは、思い込みすぎてもだめ。 人の意見を聞きすぎてもだめ。 また聞きや、盗み聞きはもっとだめ(笑)。 まっすぐに […]

君たちはどう買うのか

桜開花も間近、 北海道の牧場では2歳取材や 立ち写真の撮影が始まったようです。 ワタクシも、そろそろ入稿しないとなぁ…。 でもその前に、 古本屋で買ってあった、 “君たちはどう生きるか”(作・吉野源三郎) でも、読もうか […]

海鳴り

春一番が吹いた翌日、弥生賞の日。 2歳馬牧場取材に向け、 夜、北海道へ入る。 翌早7時前、牧場の坂路へ。 午後は鈴木淑子さんとインタビューなど。 三日目の社台Fへの道中、 道路わきの温度計は マイナス19度を示していた。 […]

規格外

「今日の丹券」でも記したが、 今年の弥生賞の三強は、 近年まれというか。 初めて目にした逸材かもしれない。 ダノンプレミアムの、 あのゴツンゝとした手繰りと 首の動きはなんなんだ。 ワグネリアンは、父ディープにウリ二つ。 […]

あの頃の僕は

カーテンから漏れる朝陽が、 昨日より早くさし、 夕陽が昨日より遅くまで照っている。 時折梅の香――春も近いんだね。 共同通信杯はオウケンムーンと サトノソルタスのワンツー。 オウケンは、菊花賞で重い印を打とうかな。 もし […]

ヴィンテージ

月曜日は週刊誌のフェブラリーS、 6日の佐賀記念の予想を入稿。 火曜日は、柏木集保サン、鈴木淑子サンと、 恒例となったキャロットクラブの座談会。 レイデオロのダービーは、何度話しても楽しく、 胸震える思いが三人ともによみ […]

油断しない

東京の最低気温は零下4~6度、 最高気温は4度。 北海道の3月初旬の寒さか。 北海道に行ったら、 北国は、朝は油断しない。 これから何をすると決め、 玄関のドアを開け道を歩く。 馬も人も、つるんゝの氷道は、 怖いし勇気が […]

大寒すぎて雪積もる。

新聞ポストまでの雪を掻くのにもヒーヒー。 ぐったりしてソファで腰を伸ばしていたら、 隣家から子供たちの賑やかな声が聞こえた。 年明けの検査結果をドクターから聞く。 大丈夫といわれ、2月以降の仕事予定を組み始めた。 なぜか […]

まずまずの年明け

2018年、今ひげが伸びています。 年末、山口の実家へ 母親の顔を見に行ったが、 着いたとたん、鼻水だ~らだ~ら。 それが止まらず、 二年振りで風邪をひいてしまった。 世の中のお父さん方もそうでしょうが、 競馬予想家が、 […]

謹賀新年

2018年は戌年、ワタクシは年男。 まだ若い30歳前半の頃、歳をとるとだんだんと、 ぼんやりとした人間になってしまうのかなと思っていた。 しかし、吉田照哉さんも吉田勝己さんも、 柏木集保さんや井崎さんや鈴木淑子さんをみて […]

晴れたらいいね

11月半ば以降、冬の太陽が差し込みはじめ、 JCから予想もマズマズ。 単なるワタクシ事の理論ではなく、 競馬というのはやっぱり、 能力ベースとしてのラップと時計が柱。 晴れが多いと、みんな、 馬券が当たることも多くなるね […]

あざなえる縄のごとし

二週前のエリザベス女王杯当日の結果は、 週刊Gallop誌の、 「馬券の真実」というコラムでの、 藤代三郎さん言うところの、全治半年。 土曜日のデイリー杯のジャンダルムで、 にんまりしていた儲けぶんを すべて吐き出し、さ […]

月見でいっぱい

11月3~5日の三日間競馬の初日。 大井で行われたJBCシリーズの クラシックをみたあと、 チワワくんたちと散歩。 ふと見上げると、茜色のうろこ雲。 でっかい月も出ていた。 明日あたりが満月だろうか。 近所の武蔵野公園で […]

愉快

GⅠは菊花賞、2歳も出馬ラッシュ。 東京へ、京都へ。いやワタクシは新潟へ。 馬主さんもPOGファンも馬券好きも、 雨の中、愛駒の応援に突撃だ。 土曜日の東京は、メインの富士Sの前に アイビーSがある。 タニノフランケル( […]

おでん、できてます

体育の日などあり、三日間開催の先週。 土曜日はBS11出演。日曜日は東京競馬場で、 井崎シューゴローちぇんちぇえ、鈴木淑子さんと、 昼間は毎日新聞のイベント。 根気よく毎年来てくれる、 懐かしやさしいトモダチたちの顔を確 […]

前祝い

いよいよ秋のGⅠ、 第一弾はスプリンターズSだ。 ◎と〇、そして▲は、 週明けにはだいたい決まっていたが、 以下の連下は、出走順などもあり、 印をつけたり消したり、 けっこう手間取ってしまった。 ピークはどこか。 ローテ […]

風の日の栗毛

ラビットラン、ローズS一気差し。 前走は初の芝、中京マイル。 ゴール近くになっての脚は際立っていた。 何かしら感じ入るところ大、 あの脚を覚えていた人もいたように思う。 タピット産駒は、普通に 血統と馬体のすりあわせがキ […]

秋は新馬

9月一週目の土日は、恒例にもなった キャロットクラブの1歳募集牧場ツアー。 6月の社台グループのツアーもそうですが、 周回と展示――この日を一年間、 待ち望んできたような気がする。 シーザリオの息子の傍へ、 危うく走って […]

まだまだですね

近しい人たちとの新潟ツアー終了。 数えてみると20年は過ぎた。 毎年少し顔ぶれはかわるけれど、 行きかえりも夜の酒も、 月曜日の、へぎ蕎麦やの昼酒も、 かわらず楽しい。 馬券も、キーンランドCが△―◎で的中。 ほっと安堵 […]

1 / 11123...10...最後 »