会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

さよならエマニエル

 今年もまた、20世紀少年を見ている。

 昔見た映画や本を開くのに、なんとなくためらいがなくなった。

 もちろん、見返したり読み返したりして、何か凄い新しい発見をするワケでもないが、そういえば、小学校低学年の頃、正月前に買ってもらった“冒険王”や“少年画報”(新年特大号・10大付録つき)を、年明けの3月まで何度も読み返していたっけ。

 部屋の図書を全部読み返せば、たぶん1年以上は退屈しないかも。

 12チャンネル改め7チャンネルの、午後のロードショーなんか、暇潰しに、けっこう見ていたりする(笑)。

 CSの映画も、メシを食う時や、洗濯物を干しているとき、チャンネルを回すが、この前“ジョーズ”を見ていたら、つられてフグ女房と子フグ2号が、最後まで見ていたらしく、二人でキャーキャー言っていた。

 次女は、あれ以来何故か、ディズニーチャンネルだけではなく(カリブの海賊のジャック・スパローだけは、仲よく一緒に見るけど)、他の映画チャンネルを見るようになった。

 やっぱ、親が手本を見せないと(笑)。

 映画といえば、エマニエル夫人がなくなった。

 あの映画、高校2年くらいにロードショーで公開されたが、確か成人指定だったよね?

 椅子に座って脚を組み、片手を頬のあたりにあてる、あのシーンを、雑誌では山ほどみた。

 あのポスターを、“りんご”や“アグネスラム”とお揃いで、誰かの部屋で見たような気もするのだが、だからといって、映画の“エマニエル夫人”は成人指定。

 雑誌でストーリーは知っているものの、結局映画館で見たというヤツは、ほとんどいなかった(田舎だし)。

 しかし、エマニエルシリーズの第三弾。“さよならエマニエル”を、街で一軒の、ポルノしかやっていない映画館で、高校三年の冬に、公開しているのを突然発見。

 日活や大蔵のロマン・ポルノを見に行くと、補導されるかもしれない。
 「でも、さよならエマニエルなら、大丈夫かもしれない」と、友人のタケシが言った。

 そうか。そうかも。そうだよな。

 というワケで、二人して、冬のある日。学生服のまま、ほとんど人のいない、黴臭い映画館にコソコソ突撃したのだが、海で長いマットで戯れるエマニエル夫人の水着が外れて、おっぱいポロリのシーンしか覚えていない(あのときは、いろいろお世話になりました)。

 タケシは、どうだ?

 今度田舎に帰った時、聞いてみることにしよう。

 20日・土曜日はBS11出演(午後4:00~)。お題は菊花賞。

 土・日を、予想原稿をすべて書き終えたが、けっこう当たるかも(WIN5も、なんか簡単)。

 予想のアレコレは、“今日の丹券”で、どうぞ。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。