丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

先週も今週もガチンコ

春のGⅠシリーズ、10レース終了。

 

◎が1~2着、相手も印を打った、

馬連・馬単の的中レースは、

高松宮記念、桜花賞、NHKマイルⅭ、

ヴィクトリアマイル、ダービー、

先週の安田記念など、10打数6安打。

 

達成感のほうが少し大きめかも。

春最後の宝塚記念も頑張ろう。

 

週初め、社台グループの会報誌入稿。

社台TⅭ、サンデーTⅭ、オーナーズ、

GⅠレーシング、地方オーナーズの

1歳募集カタログ届く。

 

二年前までは、1歳募集およびツアーのことなど

(バス14台、6回くらいある?)、

6月半ばの土日は、

その懸案で頭がいっぱいだったなぁ。

 

去年に続きカタログ、映像ビデオと

自宅でにらめっこ。

 

ディープインパクトの仔も何頭かいるが、

ドゥラメンテかハーツクライかエピファネイアか。

1歳選びは、いつだって楽しい。

 

明け2歳戦、先週の丹下厩舎は[1210]。

負けはしたが、不思議の負けはなかった。

先着を許した馬も、なるほどという馬だったし、

今度は逆転できるかもしれない。

 

今週の新馬戦にも、

丹下厩舎はベルクレスタ、フィフティシェビー、ダグザの

3頭が出走予定。

 

それなりに自信はありますが、

ライバルたちも各レースに数頭いる。

相手も、ほうという調教タイムを出していたりする。

 

Hレベル、いわゆるガチンコ勝負。

勝ち負けは運だったり才能だったり。

いつもの年以上に、今年の2歳は

勢いもあり層が厚いのかもしれないなぁ。

 

指名はかなわなかったが、

ハイアムズビーチ(ドレフォン×ユキチャン)も頑張って。

 

BS11出演の感想、小さな訂正など、

「戦い終わって日は暮れて 6月7日」編に記した。

 

これからも折に触れ、このコラムでも原稿書きます。

 

月曜日、武蔵野日赤で主治医と問診。

検査結果は、可もなく不可もなく。

経過観察は6年以上すぎ、

ずっとそのままそのまま。

 

思えば12年間、腫瘍外科など、手術5回以上。

入院期間は、あれやこれやを合計すると

約1年になりますかね(笑)。

5人のドクターにお世話になりましたが、

今回でひと区切り。

地元の掛かりつけ医院に、データなど送り渡してもらう。

 

そのうち、また担ぎ込まれるかもしれない。

その時はよろしくと語り合いながら、

小さくお別れ(笑)。

 

東京も気温30度超。

水木、日焼け止めを塗って小散歩です。

 

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2021-2022年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2019年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。