会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

ウシジマ君級New

ああ~。風邪ひいた。 ノドが痛い。インフルエンザかも。 もうおしまいだ。 朝起きるとドキっとする。 しかし、愚妻も同じように、ノドがガラガラ。 おれだけじゃなかったんだ。深刻な病気じゃないかも。 二人して寒気が走るという […]

謹賀新年

紅白歌合戦が終わり、 行く年くる年、年越し寸前にグースカ。 2019年がスタート。 ここ数年、占いなど、 あまりいいことを書いていなかったが、 久々に1958年の六白金星は、 喜ばしい年になるという。 言われてみると、そ […]

よいお年をお迎えください

あれは終わった、これは足りなかったかな。 今年も去年も、そう思った。 たぶん来年も、同じように、 競馬を、人生を、アレコレ思うのでしょう。 2歳を見ると春のクラシックを―― 1歳を見ると2歳を。 近しい、気の早い人たちは […]

山口へ帰省中、新幹線の車中からメリークリスマス

有馬記念、3歳馬ブラストワンピースが溌剌と、 レイデオロをクビ差封じ込める。 その結末もあるだろうな。 馬連は940円、馬単は2400円。 配当が少ない云々、この有馬記念はつまらないという人もいたが、 そうじゃないと思う […]

12月23日は有馬記念

火曜日から三日間、 夜は収録やイベントなど、都内を歩く。   美味しいお酒ものみました。 忘年会など多いのだろう。 混んだ電車に揺られた。   一日早めのスケジュールで 原稿など書いているが、 何か忘れ物はないか。   […]

戦い終わって日は暮れて(12/17)〜丹下日出夫

朝日杯FSの前日。 目が覚めると同時に、風邪っぴきを確信。 大量の鼻水、悪寒。 確か去年は、有馬記念が終わって二日目。 山口の実家に帰り、母親の顔を見た翌朝だった。 なんだか母親に申し訳ないような…。 墓参りだけ済ませ、 […]

ポインセチア

花屋の、ポインセチアとシクラメンの鉢の前で立ち止まる。 「12月になったら、毎年ポインセチアを買う。 テレビの横に飾って、クリスマスまでもつかどうか。 毎日、首をひねりながら眺めている」 十年くらい前だったか。 故・清水 […]

うかうか12月

今週は阪神JF。ひそかに燃えている。 なんて、週中、社台グループの会報誌 “Thoroughbred”を入稿したが、 1号前のコラムで、ダノンファンタジーや シェーングランツも差し置いて、 クロノ […]

戦い終わって日は暮れて(12/4)~丹下日出夫

ルヴァンスレーヴ、チャンピオンズC完勝。 思えば1歳時、牧場の周回姿や立ち姿を見て、 シンボリクリスエスの種牡馬としての落としどころは、 もしかしたらダートではないか。 芝馬を造ることを変に意識せず、 こういう首差しや後 […]

進歩と調和

競馬を始めて、JCも30数回を経験。 そうして、アーモンドアイに巡り合えた。 対抗はキセキ。 その印に応える造り、気迫の2着にも感謝。 今週はチャンピオンズC。 暮れの中京や中山開催の風景はどうだったかな。 アレコレ思い […]

毎日アーモンド10粒

ジャパンCウィーク、今週から股引をはきます。 netkeibaの収録の冒頭で、 JCの意義や意味みたいなものを問われる。 ワタクシが競馬の世界に足を踏み入れたのは、 第3回すぎあたりから。 あとでモノの本など読み返し、 […]

戦い終わって日は暮れて(11/19)~丹下日出夫

週末の入稿を早めに済ませ、土曜日午後は東京競馬場へ。 東京スポーツ杯は、いろいろ確かめることがある。 本命はルヴォルグ。 だが、30年前の昔から、 新馬を勝って中二週で特別もしくは重賞というのは、 かなりリスクが高いとい […]

どれどれ

火曜日は”週刊大衆”のJC原稿入稿。 週中は、柏木集保さんと、netkeibaの収録。 毎日新聞・金土の夕刊、日本農業新聞など入稿。 静かにレギュラーの仕事をやりくりだ。 少し暇ができたので、吉祥 […]

戦い終わって日は暮れて(11/12)~丹下日出夫

うーむ。リスグラシューの完成形は、 この四肢の運びと、肌艶や気合いなのか。 同馬のオーナーさんたち、 そして◎を打って馬券をお買いになった人。 「おれの馬を見てくれよ」 ――自身も沸いたろうし、泣けるくらい、デキがよかっ […]

毎週が運動会

週中は入稿ラッシュ。 ちぎっては投げ状態で原稿を送る。 もしかしたら、乱暴な文章を書いたんじゃなかろうか。 返信連絡にドキリとしていたら、 「牡と牝の間違いがありました」だって。 なるほど。どうも線が細い馬だと思っていた […]

戦い終わって日は暮れて(11/5)~丹下日出夫

シュヴァルツリーゼ(ハーツクライ×ソベラニア)、 東京・芝1800mの新馬を快勝。 上り2F・11秒1―11秒0という レースラップを、残り1F標識から、 もしかしたら10秒5くらいの脚を使いブチ抜けた。 めつきは怪しげ […]

ロダンだね

天皇賞は、スタートでスワーヴリチャードがマカヒキに寄られ、 スタートしてすぐに戦意喪失。 予想印は別に、パドックのデキは、 マカヒキが一番なんじゃないかと思っていただけに、とっても複雑。 呆然としつつも観戦記を入稿。 夜 […]

語ろう

思いのほか、頭数が少なくなってしまった秋の天皇賞。 それでも、僕はレイデオロ、私はマカヒキ。 いや、スワーヴリチャードが押し出しだよ。 いろんな人たちが、そしてnetkeibaで 柏木集保さん、久保木正則さんやワタシたち […]

我が意

愚妻との、茶の間のテレビチャンネル争いに敗れ、 グリーンチャンネルは、仕事場へと移される。 だもんで、原稿書きの合間、 GCを見る機会が、自然と多くなった。 みんな頑張っていますね。 ワタクシも勉強しないと。 京都でGⅠ […]

競馬好き諸君

三日開催、凱旋門賞。ふう。 一日ゝが夢の中のようだ。 毎日王冠は、 井崎シューゴローさんの本命がアエロリット、 鈴木淑子さんがキセキ。 毎日新聞の記者の人がステルヴィオ。 で、ワタクシがサトノアーサー。 なにかの記念にと […]