会員登録ログイン

丹下倶楽部

丹下日出夫が監修するPOG(ペーパーオーナーゲーム)最強情報サイト

facebook RSS2.0

ドラマティック

故郷の山口の寒村と福岡は、日本海を通して、同じ風が吹く。

少年時代、大相撲の九州場所は、冬の始まりの合図。この場所が始まると、手袋を必要とする冷たい風にかわる。

草野球をしようにも、じっと立ってばかりの外野は、寒さでぶるぶる。手がかじかんで、思う通りに球を投げられない。

野球は止め。棚田に積んである藁を崩し、ふんがふんがと相撲をとって暖をとるしかなかったが、あの頃の寒さは、貧しさゆえの、日本共通の寒さだったのかもしれない。

今の山口の、日本の11月の子供たちは、どんな寒さを体感しているのだろう。

なんて、競馬にピキピキするには、少し早い週初めの午後。相撲があるのはありがたい。

夜はバレーボールの、さおりんを応援したりする。

でも、バレーボール中継って、いろんなテレビ局がやるようになったよね?。

まあ、サッカーも野球も似たようなもんだが、どこも同じに見える。

告知という意味における番宣は、たぶん仕方がない。

しかし、もうだいぶ前から、NHKまで、あれれと、気障りなことに、みんなが気がついている。

番宣に力を入れば入れるほど、当然ながら制作側とすれば、結果が欲しい。

少しでもウケたら、スポンサーを納得させるため、「あれはよかった」と、関係者自ら、「こんなメールやお便りがきました」と、また宣伝しなくてはならない。

しかし、いざ蓋を開けてみると、実は、番宣の度合いが大きいテレビ局や番組ほど、視聴率が低かったりするなんてことになったら、それはそれで、チョー恐いのだが(笑)。

おもしろいものに、一番敏感なのは、若い人。

制作サイドは、その若い人に、より多く、ウケを得たいと思っているのだけれど、若い人のテレビ離れは、くどいほどの番宣と、何かしら嘘くさいものに、一番敏感だったりする。

本は読むモノ、ラジオは聞くモノ。そしてテレビ、見るモノ。

ならばテレビの軸は、その一瞬を映す、スポーツに(競馬もね)、負う部分が大きい。

スポーツとは、月並みな言葉だが、筋書きのないドラマ。

ドラマとは、文字通り劇的なモノにあり、見るものとしてのテレビは、人為的な「作り物」ではあっても、みなが劇的なモノを追い、役者の演技、または役者そのものを見る(八時だよ全員集合も劇)。

テレビの主軸は、雑誌の連載コラムと同じで、地道で骨太なドラマにあるのではないかと思うのは、そういうことでもあるが(単発の「特集」「特番」は、連載が起点であり、それがあって、逆にヒットとなる)、そのドラマを見なくなって、なんだか久しい。

キョンキョンが出ているので、あまちゃんは、ちょっと見たけ。

でも、キョンキョンは、そのイメージを、なるたけ引きずりたくなくて(ドラマの像は、あくまで「役」にすぎない)、テレビの露出を控えていると聞くが、なるほどね。

なんて、東野圭吾も宮部みゆきも凄いけど、よく見ると、面白い本というのは、丁寧に探せば、いっぱいある。

ブンガク的云々は、別として、物書きたちは、普通に当然に、昔の作家よりは、いろんな面において上手いのだから、丁寧に探せば、いいドラマを作れると思うんだけどね。

丹下厩舎は、今週4~5頭、出走予定(来週も4頭?)。

競馬のドラマティックさ、水曜日の追い切りに、ドキドキ、そしてぶるぶる。

最近の『丹下の懺悔』の記事

この記事に関連する記事

POGの王道2020-2021年版

最強のPOG必勝情報をゲットしよう!
まずは、カンタン無料会員登録へ!

丹下倶楽部会員登録

無料ダウンロード

エクセルデータダウンロード

ディープインパクト産駒

無料

2015年産も有力馬が多いディープインパクト産駒のデータを抽出。ドラフトに備えるならまずはこの無料DLデータをチェック。